ぱのらまかめらとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > カメラ > ぱのらまかめらの意味・解説 

パノラマカメラ

読み方:ぱのらまかめら

規格化された画面タテヨコ比( アスペクト比 )、たとえば2:3や3:4に対して横長画面撮影するカメラアスペクト比9:16上の非常にヨコ長い画面になる。広い風景撮影して効果を出すためには有効なカメラである。一時AF一眼レフコンパクトカメラに「パノラマモード」が搭載されたが、これは35mm画面の上下を覆うことにより、横長画面作り出すもので、「疑似パノラマカメラ」と言える本格的なパノラマカメラはフジフイルムTX-2のように、同じ35mmフィルムを使っても、フィルムアパーチャー(開口部)がヨコ長くなっていて、フルフィルム画面を使ったパノラマ撮影が可能となっている。なお、写真の歴史の中ではパノラマ写真というのは表現として使われてきていて、たとえばジャック=アンリ・ラルティーグ写真などが有名である。





ぱのらまかめらと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ぱのらまかめらに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ぱのらまかめら」の関連用語

ぱのらまかめらのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

硫黄

107号車

肘関節

上船倉の棚田

ミニキャブ バン

字牌

矢竹

神津島





ぱのらまかめらのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2016 モーターマガジン社 All rights reserved.

©2016 Weblio RSS