しっちたいとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気候 > 地帯 > しっちたいの意味・解説 

湿地帯 (しっちたい)

 一般に地下水位が高くて湿潤土地地下水位が1m程度地表はあまり冠水しない河川敷湖岸草原、更に地下水位上昇ししばしば地表冠水する湿地草原地表常時冠水する抽水草原等に分類される。湿地特異生態系を示すことが多いが、人為的にまたは自然災害などで破壊されやすい。湿地および水鳥などの湿地特有の動植物保全に関するラムサール条約締結されている。海岸発達する湿地帯は塩性湿地呼ばれる





しっちたいと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「しっちたい」の関連用語

しっちたいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

給湯

バシェギー石

さんふらわあ さっぽろ

土系舗装

高瀬川

聖フランチェスコ教会

60式 106mm無反動砲

中村 秀仁





しっちたいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2017 Kankyosho All rights reserved.

©2017 Weblio RSS