グラハム・ベルとは?

Weblio 辞書 > 人名 > コンピュータ偉人伝 > グラハム・ベルの意味・解説 

グラハム・ベル

【英】Alexander Graham Bell

グラハム・ベルとは、米国発明家物理学者である。1842年3月3日スコットランドエディンバラ生まれ。現在用いられる電話基本形発明したことで一般に知られている。ITの分野においてはAT&T社の設立者としても有名である。また、信号伝送効率を示す単位dB」(デシベル)などに名を残している。1922年8月2日没。

グラハム・ベルは、視話法研究者メルヴィルAlexander Melville Bell)を父に持つ。エディンバラ大学およびロンドン大学に学んだ。24歳のとき(1870年)に病に臥し、余命6ヶ月宣告されたことをきっかけに、父と共にカナダ移住した。ボストン大学音声伝送研究行い1876年3月10日には電話機開発成功特許取得した。この特許取得から2時間後に、シカゴイライシャ・グレイElisha Gray)がほとんど全く同じ内容特許出願したが、ベル僅かに遅れをとったため却下されたという逸話は有名である。ただしグレイは後にファクシミリ原形となるものを発明して名誉挽回を図っている。

グラハム・ベル

1877年ベル電話会社設立された。これが後のAT&T社として、電子工学分野などで数多く有能人材輩出してゆくこととなる。



public_domain※This file has been released into the public domain by the copyright holder, its copyright has expired, or it is ineligible for copyright. This applies worldwide.

アレクサンダー・グラハム・ベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/02 13:41 UTC 版)

(グラハム・ベル から転送)

アレクサンダー・グラハム・ベルAlexander Graham Bell1847年3月3日 - 1922年8月2日)は、スコットランド生まれの科学者発明家工学者。世界初の実用的電話の発明で知られている[注釈 1]




注釈

  1. ^ ベルは元々はイギリス市民だった。アメリカ合衆国の市民権を得たのは電話を発明した後の1882年のことであり、その後はアメリカ人を自称した。ベル自身はこれについて「あなたは生まれた国の市民になるしかない。しかし私は自分でそれを選んだ」と述べている[1]。ベル自身の見解は別として、カナダ総督の演説でも示されているように、カナダ市民の多くはベルをカナダ市民と考えていた。1917年10月24日、ブラントフォードでのベル電話記念碑の除幕式で彼(カナダ総督)は数千人の観衆を前にして次のように述べた。「ベル博士に対し同じ市民や同胞の評価が得られたことをここに祝う」[2]
  2. ^ 引用: 「電子工学技術を応用し、電信と同じように送信機と受信機で音声を送り、人間の聴覚を補助することができると彼は思った」[4]
  3. ^ ベルの死後、未亡人のメイベルはAT&T副社長ジョン・J・カーティへの手紙でベルが書斎に電話を置かなかった件について次のように記している。「(新聞に書かれた)…ベルが電話を嫌っていたという件について。もちろん彼は書斎に決して電話を置かせませんでした。書斎は彼にとって考えにふけり仕事をするために行く場所でした。電話は当然ながら外界からの侵入を意味します。そして電話での会話には(時候の挨拶やご機嫌伺いなど)面倒なやりとりが伴い、彼はそれにいらいらさせられたので、他者に伝言のやりとりを依頼するというやり方を好みました。しかし、ビジネス上の本当に重要な件は自分で電話を使っていました。うちのように完璧に電話を設置した民家はほとんどなく…ベルほど我が家の電話サービスにこだわった者はいません… 電話によってお医者様やご近所と親密に交わり、電信局とも定期的に連絡できたので、電話がなかったらここに住みつづけることができなかったでしょう。…… ベルは冗談半分に「どうして電話を発明してしまったんだろう」とよく言っていましたが、誰よりも電話の必要性を理解していたし、必要とあれば自由にそれを使いこなし、それを成し遂げたことを大いに誇りに思っていました」[6]
  4. ^ アレグザンダー・グレアム・ベルなどとも表記する。ファーストネームよりもミドルネームのほうが知られており、グラハム・ベル、またはグレアム・ベルと呼ばれることも多い。なお、原音に比較的近い表記はアレグザンダ・グレイアム・ベル( [ˌælɪgˈzændɚ ˈgreɪəm ˈbel][1][2][3]である。
  5. ^ ベルは名前を略さずフルネームで署名していた。
  6. ^ ペットは兄の妻の家族に譲った。
  7. ^ その農場は今では "Bell Homestead" と呼ばれ、カナダの史跡に指定されている。カナダ政府がここを史跡に指定したのは1996年6月1日のことである。[41]
  8. ^ ベルは後にカナダに着いたころは「死人」同然だったと記している。
  9. ^ ベルはその居留地で認められたことを喜び、その後も何かに大喜びしたときはモホーク族の出陣の踊りを踊った。
  10. ^ 後にベルは電話の発明と「夢見る場所」の関係を説明している。
  11. ^ Eber[58]はメイベルがニューヨークで「5歳の誕生日の直前に」猩紅熱にかかったと主張している。Toward[59]はこの件の詳細な時系列を提供しており、猩紅熱にかかったのは1863年1月、ニューヨークに到着した後のことで、5歳の誕生日から5週間ほど後のこととしている。メイベルが聾者となった時期は、彼女がその時点でしゃべれたのか、それとも聾者となってからしゃべることを一から学んだのかという議論で重要となる。
  12. ^ 引用: 「ブラントフォードは『テレフォン・シティ』を自称しており、1874年に電話が生まれた場所として知られている」[48]
  13. ^ ハバードの支援は十分ではなく、ベルは研究の傍ら教職を続けなければならなかった[66]。金に困ったベルは雇っていたトーマス・ワトソンに金を借りたことさえある。ベル電話会社(およびAT&T)の前身となった Bell Patent Association はハバードとサンダースとベルが結成したものだが、後に収益の約10%をワトソンに与えることにした[67]。これは、最初の電話機を試作したことにベルがワトソンに借金していたことと給料の代替とするという意味があった。
  14. ^ MacLeod 1999, pp. 12-13 では、この特許の草稿のコピーが示されており、「おそらく史上最も価値のある特許」とされている。
  15. ^ メウッチは最終的な裁判には関係していなかった。
  16. ^ トーマス・ファーリーは、誰もが理解できる明瞭さで音声を伝送したのはベルとワトソンが最初だったというのが学界の一般的見方だとしている。[97]
  17. ^ 多くの訴訟でグレイとベルは険悪な状態となったが、ベルがグレイを名誉毀損で反訴することはなかった。
  18. ^ Canadian Press 紙、1964年2月4日: ノバスコシア州バデック: ナショナルジオグラフィック協会の会長(前社長)ギルバート・H・グローヴナー博士が、義理の父で発明家のアレクサンダー・グラハム・ベルから相続したケープ・ブレトン島で死去。90歳だった。
  19. ^ 引用: ワシントンD.C.、1964年12月26日: ギルバート・グローヴナー夫人のエルシー・メイ・ベル・グローヴナーはベセスダの自宅で亡くなった。86歳だった。死因は心臓病と老化とされている。[105]
  20. ^ 引用:Canadian Press 紙、1962年9月24日: マリアン・ベル・フェアチャイルド夫人(電話の発明者アレクサンダー・グラハム・ベルの娘)が夏の別荘で亡くなった。82歳だった。
  21. ^ なお、マリアンが生まれた数日後「フォトフォン」の実験が成功し、有頂天になったベルは2人目の娘を "Photophone" と名付けようとしたが、妻が反対したという逸話がある[107]
  22. ^ ボストンの建築家カボット、エベレット、ミードの指導の下で、ノバスコシアの建築会社 Rhodes, Curry and Company が実際の建設を行った。
  23. ^ ベルはオーストラリアの航空工学者ローレンス・ハーグレイヴの人間を乗せられる箱凧の実験に触発された[131]。ハーグレイヴは特許をとらず、ベルもこれに関しては特許をとっていない。また、ベルは青空に映えるように栗色の絹を使った。
  24. ^ 時速25から30マイル。アメリカ初の空気より重い車両 (car) の公式な飛行。アレクサンダー・グラハム・ベル教授の新たな機械は、セルフリッジ大尉の計画に沿って製作され、ケウカ湖上を飛行してそれが可能であることを示した。最後には尾部が崩壊して試験飛行が終了した。[135]
  25. ^ 引退したベルは妻や家族や友人とともにベイン・バリーに住んでいた。[143][144]
  26. ^ 引用: 「(彼の最期のときは)午前2時だった… 妻メイベル、娘デイジー、義理の息子デビッド・フェアチャイルドが集まっていた。最期に彼は愛していた山の上に月がでているのを眺めた」[145]
  27. ^ ブラントフォードの新たなベル・テレフォン・ビルディングの柱廊玄関にベル像が設置され、1949年6月17日に除幕式が行われた。ベルの娘ギルバート・グローヴナー夫人、ベル・カナダ社長フレデリック・ジョンソン、ブラントフォード市長ウォルター・J・ドウデンらが列席している。像に面した柱には "In Gratefull Recognition of the Inventor of the Telephone" と刻まれていた。この式典の模様はカナダ中に生中継された。[152][153]
  28. ^ 1デシベルは1ベルの10分の1である。

出典

  1. ^ Gray 2006, p. 228
  2. ^ Reville, F. Douglas. "History of the County of Brant: Illustrated With Fifty Half-Tones Taken From Miniatures And Photographs." Brantford Historical Society, Hurley Printing,Brantford, Ontario, 1920, p. 319. Retrieved from Brantford.Library.on.ca, May 4, 2012.
  3. ^ Bruce 1990, p. 419
  4. ^ Black 1997, p. 18
  5. ^ a b MacLeod 1999, p. 19
  6. ^ Bell, Mabel. "Twenty-Five Years Ago: Dr. Bell's Telephone Service (letter, dated August 24, 1922)." Bell Telephone Quarterly, Vol. 1, No. 3, October 1922, reprinted in Bell Telephone Magazine, Autumn 1947, p. 174.
  7. ^ "National Geographic Mission." nationalgeographic.com. Retrieved: July 28, 2010.[リンク切れ]
  8. ^ Hart 2000, p. 222
  9. ^ Petrie 1975, p. 4
  10. ^ "Time Line of Alexander Graham Bell." memory.loc.goiv. Retrieved: July 28, 2010.
  11. ^ "Alexander M. Bell Dead. Father of Prof. A.G. Bell Developed Sign Language for Mutes." New York Times Tuesday, August 8, 1905.
  12. ^ "Call me Alexander Graham Bell." fi.edu. Retrieved: July 28, 2010.
  13. ^ Groundwater 2005, p. 23
  14. ^ Bruce 1990, pp. 17-19
  15. ^ a b Bruce 1990, p. 16
  16. ^ a b Gray 2006, p. 8
  17. ^ Gray 2006, p. 9
  18. ^ Mackay 1997, p. 25
  19. ^ Petrie 1975, p. 7
  20. ^ Mackay 1997, p. 31
  21. ^ Gray 2006, p. 11
  22. ^ Town 1988, p. 7
  23. ^ Bruce 1990, p. 37
  24. ^ Shulman 2008, p. 49
  25. ^ a b c Groundwater 2005, p. 25
  26. ^ Petrie 1975, pp. 7-9
  27. ^ Petrie 1975, p. 9
  28. ^ a b Groundwater 2005, p. 30
  29. ^ Shulman 2008, p. 46
  30. ^ MacKenzie 2003, p. 41
  31. ^ Groundwater 2005, p. 31
  32. ^ Shulman 2008, pp. 46-48
  33. ^ Micklos 2006, p. 8
  34. ^ Bruce 1990, p. 45
  35. ^ Bruce 1990, pp. 67–68
  36. ^ Bruce 1990, p. 68
  37. ^ a b Groundwater 2005, p. 33
  38. ^ Mackay 1997, p. 50
  39. ^ Petrie 1975, p. 10
  40. ^ Mackay 1997, p. 61
  41. ^ Canada's Historic Places: Bell Homestead National Historic Site of Canada.”. Canadian Register of Historic Places, Parks Canada. 2012年4月24日閲覧。
  42. ^ a b Wing 1980, p. 10
  43. ^ Groundwater 2005, p. 34
  44. ^ Mackay 1997, p. 62
  45. ^ Groundwater 2005, p. 35
  46. ^ Bruce 1990, p. 74
  47. ^ Town 1988, p. 12
  48. ^ a b Alexander Graham Bell 1979, p. 8
  49. ^ a b Groundwater 2005, p. 39
  50. ^ Petrie 1975, p. 14
  51. ^ Petrie 1975, p. 15
  52. ^ Town 1988, pp. 12-13
  53. ^ Petrie 1975, p. 17
  54. ^ Miller & Branson 2002, pp. 30-31, 152-153
  55. ^ Ayers et al. 2009, pp. 194-195
  56. ^ Town 1988, p. 15
  57. ^ Town 1988, p. 16
  58. ^ Eber 1991, p. 43
  59. ^ Toward 1984, p. 1
  60. ^ Dunn 1990, p. 20
  61. ^ Matthews 1999, pp. 19-21
  62. ^ Matthews 1999, p. 21
  63. ^ "A History of Electrical Engineering." ieee.cincinnati.fuse.net. Retrieved: December 29, 2009.
  64. ^ Town 1988, p. 17
  65. ^ Evenson 2000, pp. 18-25
  66. ^ Fitzgerald, Brian. "Alexander Graham Bell: The BU Years." B.U. Bridge, Vol. V, No. 5, 14 September 2001. Retrieved: 28 March 2010.
  67. ^ Bruce 1990, p. 291
  68. ^ 林紘一郎、田川義博(1994年)『ユニバーサル・サービス』中公新書
  69. ^ Bruce 1990, pp. 158–159
  70. ^ US 174465  Alexander Graham Bell: "Improvement in Telegraphy" filed on February 14, 1876, granted on March 7, 1876.
  71. ^ "Bell's Lab notebook I, pp. 40–41 (image 22)." loc.gov. Retrieved: July 28, 2010.
  72. ^ MacLeod 1999, p. 12
  73. ^ Shulman 2008, p. 211
  74. ^ Evenson 2000, p. 99
  75. ^ Evenson 2000, p. 98
  76. ^ Evenson 2000, p. 100
  77. ^ Evenson 2000, pp. 81-82
  78. ^ "Mr. Wilbur confesses." The Washington Post, May 22, 1886, p. 1.
  79. ^ MacLeod 1999, p. 14
  80. ^ Fenster, Julie M. "Inventing the Telephone—And Triggering All-Out Patent War." AmericanHeritage.com, American Heritage, 2006.(2006年3月17日時点のアーカイブ
  81. ^ Winfield 1987, p. 21
  82. ^ Webb 1991, p. 15
  83. ^ Ross 2001, pp. 21-22
  84. ^ "Phone to Pacific From the Atlantic". The New York Times, January 26, 1915. Retrieved: July 21, 2007.
  85. ^ Australasian Telephone Collecting Society. "Who Really Invented The Telephone?" ATCS, Moorebank, NSW, Australia. Retrieved from telephonecollecting.org on April 22, 2011.
  86. ^ a b c Groundwater 2005, p. 95
  87. ^ Black 1997, p. 19
  88. ^ Mackay 1997, p. 179
  89. ^ "U.S. Supreme Court: U S v. AMERICAN BELL TEL CO, 167 U.S. 224 (1897)." caselaw.lp. Retrieved: July 28, 2010.
  90. ^ "United states V. American Bell Telephone Co., 128 U.S. 315 (1888)." supreme.justia.com. Retrieved: July 28, 2010.
  91. ^ Basilio Catania 2002 "The United States Government vs. Alexander Graham Bell. An important acknowledgment for Antonio Meucci." Bulletin of Science Technology Society, 22, 2002, pp. 426–442. Retrieved: December 29, 2009.
  92. ^ Catania, Basilio "Antonio Meucci – Questions and Answers: What did Meucci to bring his invention to the public?" Chezbasilio.it. Retrieved: July 8, 2009.
  93. ^ "History of ADT Security." ADT.com website. Retrieved: July 8, 2009.
  94. ^ Bruce 1990, pp. 271–272
  95. ^ "H.RES.269: Resolution 269." thomas.loc.gov. Retrieved: July 28, 2010.
  96. ^ "Meucci Story." Italian Historical Society. Retrieved: July 28, 2010.(2009年4月22日時点のアーカイブ
  97. ^ "Antonio Meucci." inventors.about.com. Retrieved: December 29, 2009.
  98. ^ Mackay 1997, p. 178
  99. ^ Parker 1995, p. 23
  100. ^ Eber 1982, p. 44
  101. ^ Dunn 1990, p. 28
  102. ^ Mackay 1997, p. 120
  103. ^ "Mrs. A.G. Bell Dies. Inspired Telephone. Deaf Girl's Romance With Distinguished Inventor Was Due to Her Affliction." New York Times, January 4, 1923.
  104. ^ "Dr. Gilbert H. Grosvenor Dies; Head of National Geographic, 90; Editor of Magazine 55 Years Introduced Photos, Increased Circulation to 4.5 million." New York Times, February 5, 1966.
  105. ^ "Mrs. Gilbert Grosvenor Dead; Joined in Geographic's Treks; Married Professor's Son." New York Times, December 27, 1964.
  106. ^ "Mrs. David Fairchild, 82, Dead; Daughter of Bell, Phone Inventor." New York Times, September 25, 1962.
  107. ^ Carson 2007, p. 77
  108. ^ Gray 2006, pp. 202-205
  109. ^ Bruce 1990, p. 90
  110. ^ Bruce 1990, pp. 471-472
  111. ^ Bruce 1990, pp. 297–299
  112. ^ a b c d Bethune 2009, p. 2
  113. ^ Bethune 2009, p. 92
  114. ^ Tulloch 2006, pp. 25-27
  115. ^ MacLeod 1999, p. 22
  116. ^ Tulloch 2006, p. 42
  117. ^ Gray 2006, p. 219
  118. ^ Bruce 1990, p. 336
  119. ^ Jones, Newell. "First 'Radio' Built by San Diego Resident Partner of Inventor of Telephone: Keeps Notebook of Experiences With Bell." San Diego Evening Tribune, July 31, 1937. Retrieved from the University of San Diego History Department website, November 26, 2009.
  120. ^ Bruce 1990, p. 338
  121. ^ Carson 2007, pp. 76-78
  122. ^ Groth, Mike. "Photophones Revisted." Amateur Radio magazine, Wireless Institute of Australia, Melbourne, April 1987, pp. 12–17 and May 1987, pp. 13–17.
  123. ^ Mims 1982, p. 11
  124. ^ Phillipson, Donald J.C., and Laura Neilson. "Bell, Alexander Graham." The Canadian Encyclopedia online. Retrieved: August 6, 2009.
  125. ^ Morgan, Tim J. "The Fiber Optic Backbone". University of North Texas, 2011.
  126. ^ Miller, Stewart E. "Lightwaves and Telecommunication". American Scientist, Sigma Xi, The Scientific Research Society, Vol. 72, No. 1, January-February 1984, pp. 66-71.
  127. ^ a b Grosvenor & Wesson 1997, p. 107
  128. ^ Boileau 2004, p. 18
  129. ^ Boileau 2004, pp. 28-30
  130. ^ Boileau 2004, p. 30
  131. ^ Technical Gazette, New South Wales, 1924, p. 46.
  132. ^ "Nova Scotia's Electric Scrapbook." ns1763.ca. Retrieved: December 29, 2009.
  133. ^ Gillis, Rannie. "Mabel Bell Was A Focal Figure In The First Flight of the Silver Dart." Cape Breton Post, September 29, 2008. Retrieved from "First Airplane Flight In Canada." ns1763.ca, April 2, 2010. Retrieved: June 12, 2010.
  134. ^ Phillips 1977, p. 95
  135. ^ "Selfridge Aerodrome Sails Steadily for 319 feet (97m)." Washington Post May 13, 1908.
  136. ^ Phillips 1977, p. 96
  137. ^ Phillips 1977, pp. 96-97
  138. ^ Bell, Alexander Graham. "Memoir upon the formation of a deaf variety of the human race." Alexander Graham Bell Association for the Deaf, 1883.
  139. ^ Bruce 1990, pp. 410–417
  140. ^ Lusane 2003, p. 124
  141. ^ Gray 2006, p. 419
  142. ^ Gray 2006, p. 418
  143. ^ Bethune 2009, p. 95
  144. ^ Duffy, Andrew. "The Silver Dart sputtered into history." The Ottawa Citizen, February 23, 2009.
  145. ^ Bethune 2009, p. 119
  146. ^ a b c d e "Obituary: Dr. Bell, Inventor of Telephone, Dies: Sudden End, Due to Anemia, Comes in Seventy-Sixth Year at His Nova Scotia Home: Notables Pay Him Tribute." The New York Times, August 3, 1922. Retrieved: March 3, 2009.
  147. ^ Bruce 1990, p. 491
  148. ^ Bethune 2009, pp. 119-120
  149. ^ a b Osborne, Harold S. "Biographical Memoir of Alexander Gramam Bell." National Academy of Sciences: Biographical Memoirs, Vol. XXIII, 1847–1922, presented to the Academy at its 1943 annual meeting.
  150. ^ "Dr. Bell, Inventor of Telephone, Dies." The New York Times, August 3, 1922. Retrieved: July 21, 2007. 引用: 電話の発明者アレクサンダー・グラハム・ベル博士は本日午前2時ベイン・バリーの自宅で亡くなった。
  151. ^ "Descendants of Alexander Melville Bell - Three Generations". Bell Telephone Company of Canada Historical Collection and Company Library (undated), from the Brant Historical Society, June 2012.
  152. ^ Ireland, Carolyn. "The Portrait Studio House". The Globe and Mail, 27 February 2009.
  153. ^ "Daughter Unveils Inventor's Statue: Bronze Figure Is Dedicated By Phone Pioneers". Brantford Expositor, 18 June 1949.
  154. ^ "Alexander Graham Bell Family Papers." Library of Congress.
  155. ^ Crosland, Maurice P. "Science Under Control: The French Academy of Sciences, 1795–1914". Cambridge University Press, 1992. As cited by James Love in "KEI Issues Report on Selected Innovation Prizes and Reward Programs: The Volta Prize For Electricity." Knowledge Ecology International, March 20, 2008, p. 16. Retrieved: January 5, 2010.
  156. ^ Davis. John L. "Artisans and savants: The Role of the Academy of Sciences in the Process of Electrical Innovation in France, 1850–1880." Annals of Science, Volume 55, Issue 3, July 1998, p. 301. Retrieved from InformaWorld.com, January 5, 2010.
  157. ^ "Honors to Professor Bell." Boston Daily Evening Traveller, September 1, 1880, Library of Congress, Alexander Graham Bell Family Papers. Retrieved: April 5, 2009.
  158. ^ "Letter from Mabel Hubbard Bell, February 27, 1880." Library of Congress, Alexander Graham Bell Family Papers. Retrieved: April 5, 2009. Note (N.B.): The last line of the typed note refers to the future disposition of award funds: "... and thus the matter lay till the paper turned up. He intends putting the full amount into his Laboratory and Library".
  159. ^ "Alexander Graham Bell." IEEE Global History Network. Retrieved: August 8, 2011.
  160. ^ "Alexander Graham Bell Family Papers: Home." Memory.loc.gov. Retrieved: February 14, 2012.
  161. ^ "Alexander Graham Bell National Historic Site." Parks Canada. Retrieved: February 14, 2012.
  162. ^ "Bell Homestead". Bell Homestead Society. Retrieved: February 14, 2012.
  163. ^ "Decibel." sfu.ca. Retrieved: July 28, 2010.
  164. ^ "Definition: 'bel'." freedictionary.com, American Heritage Dictionary of the English Language by Houghton Mifflin Company, Fourth Edition, 2000. Retrieved: September 2, 2009.
  165. ^ Scott's United States Stamp catalogue.
  166. ^ "Royal Bank Commemorative Notes." Rampant Scotland. Retrieved: October 14, 2008.
  167. ^ "100th Anniversary of Flight in Canada." Royal Canadian Mint. Retrieved: June 12, 2010.
  168. ^ "100 great British heroes." BBC News World Edition, August 21, 2002. Retrieved: April 5, 2010.
  169. ^ "Beatlelinks: The Greatest Britons of All Times." news.bbc.co.uk. Retrieved: December 29, 2009.
  170. ^ "Alexander Graham Bell (1847–1922)." Scottish Science Hall of Fame. Retrieved: April 5, 2010.
  171. ^ "Honorary Degree Recipients." Provost.gallaudet.edu. Retrieved: July 28, 2010.
  172. ^ "Overview , Graduations, Registry." Registry.ed.ac.uk, July 12, 2010. Retrieved: July 28, 2010.
  173. ^ "Dartmouth graduates." The New York Times. Retrieved: July 30, 2009.






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「グラハム・ベル」の関連用語

グラハム・ベルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

グラハム・ベル

ラリー・エリソン

ケント・ベック

グラハム・ベル

ラリー・ペイジ

ミッチェル・ケイパー

ラリー・ウォール

ロバート・テイラー





グラハム・ベルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンピュータ偉人伝コンピュータ偉人伝
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリグラハム・ベルの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアレクサンダー・グラハム・ベル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS