ちょうおんぱとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音響 > 超音波 > ちょうおんぱの意味・解説 

ちょう おんぱ てう- [3] 【超音波】

振動数1万6千ヘルツ上で人間の耳に感じない音波。現在では高い周波数をもつ各種弾性波をいう。その発生検出には,水晶振動子電歪振動子磁歪振動子を用いる。波長小さく指向性が強いので,そのパルス発振させて海の深さ測るソナー魚群探知機利用される。同様の原理固体材料内部欠陥検査したり,宝石ガラスなどの切断加工乳濁液生成洗浄殺菌などにも利用される。

超音波、エコー

【仮名】ちょうおんぱ
原文ultrasound

エネルギー音波(超音波)を体内組織器官反射させ、エコーを生じさせる検査法。超音波装置モニター上にエコーパターンが現れソノグラム呼ばれる体内組織画像映し出される。「ultrasonography超音波検査)」とも呼ばれる





ちょうおんぱと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ちょうおんぱ」の関連用語

ちょうおんぱのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

床島用水

路床・路盤安定処理工法

隅切り

落花生油

つゆ玉

伊万里の焼物の音

ガメ

9300系





ちょうおんぱのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター

©2017 Weblio RSS