ロッテオリオンズとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ロッテオリオンズの意味・解説 

千葉ロッテマリーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/06 03:41 UTC 版)

(ロッテオリオンズ から転送)

千葉ロッテマリーンズ(ちばロッテマリーンズ 、英語: Chiba Lotte Marines)は、日本プロ野球球団である。パシフィック・リーグに所属している。




注釈

  1. ^ 2010年度はアジアシリーズの代替として、日韓クラブチャンピオンシップを開催。
  2. ^ 一部の資料[要出典]では「株式会社大映毎日球団」とする記述もある。
  3. ^ 本塁打95本、被本塁打76本。
  4. ^ 球団の経営権利譲渡で、連盟登記の球団名やユニフォームなどを全て従来のままとしたケースはこれが初めてであり、類似のケースとしては2001年横浜ベイスターズが挙げられる(球団をマルハからTBSに譲渡した時、連盟登記の球団名やユニフォームなどは全て従来のままとした)。
  5. ^ 他に有藤通世27本、江藤愼一25本、アルト・ロペス24本、山崎裕之21本。
  6. ^ このことは後年、フジテレビの番組『トリビアの泉』でも紹介された。
  7. ^ その後、1998年に現在の球団寮が竣工した。
  8. ^ プレーオフ第2ステージ勝利チームがリーグ優勝チームとされていた。
  9. ^ この年のアジアシリーズも初回大会であり、毎日時代のパ・リーグのリーグ戦、日本シリーズ、ロッテ時代のセ・パ交流戦、アジアシリーズと4つの初代王者の称号を手に入れたことになる。
  10. ^ 同一チームから2ケタ勝利投手が6人出たのは1956年と1963年の南海ホークス以来である。
  11. ^ パ・リーグでは1966年の東映対阪急戦以来41年ぶり2回目の出来事。
  12. ^ 開幕2連戦の引き分けはパ・リーグでは1974年のロッテ対阪急戦以来33年ぶり2回目の出来事となった。
  13. ^ レギュラーシーズンが2位以下で日本一となったのは2005年のロッテなどがある。
  14. ^ セ・リーグでは2007年の中日が2位から日本一となっている。
  15. ^ 本来は3月25日のKスタ宮城での楽天戦だった。
  16. ^ これまでの記録は1958年の435。
  17. ^ 近鉄27本、中西太31本。
  18. ^ 巨人時代の登録名は本名の大村三郎。
  19. ^ アジアシリーズの振り替え大会。
  20. ^ 1年を通してレギュラーシーズン1位の状態で日本一。
  21. ^ 18時半開始はパ・リーグでは過去に西武ライオンズが1985年ごろまで実施。更にオリックスが阪急西宮球場本拠地最終年となった1990年の主催ナイターを18時半に全て開始した事例がある。セ・リーグではヤクルトが1989年まで神宮での試合を大学野球の都合もあり、通年で18時半開始としていた他、横浜ベイスターズも2009年の火曜日の一部の試合でテレビ中継(当時19時55分から21時48分にナイターを放送)の都合上18時半開始とした試合があった。
  22. ^ 平日のナイターで開始を15分ずれこませているのは、当初の18時開始では仕事終了後だと「試合開始に間に合わない」、18時30分開始では「帰宅時間が遅れる」という苦情が出たことや、駅からやや時間がかかるためでもある。
  23. ^ このときのユニホームデザインは、韓国・ロッテジャイアンツのユニホームにも応用された。
  24. ^ この年はヤクルト、ソフトバンク、西武、広島も交流戦を中心に過去のユニフォームを着用しており、復刻ユニフォームの当たり年である。
  25. ^ このデザインのユニフォームは2015年現在、NPB12球団で最も歴史の長い通常使用のユニフォームとなっており、また2014年で使用20シーズン目となり、1973年から1991年にかけて19シーズン使用されたユニフォームを上回り、球団史上最長使用のユニフォームともなっている。
  26. ^ 当時は130試合終了時の上位2チームでプレーオフ(ただし勝率はレギュラーシーズンの通算成績に加算)を行うとしており、プレーオフ進出権利を得てはいたが、ゲーム差が5ゲーム差以上開いた場合はプレーオフを行わないで1位球団を優勝とする規定があったため。実際この年は優勝の西武と15ゲーム差離されていた。
  27. ^ レギュラーシーズンの成績。1位はソフトバンク
  28. ^ この当時はプレーオフの優勝チームがリーグ優勝とする規定になっていた。
  29. ^ a b クライマックスシリーズ
  30. ^ a b ソフトバンクに対する1勝分のアドバンテージを含む。
  31. ^ 両計画とも、本拠地は千葉マリンスタジアムとすることを構想していた。
  32. ^ ロッテはこの他、東京ドームで開催された2010年4月20日の同4回戦でも2-8で敗れている。
  33. ^ なお同様例は巨人と西武(ドームを本拠としているため、天然光だけではボールが見えにくいなどにより開催が困難なため、主管開催の会場変更・開催日程の変更などが生じた)を除く他の在関東球団のホームスタジアムにおける主管試合でも行われた。
  34. ^ 震災前にも、消化試合の日程の関係で、ダブルヘッダーを含めたデーゲームとなった試合が数例ある。
  35. ^ 但し楽天の場合、仙台では春先でも夜間は冷えるため開幕当初の平日ナイターは極力避けたいという事情の方が大きい。なお、2015年はこれとは別に、コボスタ花火大会を行うため1試合だけ16時開始の試合を組んでいたが、試合が長引いたため花火大会は後日延期となった。また2016年度は開幕戦・3月26日のソフトバンク戦を16時、4月1日の西武戦を13時開始に設定した。
  36. ^ この他、日本ハムも週末・休日は札幌ドームでの開催を優先しているため、帯広函館での主催試合は平日デーゲームとしている。
  37. ^ 不定期。TVKが担当する大洋(DeNA)、ヤクルトの試合放送がない時に行っていたが、巨人主管試合との重複開催である場合、18時台と21時前からは日本テレビとのリレーナイターをしていたため、ネット局があればその時間は裏送りだった。
  38. ^ TVSは基本的に西武に絡む試合(西武主管はTBSビジョンとの提携で「TVSライオンズアワー」として放送)、または後楽園・東京ドームで行われた日本ハムの主管試合(東京ケーブルネットワークと提携)をメインとして編成したため、ロッテがビジター扱いとなる西武・日本ハム主管試合の中継で多数登場しているが、西武・日本ハムの試合中継がないか、どちらかがロッテとのビジターゲームとなり、かつTVKが大洋・ヤクルトの試合中継と重複して放送に空きがなかった時に、TVSが川崎球場や平和台球場などの地方球場に乗り込んで試合を放送した事例が何度かあった。

出典

  1. ^ チームヒストリー 1949”. 千葉ロッテマリーンズ. 2015年10月26日閲覧。
  2. ^ チームヒストリー 1950”. 千葉ロッテマリーンズ. 2015年10月26日閲覧。
  3. ^ チームヒストリー 1952”. 千葉ロッテマリーンズ. 2015年10月26日閲覧。
  4. ^ チームヒストリー 1953”. 千葉ロッテマリーンズ. 2015年10月26日閲覧。
  5. ^ 井上章一 2001, p. 164。ここでは1958年に『週刊サンケイ』に載った中澤不二雄の意見と、1959年の『週刊読売』の記事が紹介されている。
  6. ^ 井上章一 2001, p. 163および永井良和 & 橋爪紳也 2003, p. 155。
  7. ^ 井上章一 2001, p. 166および永井良和 & 橋爪紳也 2003, p. 155。
  8. ^ 宇佐美徹也 1993, pp. 427 - 428。
  9. ^ 宇佐美徹也 1993, pp. 427 - 428。
  10. ^ 『俺たちの川崎ロッテ・オリオンズ BBMタイムトラベル いま蘇る「川崎劇場」の14年間!』 ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK〉、2013年、47頁。ISBN 9784583620473
  11. ^ 【12月23日】1986年(昭61)ロッテ、ついに落合放出 中日と1対4のトレード発表”. スポーツニッポン (2007年12月11日). 2015年10月27日閲覧。
  12. ^ 落合博満 『野球人』 ベースボール・マガジン社1998年、78頁。ISBN 4583035691
  13. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 1082。
  14. ^ チームヒストリー 1991”. 千葉ロッテマリーンズ. 2015年10月26日閲覧。
  15. ^ [1][リンク切れ]
  16. ^ “ロッテ・山本監督が試合前のスタッフ解雇通告に激怒”. スポーツニッポン. (2003年10月13日) 
  17. ^ チームヒストリー 2011”. 千葉ロッテマリーンズ. 2015年10月26日閲覧。
  18. ^ “連夜の逆転負け…ロッテ3連敗で貯金なくなった”. スポーツニッポン. (2011年5月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/05/19/kiji/K20110519000848440.html 2012年10月21日閲覧。 
  19. ^ “ロッテ ついにリーグ、交流戦でダブル最下位”. スポーツニッポン. (2011年6月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/06/09/kiji/K20110609000984770.html 2012年10月21日閲覧。 
  20. ^ 2011年度 交流戦 チーム勝敗表”. 日本野球機構. 2015年10月27日閲覧。
  21. ^ サブロー選手と読売ジャイアンツ・工藤隆人選手プラス金銭でのトレードについて”. 千葉ロッテマリーンズ (2011年6月29日). 2015年10月27日閲覧。
  22. ^ “唐川、連敗止めた!ロッテ、通算4000勝に到達”. スポーツニッポン. (2011年9月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/09/08/kiji/K20110908001577950.html 2012年10月21日閲覧。 
  23. ^ “ついに11連敗 西村監督「みんな空回りしている」”. スポーツニッポン. (2011年9月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/09/29/kiji/K20110929001717620.html 2012年10月21日閲覧。 
  24. ^ “ロッテ、サヨナラ勝ちも…CS進出の可能性消滅”. スポーツニッポン. (2011年9月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/09/30/kiji/K20110930001732200.html 2012年10月21日閲覧。 
  25. ^ “日本一から最下位…ロッテ パ史上初の屈辱”. スポーツニッポン. (2011年10月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/09/kiji/K20111009001789110.html 2012年10月21日閲覧。 
  26. ^ 2011年度公式戦成績”. 日本野球機構. 2015年10月27日閲覧。
  27. ^ “ロッテ2桁アーチ0人おかわり以下のチーム合計46発”. スポーツニッポン. (2011年10月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/23/kiji/K20111023001873580.html 2012年10月21日閲覧。 
  28. ^ “〈野球〉金泰均「日本では野球の面白さを感じることができなかった」”. 中央日報. (2011年9月19日). http://japanese.joins.com/article/873/143873.html 2012年10月21日閲覧。 
  29. ^ 大村三郎選手との契約について”. 千葉ロッテマリーンズ (2011年12月23日). 2015年10月27日閲覧。
  30. ^ “60年ぶり!ロッテ開幕4連勝…最下位から下克上再び”. スポーツニッポン. (2012年4月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/04/05/kiji/K20120405002981370.html 2012年10月21日閲覧。 
  31. ^ “ロッテ逃げ切り首位浮上!通算千投球回の成瀬が3勝目”. スポーツニッポン. (2012年5月11日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/05/11/kiji/K20120511003232420.html 2012年10月21日閲覧。 
  32. ^ “ロッテ前半戦サヨナラ締め“快足”荻野貴ダイブ生還”. スポーツニッポン. (2012年7月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/19/kiji/K20120719003710600.html 2012年10月21日閲覧。 
  33. ^ “グライ背信で首位陥落も…西村監督「あした頑張ればいい」”. スポーツニッポン. (2012年7月31日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/31/kiji/K20120731003802970.html 2012年10月21日閲覧。 
  34. ^ “ロッテ6試合連続1得点以下リーグワーストにあと1”. スポーツニッポン. (2012年9月10日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/10/kiji/K20120910004084270.html 2012年10月21日閲覧。 
  35. ^ “ロッテCS消滅 今季5度目のサヨナラ負けでBクラス確定”. スポーツニッポン. (2012年10月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/04/kiji/K20121004004252780.html 2012年10月21日閲覧。 
  36. ^ “角中初の首位打者!出身独立Lへ「活躍することが恩返しになる」”. スポーツニッポン. (2012年10月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/09/kiji/K20121009004297420.html 2012年10月21日閲覧。 
  37. ^ “ロッテ弟V!“中田キラー”植松今季ベス投”. スポーツニッポン. (2012年10月7日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/07/kiji/K20121007004271990.html 2012年10月21日閲覧。 
  38. ^ 西村監督退団について”. 千葉ロッテマリーンズ (2012年10月8日). 2012年10月8日閲覧。
  39. ^ コーチ契約に関するお知らせ”. 千葉ロッテマリーンズ (2012年10月15日). 2012年10月15日閲覧。
  40. ^ 伊東勤新監督 就任記者会見について”. 千葉ロッテマリーンズ (2012年10月18日). 2012年10月18日閲覧。
  41. ^ “ロッテ 8連勝!奪首 延長11回、暴投でサヨナラ勝ち”. スポーツニッポン. (2013年5月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/09/kiji/K20130509005770810.html 2015年10月27日閲覧。 
  42. ^ “ロッテ 今季ワーストタイの4連敗…2位に転落”. スポーツニッポン. (2013年7月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/06/kiji/K20130706006162310.html 2015年10月27日閲覧。 
  43. ^ “ロッテ2年連続2位以上ターンは42年ぶり”. スポーツニッポン. (2013年7月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/18/kiji/K20130718006242180.html 2015年10月27日閲覧。 
  44. ^ “楽天 7月上旬から首位快走!星野監督 史上3人目の3球団V”. スポーツニッポン. (2013年9月26日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/26/kiji/K20130926006694700.html 2015年10月27日閲覧。 
  45. ^ “マー君どうする?胴上げ投手プラン実現なら記録はストップ”. スポーツニッポン. (2013年9月26日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/26/kiji/K20130926006690480.html 2015年10月27日閲覧。 
  46. ^ “ロッテ CS進出決定 伊東監督「日本一への挑戦権が取れたことはひと安心」”. スポーツニッポン. (2013年10月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/04/kiji/K20131004006749300.html 2015年10月27日閲覧。 
  47. ^ “西武、8連勝締め!2位死守でCS本拠地開催決めた”. スポーツニッポン. (2013年10月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/08/kiji/K20131008006773370.html 2015年10月27日閲覧。 
  48. ^ 2013年10月15日朝日新聞夕刊スポーツ面
  49. ^ “楽天 日本シリーズ初進出!26日から34度目進出の巨人と対戦”. スポーツニッポン. (2013年10月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/21/kiji/K20131021006854620.html 2015年10月27日閲覧。 
  50. ^ アルフレド・デスパイネ・ロドリゲス選手の獲得について”. 千葉ロッテマリーンズ (2014年7月15日). 2015年10月27日閲覧。
  51. ^ “日本ハム 対ロッテ勝ち越し ロッテ4位以下が確定”. スポーツニッポン. (2014年9月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/25/kiji/K20140925008993240.html 2015年10月27日閲覧。 
  52. ^ “ロッテ 里崎 引退あいさつで投手陣に謝罪「もっと良い成績残せたのに」”. スポーツニッポン. (2014年9月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/28/kiji/K20140928009011330.html 2015年10月27日閲覧。 
  53. ^ “ロッテ交流戦首位浮上!角中 球団25年ぶり9回2死逆転満弾”. スポーツニッポン. (2015年6月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/06/03/kiji/K20150603010469480.html 2015年10月27日閲覧。 
  54. ^ “ロッテ伊東監督、自力V消滅「諦める数字じゃない」”. 日刊スポーツ. (2015年7月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1506626.html 2015年10月27日閲覧。 
  55. ^ “ロッテが逆転勝ちで2年ぶりCS進出決定 “5年周期”で下克上の日本一なるか”. Full-Count. (2015年10月4日). http://full-count.jp/2015/10/04/post19357/ 2015年10月27日閲覧。 
  56. ^ a b 喫茶店「茶房オリオンズ」」:閉店の名残惜しむ 感謝の集い /大阪[リンク切れ] 毎日新聞大阪版2014年4月26日
  57. ^ 「余録」毎日新聞2014年4月28日、1面
  58. ^ 東京ドーム主催試合について”. 千葉ロッテマリーンズ (2015年12月11日). 2015年12月24日閲覧。
  59. ^ “東京Dで主催試合 千葉ロッテ”. 千葉日報. (2015年12月11日). http://www.chibanippo.co.jp/sports/lotte/293181 2015年12月24日閲覧。 
  60. ^ 千葉市[リンク切れ]
  61. ^ マリーンズ公式マスコットキャラクター『マーくん』公式twitterアカウントを開設!!”. 千葉ロッテマリーンズ (2012年3月1日). 2012年4月2日閲覧。
  62. ^ ロッテが今年も挑発ポスター 「惨劇の」巨人? 竜?コアラ?[リンク切れ] 東京新聞
  63. ^ “ホークス戦!千葉ロッテが恒例の「挑発」ポスター公開”. 福岡のニュース. (2015年10月14日). http://twitfukuoka.com/?p=37695 2015年10月18日閲覧。 
  64. ^ 石田洋之 (2012年3月1日). “独立リーグ結果&ニュース : 育成選手の独立リーグ派遣OKに”. スポーツコミュニケーション. 2015年10月28日閲覧。
  65. ^ “ロッテ、BCリーグの福井と指導者派遣の業務提携で合意”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2014年3月6日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140307/mar14030704420000-n1.html 2015年10月28日閲覧。 
  66. ^ 新ビジターユニフォーム発表のお知らせ”. 千葉ロッテマリーンズ (2014年1月26日). 2015年10月28日閲覧。
  67. ^ マリンフェスタ2015 UNIFORM”. 千葉ロッテマリーンズ. 2015年10月28日閲覧。
  68. ^ 「ALL for CHIBA」新ユニフォームについて”. 千葉ロッテマリーンズ. 2016年1月27日閲覧。
  69. ^ 綱島理友、綿谷寛 『プロ野球ユニフォーム物語』 ベースボール・マガジン社、2005年、221頁。ISBN 4583038070
  70. ^ 福岡香奈 (2015年8月7日). “3位浮上ロッテ、パCS戦線を賑わす”. デイリースポーツ. http://www.daily.co.jp/opinion-d/2015/08/07/0008281147.shtml 2015年10月12日閲覧。 
  71. ^ “【ロッテ】里崎SA造語「ゴールデンイヤー」で流行語大賞狙う”. スポーツ報知. (2015年10月14日) 
  72. ^ チームヒストリー 1998”. 千葉ロッテマリーンズ. 2015年10月26日閲覧。
  73. ^ 荒木重雄 (2011年4月17日). “平日デーゲームの集客は昨対比何%だったか?”. 草野球オンライン編集長・荒木重雄の”野球界系”. SportsNavi. 2015年10月28日閲覧。
  74. ^ “ロッテ 今季も本拠地開幕カードで平日デーゲーム実施”. スポーツニッポン. (2015年1月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/01/22/kiji/K20150122009675270.html 2015年10月28日閲覧。 
  75. ^ CS放送「TBSニュースバード」でプロ野球千葉ロッテマリーンズ主催公式戦全試合を完全生中継 (PDF)”. TBS (2014年12月26日). 2014年12月26日閲覧。[リンク切れ]
  76. ^ テレビ野球教室番組『マリーンズ・ベースボール・アカデミー』放送開始のお知らせ”. 千葉ロッテマリーンズ (2010年3月2日). 2010年3月5日閲覧。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ロッテオリオンズに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ロッテオリオンズ」の関連用語

ロッテオリオンズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

W56T

海外モバイル

神葬祭

バターハムレット

イシミカワ

ブルーインパルス

913SH G TYPE-CHAR

2000形





ロッテオリオンズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの千葉ロッテマリーンズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS