フェリチンとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 血液用語 > フェリチンの意味・解説 

フェリチン ( ferritin )

体内鉄イオン解毒貯蔵関与している結合タンパクのこと。胆嚢脾臓多く存在しており、炎症などがあったとき組織から放出されます。フェリチンがとくに重要視されるのは、がんなどがあったときこの値が上昇する現象みられるため腫瘍マーカーとして利用できる点です。フェリチンの値が高い場合は、肝がん膵臓がん胃がん転移肺がんその他婦人科系や泌尿器科系のがんが疑われますが、フェリチンの値だけから特定臓器の異常を判断することはできません。

血液学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/07 02:39 UTC 版)

(フェリチン から転送)

血液学(けつえきがく、英語: hematology)とは、人体の1構成分野である血液細胞白血球赤血球血小板)を対象とする内科学の一分野である。




「血液学」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

フェリチンに関連した本

フェリチンに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フェリチン」の関連用語

フェリチンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す




フェリチンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
e-血液.come-血液.com
Copyright 2014(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの血液学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS