ブユとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > ブユの意味・解説 

読み方:ブユ(buyu)

双翅目ブユ科昆虫、ぶよ。

別名 蟆子


蟆子

読み方:ブユ(buyu)

双翅目ブユ科昆虫、ぶよ。

別名


ブユ

ブユ類 Simuliidae

ブユ

この害虫属する群
野外吸血害虫(3) ブユ 
形態
 体長3~5mmで、背面が丸まり、翅が透明で体が黒っぽいものが多い。アシマダラブユ体長3~5mmで、黒褐色黒色黄白毛ががあり、脚は黒色で各節の基部黄白紋がある。
 キアシオオブユ体長4mmで、灰黒色黄色毛を密生し、脚は黄褐色で、各節末端部のみ黒褐色である。
被害
 日没日の出前後の時間帯に、群を成し激しく吸血し、髪の中に潜り込むことも多い。刺されるとカ()よりも腫れがひどく、痒みは1~2週間周期的に続く。刺された場所には1cmほどの腫れが生じ、その中心に赤い出血点が目立つ。人によっては水疱を生じる。多数襲来を受けると重篤症状になる可能性もある。
生態
 日本では60種ほどが知られている。主に5~10月発生し、日没日の出前後の時間帯に、群を成し襲来し、髪の中に潜り込んで吸血することも多い。また曇り高湿度の時には日中吸血することがある山村部や別荘地では建物周辺でも見られる山地渓流平野部小川灌漑用水など比較きれいな水発生場所となる。
 春に羽化した成虫交尾後、水中もしくは水際卵塊産み付ける。約10日ほどで幼虫孵化し、流れのある水中水草岩の上で生活する。幼虫黒色で、流れ速くても生活でき、むしろ流れのない場所では死んでしまう。また、生育には極めてきれいな水質が要求される。
 幼虫は3~4週間成熟し、口から分泌した糸で繭を作りその中で蛹化する。は繭から呼吸糸と呼ばれる糸状エラ出しながら1週間静止して過ごし、そのまま水中羽化する。年に数回発生する。

ブユ

野外吸血害虫(3) ブユ 
この群に属す害虫
特徴
 ブユ(別名:ブヨ)はハエ目長角亜目ブユ科属す昆虫総称です。形はハエに似ていますが、微小で、多くは3~5mm程度のものです。日本には約60種が分布しています(早川1994)。
 吸血するのは、雌成虫だけです。アシマダラブユキアシオオブユなどは人をよく襲いますが、吸血しない種もあります
 年に数回、5~10月発生するが、春~初夏被害が多い傾向がある。日没前後と日の出前後の時間帯盛んに活動し、群を成し襲来し、髪の中に潜り込んで吸血することも多くあります。また曇り高湿度の時には日中吸血することがあります山地渓流平野部小川灌漑用水など比較きれいな水発生場所となります。
 刺されるとカ()よりも腫れがひどく、痒みは1~2週間続きます。刺された場所には1cmほどの腫れが生じ、その中心に赤い出血点が目立ちます。
防除
 発生する環境時間帯が限られていますから、春~夏の早朝夕方には発生場所に行くのを控えるようにします。行く場合には、長袖長ズボン帽子軍手着用して肌の露出少なくし、露出部には防虫忌避スプレー噴霧塗布します。また携帯用取り器や蚊取り線香を身に付けるとあまり吸血されません。殺虫剤エアゾールは、群がって来た時に、その空間広角噴霧します。
 刺された場合には、虫刺され用の軟膏塗り腫れがひどい場合湿布をして冷やします。多数襲撃されると症状がひどくなりますから、その場合には、病院医師に診てもらいます。


読み方:ブユ(buyu)

クリヤケシキスイ別称
ケシキスイ科の昆虫

学名 Carpophilus hemipterus


読み方:ブユ(buyu)

ブユ科昆虫総称


ブユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/06 03:36 UTC 版)

ブユ(蚋、蟆子、Black fly)は、ハエ目(双翅目)カ亜目ブユ科(Simuliidae)に属する昆虫の総称。ヒトなどの哺乳類から吸血する衛生害虫である。関東ではブヨ関西ではブトとも呼ばれる。




「ブユ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ブユ」の関連用語

ブユのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シバンムシアリガタバチ

ヒラタアブ

オオゲジ

ジンサンシバンムシ

ガガンボ

コクヌストモドキ

ケバエ

シモングモ





ブユのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2017 IKARI CORPORATION All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブユ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS