トラフィックパターンとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > トラフィックパターンの意味・解説 

【トラフィックパターン】(とらふぃっくぱたーん)

Traffic Pattern.
場周経路」「サーキットパターン」とも。
飛行場離発着円滑に行うために予め定められている飛行経路

左回りトラフィックパターンの例
                    45度で進入(VFR着陸到着)  
                    /
       ダウンウィンドレグ  /
↓←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←
↓                        ↑
↓ベースレグ                   ↑クロスウィンドレグ
↓                        ↑
→→→→→ ==27======滑走路======09== →→→→→↑ ⇒⇒(離陸出発)
ファイナルレグ(着陸)        アップウィンドレグ

離陸時は、最低限アップウィンドレグ飛行し、出発方向へ向け適宜トラフィック離脱する。
着陸する場合多くダウンウィンドレグからトラフィックパターンに進入する。
ストレートイン場合直接ファイナルレグを飛行する。
一方訓練機の場合、トラフィックパターンを出ず、何度もタッチ・アンド・ゴーもしくはゴーアラウンド繰り返しながら、トラフィックパターンを回りつづける事がよくある


トラフィックパターン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/01 07:56 UTC 版)

トラフィックパターン: Airfield Traffic Pattern)は、空港などの滑走路に目視で離着陸する航空機が飛行する標準の飛行経路であり、滑走路を含む直線を一辺とする周回経路である。


[ヘルプ]
  1. ^ 左回りが標準だが、空港によって右回りの場周経路も存在する。
  2. ^ 通常、着陸は機首を風上に向け行われる。
  3. ^ 大空港などで顕著であるが、サークリングアプローチはトラフィックパターンを一周するため、パイロットの操縦の手順や航空管制のやり取りの回数を増やすことになる。さらに、進入機と離陸機が正対するコースになるので通常より到着機間の間隔を大きく取らなければならず、空港の運用効率が著しく低下する。ILSを滑走路の片方側にしか設置していない場合、風向きによらずILSを装備した側への着陸を極力行うようになっていることが多い。


「トラフィックパターン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

トラフィックパターンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「トラフィックパターン」の関連用語

トラフィックパターンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

偵察機

V尾翼

クリーン

ペイブウェイ

F/A-18

フォーポイントロール

編隊

ACMI





トラフィックパターンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトラフィックパターン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS