都道府県道 都道府県道の標識

都道府県道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/08 04:42 UTC 版)

都道府県道の標識

千葉県の古いタイプの県道標識の例(千葉県道137号宗吾酒々井線
福島県道187号線の路線番号標識

都道府県道整理番号標識は第3次主要地方道認定が行われた1971年昭和46年)に制定され、同年6月に整理番号を改正した兵庫県1972年4月から設置開始)を皮切りに各都道府県で設置普及が進んだ。1994年平成6年)の和歌山県福井県を最後に全都道府県で路線番号標識が設置された。

標識の意匠は、青色地に白色の縁取りがされ、角に丸みを帯びた正六角形をしており、各都道府県とも上段に県道の場合「県道」のほか「都道」「道道」「府道」の文字、中央に整理番号、下段に都道府県名を白色文字で記入された標準のもので全国的に統一されている。ただし例外もあり、千葉県などで見られる中央に路線名を配した県独自による古いタイプものが残っていたり、福島県では路線番号と路線名を別々に記載した県独自の2段重ね型の六角形標識もみられる[15]。また、特殊なものでは、1990年の国際花と緑の博覧会を機に上段の府道を「ROUTE」、府名を「Osaka」に置き換えた大阪府道の標識や、やや縦長の六角形をした北海道道の標識があったり[15]静岡県道223号では海上フェリーに建てられた標識の中に、絵を描いたものまである[13]

一部の道路愛好家のあいだでは、一般国道の標識を俗に「おにぎり」と称するのに対し、都道府県道の標識を六角形の形から、英語読みのヘキサゴン(英:hexagon)からとった俗称として「ヘキサ」とよばれることが多い[11]




注釈

  1. ^ 廃線等の理由で駅が廃止されたところでも、かつての名残として「停車場線」と名のつく県道もいくつか残存する[12]

出典

  1. ^ ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 217.
  2. ^ a b c d 佐藤健太郎 2014, p. 188.
  3. ^ 佐藤健太郎 2014, pp. 188-189.
  4. ^ 佐藤健太郎 2014, p. 189.
  5. ^ a b c 佐藤健太郎 2014, p. 194.
  6. ^ 佐藤健太郎 2014, p. 58.
  7. ^ 市町村に移譲された事務・権限の一覧 - 岡山県、2009年4月1日
  8. ^ a b c d 佐藤健太郎 2014, p. 190.
  9. ^ 佐藤健太郎 2014, pp. 189-190.
  10. ^ a b c 平成6年6月30日 建設省道政発第33号「都道府県の路線認定等について」(各都道府県知事宛、建設省道路局長通達)によって国から各都道府県に通達されている。
  11. ^ a b c d e f 佐藤健太郎 2014, p. 195.
  12. ^ a b 佐藤健太郎 2014, p. 192.
  13. ^ a b 佐藤健太郎 2014, p. 193.
  14. ^ a b 門田晋一 (2019年3月28日). “市名は変わるけど…県道名に「丹波」入れません”. 神戸新聞NEXT. https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201903/0012188216.shtml 2019年9月12日閲覧。 
  15. ^ a b 佐藤健太郎 2014, pp. 196-197.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「都道府県道」の関連用語

都道府県道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



都道府県道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの都道府県道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS