アイダーリンとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > アイダーリンの意味・解説 

アイダーリン【アイダーリン】(草花類)

登録番号 第6707号
登録年月日 1998年 8月 12日
農林水産植物の種類 きく
登録品種の名称及びその読み アイダーリン
 よみ:アイダーリン
品種登録の有効期限 15 年
育成者権の消滅 2005年 8月 13日
品種登録者の名称 岩田義朗、岩田
品種登録者の住所 愛知県稲沢市北麻績町郷内38番地、愛知県稲沢市北麻績町郷内38番地
登録品種の育成をした者の氏名 岩田義朗 岩田
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は,「アイフレンド」に出願育成無名実生種を交配して育成されたものであり,花は赤紫色の小輪で,スプレイ仕立て切花向き品種である。 型は直立性,性は高性,開花時の草丈は中である。太さは6.0~7.9,色は淡褐,強さは強,縦じわは低,稲妻屈曲は無,節間長は20~29である。葉身長は7599幅は5074基部の形は凹形先端部分の形は鈍円,一次欠刻は 0.70~0.89,二次欠刻程度は低,欠刻底部の形は丸,裂片縁部の重なりは重なる,表面の色は濃緑裏面の色は緑,光沢度及び厚さは中,たく有無全体的にある,分布状態は主に両側,形は深裂しない,大きさは小である。つぼみの形は平,花房の形は円筒形,花の大きさ5069舌状花重ねは1.5列まで,舌状花数は20~59である。管状花数は200399分布集中全長は8.0~8.9である。花弁の形は平弁,先端の形は尖る,外花弁の反り方は平,花弁長さは30~39,幅は5.0~9.9外花弁の表面色は赤紫(JHS カラーチャート9214),裏面色は赤味紫(同8911),表面の色の分布状態は底白等,外花弁の角度上向き花盤の色は黄緑色である。花たくの形は盛上がった円錐状,総ほうの大きさ及び総ほう部から花頂部までの高さは20~29,花首の長さ4059,季咲きの開花期は冬で,育成地(愛知県稲沢市)における自然開花期1月である。  「アイミスター」及び「アイフレンド」と比較して,基部の形が凹であること,先端部分の形が鈍円であること,たく葉の形深裂しないであること,外花弁の表面の色が赤紫であること等で区別性が認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は,平成3年出願者のほ場(愛知県稲沢市)において,「アイフレンド」に出願育成無名実生種を交配して得られた実生の中から選抜以後増殖行いながら特性の調査継続し,6年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アイダーリンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

アイダーリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

栄昌猪

せん断応力

酒と醤油のかおる倉吉白壁土蔵群

骨盤

P001

イクビホンヤドカリ

クロウビーズ

犬塚の欅





アイダーリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ

©2016 Weblio RSS