名古屋高速道路とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > 道路 > 地域高規格道路 > 名古屋高速道路の意味・解説 

名古屋高速道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/24 07:07 UTC 版)

名古屋高速道路(なごやこうそくどうろ NAGOYA EXPRESSWAY)は、名古屋高速道路公社(なごやこうそくどうろこうしゃ)が維持・管理等を行なっている、名古屋市とその周辺地域にある路線長81.2km[1]都市高速道路である。一般には略して名古屋高速と呼ばれ[2]、新聞記事でもこの名称が使用されている。名高速(めいこうそく)と更に略される場合もある[3]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 2号東山線の東山トンネルは天井板崩落以前の笹子トンネルと同じ構造であることからリスク回避のため天井板撤去が決定している。詳細は東山トンネルを参照。
  2. ^ 名古屋市の市域外を通過する道路は愛知県道として、名古屋市道と区別した(『名古屋高速道路公社二十年史』pp.48 - 49)。
  3. ^ 公団は国の出資により有料道路事業を営む法人で、日本道路公団は国の全額出資によっているが、首都高速道路公団と阪神高速道路公団は国と地方公共団体の折半出資によって事業が遂行される(『 名古屋高速道路公社20年史』26頁)。
  4. ^ 杉戸は無所属から市長選に望んだ。理由は一党一派に属さない市民本位の立場をアピールするためであったが、その支援団体たる「フレッシュ名古屋市民会議」は主として自民党を支持票とした。よって、無公認とは言いながら実態は自民党推薦と同義であった(『中日新聞』朝刊、1973年3月23日、3面)。
  5. ^ 本山も杉戸同様の無所属で「あかるい革新名古屋市政をつくる会」から推薦を受けている。その支持票は共産党と社会党および愛労評であるが、勢力では共産と愛労評に分があるとされた(『中日新聞』朝刊、1973年3月23日、3面)。
  6. ^ 本山は市長引退間際の新聞社のインタビューで、都市高速建設の決断が後手に回ったことを評して周囲から「モタ山」と呼ばれていたことを述べている(『中日新聞』朝刊、1985年4月27日、16面)。

出典

  1. ^ “公社が計画していた81.2kmの名古屋高速全線が開通する 報道陣公開”. 中日新聞朝刊: p. 18. (2013年11月12日) 
  2. ^ a b c d “料金全国一高く批判も高く”. 中日新聞朝刊: p. 3. (2004年3月27日) 
  3. ^ “名古屋と一宮結ぶ 名高速清須線が開通”. 中日新聞朝刊: p. 22. (2007年12月11日) 
  4. ^ 愛知県建設部道路建設課 2012, p. (パンフレットのためページ記載なし).
  5. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 53.
  6. ^ a b c “名高速の六番北-木場開通 公社設立後43年、全線完成”. 中日新聞朝刊: p. 24. (2013年11月24日) 
  7. ^ a b 清水草一 2009, p. 139.
  8. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 173.
  9. ^ a b c “名古屋高速道路 あすループ全線開通 歴史 凍結や五輪誘致失敗"エンスト"続きで建設に遅れ”. 中日新聞朝刊: p. 13. (1995年9月18日) 
  10. ^ 清水草一 2009, pp. 139 - 140.
  11. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 169.
  12. ^ “名高速償還期間延長へ 15年度政府予算案 老朽化対策に巨費”. 中日新聞朝刊. (2015年1月15日) 
  13. ^ a b “名古屋高速、遠のく無料通行 2045年12月まで徴収へ”. 朝日新聞(名古屋)朝刊: p. 27. (2015年7月4日) 
  14. ^ a b “有料期間6年延長へ 名古屋高速 大規模改修で”. 中日新聞朝刊: p. 18. (2015年7月3日) 
  15. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 15.
  16. ^ 名古屋市政100周年記念誌編集委員会 1989, p. 253.
  17. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, pp. 48 - 49.
  18. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 418.
  19. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 49.
  20. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 7.
  21. ^ a b c 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 5.
  22. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, pp. 8 - 12.
  23. ^ a b 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 12.
  24. ^ a b 財団法人 名古屋都市センター 1999, pp. 349 - 350.
  25. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, pp. 12 - 13.
  26. ^ a b c 愛知県・名古屋市 1970, p. 8.
  27. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 13.
  28. ^ a b 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, pp. 41 - 44.
  29. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 44.
  30. ^ a b 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 157.
  31. ^ “市内にいよいよ高速道路 具体的な計画急ぐ 国の整備計画に合わせ”. 中日新聞朝刊. (1966年1月14日) 
  32. ^ a b “公団の設立を運動 来年度着工をめざす 期成同盟、計画きめる”. 中日新聞夕刊: p. 1. (1968年7月2日) 
  33. ^ “公社法適用1号に 名古屋市高速道の建設”. 毎日新聞(中部)夕刊. (1970年5月9日) 
  34. ^ “迷走ロード 名古屋都市高速道<下> 赤字の上に赤字が”. 毎日新聞(中部)朝刊: p. 18. (1975年5月30日) 
  35. ^ a b “有料道路を民間資金で 建設省方針 公社設立を準備 事業費の15パーセント貸し付ける”. 毎日新聞(東京)朝刊: p. 1. (1970年1月22日) 
  36. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 16.
  37. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, pp. 18 - 25.
  38. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 17.
  39. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 17.
  40. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, pp. 77 - 78.
  41. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 41.
  42. ^ “名古屋市の高速道路建設に待った 社会党市議団、市の態度に硬化 関連予算凍結決める”. 中日新聞夕刊. (1974年7月2日) 
  43. ^ a b 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 23.
  44. ^ “命と暮らしを守る本山市政 地方自治確立を 公害資料は市民に公開”. 中日新聞朝刊: p. 2. (1973年4月23日) 
  45. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 337.
  46. ^ “野党攻勢一段と激化 参院・都議選にも影響”. 中日新聞朝刊: p. 2. (1973年4月23日) 
  47. ^ “土俵ぎわの保守政権 遅れる都市政策”. 中日新聞朝刊: p. 1. (1973年4月24日) 
  48. ^ “名古屋市長に革新・本山氏 太平洋ベルト地帯 大都市から保守消える 杉戸氏と4754票差”. 中日新聞朝刊: p. 1. (1973年4月23日) 
  49. ^ “難関多い白紙撤回 注ぎ込んだ金160億円 橋柱30本、壊すのは大変”. 中日新聞朝刊: p. 1. (1973年5月27日) 
  50. ^ “苦しい本山市政 名古屋都市高速道路問題 市議会がゲタ預ける”. 中日新聞朝刊. (1973年7月12日) 
  51. ^ “名古屋の都市高速道 住民要求へ市が回答案”. 中日新聞夕刊: p. 1. (1973年6月29日) 
  52. ^ a b “住民納得部分は続行 名古屋高速道で本山市長 議会に予算執行要請”. 中日新聞夕刊. (1973年12月22日) 
  53. ^ “建設前提の「最良案」 本山名古屋市長 今月中に表明”. 中日新聞朝刊. (1974年8月20日) 
  54. ^ a b “1、2号線だけの十字型 名古屋都市高速道路 市当局が変更素案提出”. 中日新聞夕刊: p. 1. (1975年5月27日) 
  55. ^ a b 名古屋高速道路公社 1980, p. 序.
  56. ^ a b c “「ニュースの断面」名古屋高速道路値上げ 背景に事業の遅れ”. 毎日新聞(中部)朝刊: p. 29. (2003年2月23日) 
  57. ^ “ご苦労さま本山市政12年”. 中日新聞朝刊: p. 16. (1985年4月27日) 
  58. ^ “名古屋市長に西尾氏初当選”. 中日新聞朝刊: p. 1. (1985年4月22日) 
  59. ^ a b “「高架」へ逆戻り・・・約束違う 見直しの虚実 名古屋都市高速≫上≪”. 朝日新聞(名古屋)夕刊. (1985年10月15日) 
  60. ^ a b “「闘いはこれから」と反対派 名古屋高速高架案 西尾市長に抗議文”. 朝日新聞(名古屋)朝刊. (1986年5月16日) 
  61. ^ a b “西尾市政、堅実さの12年 思い万感、市役所に別れ”. 朝日新聞(名古屋)朝刊. (1997年4月26日) 
  62. ^ “名古屋都市高速 高架化ゴーサイン 市議会部会で了承 68年度完成めざす”. 中日新聞夕刊: p. 1. (1986年5月15日) 
  63. ^ “都市高速 市長の留保区間建設発言”早い動き”地元反発”. 中日新聞朝刊. (1989年9月29日) 
  64. ^ “名古屋都市高速 市長が「高架」転換表明 『採算考えて決断』”. 中日新聞夕刊: p. 1. (1986年2月15日) 
  65. ^ “「高架」への転進 なごや都市高速道路≫下≪”. 中日新聞朝刊: p. 22. (1985年10月18日) 
  66. ^ “高速道路の計画見直し案 説得力を欠く弁明 最大理由は赤字問題 現計画だと赤字に”. 朝日新聞(名古屋)朝刊. (1985年10月16日) 
  67. ^ “料金全国一高く批判も高く”. 中日新聞朝刊. (2004年3月27日) 
  68. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 233 - 262.
  69. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 163 - 164.
  70. ^ a b “名古屋高速広がる網 2区間開通ネットワーク時代へ”. 中日新聞朝刊: p. 18. (1995年8月18日) 
  71. ^ a b 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 452.
  72. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 20.
  73. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 6.
  74. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 453.
  75. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, pp. 18、454.
  76. ^ “48年度予算案を可決 名古屋市議会 高速道路関係は凍結”. 中日新聞朝刊: p. 3. (1973年3月23日) 
  77. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, pp. 84 - 86.
  78. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 448.
  79. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, pp. 92 - 93.
  80. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 457.
  81. ^ a b 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 460.
  82. ^ “都市高速1号線 名古屋西-白川27日に供用開始 東名阪と直結三重が近くなる”. 中日新聞夕刊. (1986年10月3日) 
  83. ^ a b c d e f g 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 461.
  84. ^ 名古屋高速道路公社工事誌編集委員会 1998年9月, p. 36.
  85. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 100 - 101.
  86. ^ a b c 名古屋高速道路公社30年史編集委員会 2002, p. 96.
  87. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 462.
  88. ^ a b c d 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 28.
  89. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 92 - 96.
  90. ^ a b c 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 463.
  91. ^ 名古屋高速道路公社30年史編集委員会 2002, p. 186.
  92. ^ 名古屋高速道路公社30年史編集委員会 2002, p. 102.
  93. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 124 - 125、463.
  94. ^ a b c d 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 464.
  95. ^ a b c d e f g 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 465.
  96. ^ “『四谷→吹上』来月11日開通”. 中日新聞夕刊: p. 10. (2000年11月9日) 
  97. ^ “吹上 - 四谷間東行きが開通”. 中日新聞夕刊: p. 18. (2001年6月1日) 
  98. ^ 名古屋市市長室広報課 2003, p. 158.
  99. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 466.
  100. ^ a b 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 468.
  101. ^ a b 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 469.
  102. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 32.
  103. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 108.
  104. ^ a b c 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 179 - 180.
  105. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 200.
  106. ^ 窪田陽一 2009, p. 116.
  107. ^ “名濃道路 普通車の別料金350円 名高速調査会 楠 - 小牧間で答申”. 中日新聞夕刊: p. 1. (2000年7月19日) 
  108. ^ “名濃道路「普通車350円」を答申 調査会現行料金とは別体系に”. 毎日新聞(中部)夕刊. (2000年7月19日) 
  109. ^ a b 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 180.
  110. ^ お寄せいただいたご意見から” (日本語). 名古屋高速道路公社. 2016年7月8日閲覧。
  111. ^ “楠-東新町 高辻-大高など670円 名高速の割引来月から実験”. 中日新聞夕刊. (2014年6月9日) 
  112. ^ 窪田陽一 2009, pp. 110.
  113. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 120.
  114. ^ ETC対応料金所一覧” (日本語). 名古屋高速道路公社. 2015年12月20日閲覧。
  115. ^ “ETC不正通行 名高速05年度2300万円 混在レーン撤去で対応”. 中日新聞朝刊: p. 20. (2006年10月7日) 
  116. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 202.
  117. ^ 楠JCT豊山南堀の内入口小牧IC
  118. ^ 黒川楠JCT含む)、春岡高針高針JCT含む)、呼続大高名四国道連絡路、知多半島道路連絡路及び名古屋南JCT含む)、烏森千音寺名古屋西JCT含む)、鳥見町清須清洲JCT含む)、木場東海東海JCT含む)
  119. ^ 土日祝日料金引下げ社会実験を7月18日より実施します - 名古屋高速道路公社、2009年7月10日
  120. ^ 名古屋高速道路の料金引下げ社会実験の対象日の追加について (PDF) - 名古屋高速道路公社、2009年9月4日
  121. ^ 地方道路公社の料金引下げ社会実験の対象日の追加について - 愛知県記者発表、2010年2月2日
  122. ^ 料金引下げ社会実験の実施結果について(名古屋高速道路) (PDF) - 地方道路公社社会実験協議会(愛知県ほか)、2011年5月19日
  123. ^ 名古屋高速、通行料15%値下げ 7月から1年間 - asahi.com(朝日新聞社)、2011年5月25日
  124. ^ 第50回名古屋高速道路公社運営会議資料 (PDF) 、p.25
  125. ^ a b 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 181.
  126. ^ 第27回名古屋高速道路公社料金問題調査会 資料 (PDF) 、p.9
  127. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 181 - 182.
  128. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 182 - 183、467.
  129. ^ “名高速750→770円 消費税で値上げ方針”. 中日新聞朝刊. (2014年1月17日) 
  130. ^ 愛知県高速隊の所在地及び管轄路線


「名古屋高速道路」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「名古屋高速道路」の関連用語

名古屋高速道路のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エアロビック

サイドカー

沖水川筋

足の骨

メキシコウサギ

方向

FM NEW 7

アフガン針





名古屋高速道路のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの名古屋高速道路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS