フタトゲホソヒラタムシとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 昆虫 > ヒラタムシ > フタトゲホソヒラタムシの意味・解説 

フタトゲホソヒラタムシ

節足動物門 昆虫綱 コウチュウ目 テントウダマシ科 Endomychidae、コキノコムシ科 Mycetophagidae、ホソヒラタムシ科Silvanidae
その他の甲虫類

フタトゲホソヒラタムシ

この害虫属する群
主な種類
コマルガタテントウダマシ Indiophyes niponensis (Gorham)
チャイロコキノコムシ Typhaea stercorea (Linne)
フタオビヒメコキノコムシ Litargus antennatus Miyatake
フタトゲホソヒラタムシ Silvanus bidentatus (Fabricius)
形態
 コマルガタテントウダマシは体長1~2mm、暗褐色で丸い形をしている。
チャイロコキノコムシは体長約2.3mm、黄褐色褐色で、触角先端3節が膨大する。
フタオビヒメコキノコムシは体長2mm、黒褐色で上翅には不明瞭黄色斑紋がある。
フタトゲホソヒラタムシは体長2~3mm、茶褐色黒褐色で、胸部前角突起状に張り出す
分布
 コマルガタテントウダマシは国内各地で見つかっているが、分布詳細不明。チャイロコキノコムシは世界共通種で、全国分布。フタオビヒメコキノコムシは本州以南分布する。
フタトゲホソヒラタムシは全国分布する。
被害
 コマルガタテントウダマシは家屋の床裏のカビから大発生すことがある。チャイロコキノコムシ、フタオビヒメコキノコムシも屋内発生したカビカビ生え食品からは発生する。いずれも数が少ないと問題にはならないが、多い場合には不快害虫となる。
生態
 コマルガタテントウダマシは床下などのカビから発生する。チャイロコキノコムシ、フタオビヒメコキノコムシ、フタトゲホソヒラタムシも屋内発生したカビカビ生え食品からは発生するほか、養鶏場鶏糞から多数発生することもある。いずれも幼虫期間が短く、一年中成虫見られる。チャイロコキノコムシは照明にも飛来する。

二棘細扁虫

読み方:フタトゲホソヒラタムシ(futatogehosohiratamushi)

ヒラタムシ科の昆虫

学名 Silvanns bidentatus






フタトゲホソヒラタムシと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フタトゲホソヒラタムシ」の関連用語

フタトゲホソヒラタムシのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

クマバチ

ハヤトビバエ

マダラシミ

イエカミキリ

ウンカ

ヤマトシロアリ

アオカミキリモドキ

ヒゼンダニ





フタトゲホソヒラタムシのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2017 IKARI CORPORATION All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2017 Weblio RSS