アイスバードとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > アイスバードの意味・解説 

アイスバード【アイスバード】(草花類)

※登録写真はありません 登録番号 第7723号
登録年月日 2000年 2月 22日
農林水産植物の種類 シンビジウム
登録品種の名称及びその読み アイスバード
 よみ:アイスバード
品種登録の有効期限 20 年
育成者権の消滅 2001年 2月 23日
品種登録者の名称 有限会社高木農園
品種登録者の住所 広島県高田郡八千代町土師86番地の4
登録品種の育成をした者の氏名 高木誠作
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は,「ワル」に「エバネウム」を交配して育成されたものであり,花はセパル及びペタル淡黄緑の地色浅黄緑色のぼかしが入りリップ正三角形黄白地色に紫赤色斑点及びが入る中型種である。型の大きさは中,草姿中間型である。ぎ球茎正面の形は卵形横断面の形は扁円形,高さは61100長径は31~50である。全体の形は線形先端の形は不等鋭先形,頂点角度は30~45度,先端角度6090度,長さ4575,幅は21~30葉色は緑,葉数は10~12である。1花茎の花数は6~10,花茎太さは9.1~12長さ5080,色は淡緑である。咲き型は部分抱え・平咲き,花の横径は81100,縦径は4160ドーサル・セパル正面の形は長楕円形先端の形は微突形,ラテラル・セパル正面の形は湾曲線形先端の形は不等鋭形,ペタル正面の形は広線形先端の形は不等微突形である。リップ正面の形は正三角形先端の形は鋭形,周縁反転は小,波打ちは中である。全体的花色は緑系,花色セパル及びペタル淡黄緑(JHS カラーチャート3102)の地色浅黄緑(同3304)のぼかしが入りリップ黄白(同3101)の地色に紫赤(同9714)の斑点及びが入る。花の香りは弱,開花期は冬である。「ワル・アイドル」と比較して、リップ正面の形が正三角形であること、セパル及びペタルにぼかしが入ること,リップに紫赤色斑点及びが入ること等で区別性が認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は、昭和58年育成者温室広島県高田郡八千代町)において、「ワル」に「エバネウム」を交配し、その実生の中から選抜以後増殖行いながら特性の調査継続し、平成6年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである。なお,出願時の名称は「ジュエル ボックス・バン ベール」,出願公表時の名称は「バン ベール」であった。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アイスバードに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アイスバード」の関連用語

アイスバードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

幸田

タヒバリ

翁竹

920SH

乗鞍岳

角島灯台

伊藤圭介

追分の道標





アイスバードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ

©2016 Weblio RSS