ウマヅラハギとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > > ウマヅラハギの意味・解説 

ウマヅラハギ

学名Thamnaconus modestus 英名:Black scraper
地方名ウマヅラハゲ 
脊椎動物門硬骨魚綱フグ目カワハギ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 動画 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
生態写真はこちら

特徴
カワハギよりも体が細長く頭部伸びて、馬の顔のようなところからこの名がついた。体に顕著模様はない。体は灰色はっきりしない暗色斑点がたくさんある。カワハギよりもやや深い沿岸域にすむ。6〜7月に沈性粘着卵を産む幼魚流れ藻につき、表層付近を泳ぐ。夏に味がよくなる

分布:北海道以南日本各地朝鮮半島南部東・南シナ海、南アフリカ 大きさ:30cm
漁法:  食べ方:刺身ちり鍋煮付け

ウマヅラハギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/31 19:02 UTC 版)

ウマヅラハギ(馬面剥、学名:Thamnaconus modestus)は、フグ目カワハギ科に属する




「ウマヅラハギ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ウマヅラハギ」の関連用語

ウマヅラハギのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シマイシガニ

コマンドルカスベ

マルヒラアジ

エツ

イトヒキハゼ

ビンナガ

マコガレイ

ルリハタ





ウマヅラハギのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウマヅラハギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS