日本道路公団とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > 道路 > 日本の高速道路 > 日本道路公団の意味・解説 

日本道路公団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/14 13:21 UTC 版)

日本道路公団(にほんどうろこうだん、英:Japan Highway Public Corporation、略称:JH)は、かつて日本に存在した、主として有料道路高速自動車国道及び一般有料道路)の建設・管理を行っていた特殊法人である。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 日本道路公団等民営化関係施工法の施行期日を定める政令公布、高速道路株式会社法施行令公布、独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構法施行令公布、日本道路公団等の民営化に伴う経過措置及び関係政令の整備等に関する政令公布
  2. ^ 東日本高速道路中日本高速道路西日本高速道路および、首都高速道路阪神高速道路の5社

参照

  1. ^ 全国高速道路建設協議会(編)『高速道路便覧 2007』 2007, p. 13
  2. ^ a b 全国高速道路建設協議会(編)『高速道路便覧 2007』 2007, p. 19
  3. ^ 全国高速道路建設協議会(編)『高速道路便覧 2007』 2007, p. 20
  4. ^ “日本国家公務員労働組合連合会” (プレスリリース), 大蔵省による官僚汚職事件の全容解明と腐敗構造の改革をもとめる, (1998年1月28日), http://www.kokko-net.org/kokkororen/mondai29.htm 
  5. ^ “橋梁談合 道路公団発注分も OBと三菱重が調整・決定”. しんぶん赤旗. (2005年5月29日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-05-29/01_04_2.html 
  6. ^ “橋梁談合 内田道路公団副総裁を逮捕 分割発注指示「官製談合」に発展”. しんぶん赤旗. (2005年7月26日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-07-26/2005072601_02_2.html 
  7. ^ “内田元副総裁の有罪確定へ 旧道路公団の橋梁談合”. 共同通信. (2010年9月25日). http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010092501000252.html 
  8. ^ “旧道路公団元理事の有罪確定へ 橋梁談合事件で”. 共同通信. (2010年7月22日). http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010072201000619.html 
  9. ^ “橋梁談合・初公判 天下り、受注に直結 検察指摘メーカー大筋認める”. しんぶん赤旗. (2005年12月17日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-12-17/2005121715_01_2.html 
  10. ^ “鋼橋上部工事の入札談合事件に係る刑事告発を受けての指名停止措置の加重について” (プレスリリース), 国土交通省, (2005年7月1日), http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/00/000701_.html 2012年1月18日閲覧。 







日本道路公団と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

日本道路公団に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本道路公団」の関連用語

日本道路公団のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Inspiron Mini

メラニイ

花折水路

スクロール

宮水

ジョグポシェ

白神山丸

水中検索装置





日本道路公団のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本道路公団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS