合衆国最高裁判所 概説

合衆国最高裁判所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/20 06:03 UTC 版)

アメリカ合衆国最高裁判所(アメリカがっしゅうこくさいこうさいばんしょ、英語: Supreme Court of the United States、略称: SCOTUS)は、アメリカ合衆国連邦政府司法府連邦裁判所)を統括する、アメリカ合衆国における最上級の連邦裁判所。


注釈

  1. ^ 2012年現在までにおけるアメリカ合衆国の歴代最高裁長官17名中、現職の陪席判事から長官に昇格したのは、第9代長官ホワイト・第12代長官ストーン・第16代長官レンキストの3名のみである。その他、第2代長官ラトリッジと第11代長官ヒューズの2名は陪席判事を引退した後に長官として再任された。
  2. ^ ただし、合衆国最高裁判所の違憲審査権は法律では明文化されていない。
  3. ^ なお川村は合衆国の市民権を持たなかったため、作品にその名は刻まれていない。
  4. ^ 付随的違憲審査制とは、憲法裁判所のような違憲審査を扱うための特別な機関を設けることなく、通常の裁判所が具体的な事件や争訟に対して法令を適用し解決する際に、必要な範囲で違憲審査をする方式のことを指す。対極にある概念として、抽象的違憲審査制がある。詳しくは違憲審査制のページを参考のこと。
  5. ^ ロー・クラークは判事を補佐し、事件の審理や裁判に必要な調査を行ったり、判決の意見部分を執筆することを業務としている職業である。日本では類似の職種として裁判所調査官(意見を執筆することがあるという点に注目すれば、最高裁判所調査官が最も近い)があるが、日本における裁判所調査官が国家公務員特別職のひとつである裁判所職員として扱われている(最高裁調査官については、現役の判事が判事のまま任に当たる)のに対し、ロー・クラークには公務員資格は必要とはされず、主にロー・スクールを優秀な成績で卒業したばかりの若手が選ばれる場合が多い。

出典

  1. ^ “米上院、ゴーサッチ氏を最高裁判事に承認 トランプ氏に追い風”. ニューズウィーク. (2017年4月8日). http://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2017/04/190150.php 2017年4月11日閲覧。 
  2. ^ 米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委員会” (2021年4月10日). 2021年4月13日閲覧。
  3. ^ 28 U.S.C. §2
  4. ^ Visitor’s Guide to Oral Argument at the Supreme Court of the United States” (PDF). U.S. Supreme Court. 2009年1月23日閲覧。
  5. ^ 28 U.S.C. §1
  6. ^ Jack M. Balkin (2004年4月15日). “The Passionate Intensity of the Confirmation Process”. 2012年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月14日閲覧。
  7. ^ 米大統領選挙徹底分析(9):なぜ保守派キリスト教徒エバンジェリカルはトランプを支持し続けるのか” (2016年10月27日). 2018年10月8日閲覧。
  8. ^ Roberts, Kavanaugh Give Liberals Wins on Conservative Court (3)” (英語). news.bloomberglaw.com. 2023年7月1日閲覧。
  9. ^ Roberts, Kavanaugh Shock With Liberal Voting Rights Victory (1)” (英語). news.bloomberglaw.com. 2023年7月1日閲覧。
  10. ^ Roberts and Kavanaugh Split From Conservatives in Term's First 5-4 Ruling” (英語). National Law Journal. 2023年7月1日閲覧。
  11. ^ Stern, Mark Joseph (2020年4月22日). “Everyone Is Mad at Elena Kagan” (英語). Slate. ISSN 1091-2339. https://slate.com/news-and-politics/2020/04/elena-kagan-supreme-court-conservatives-precedent.html 2023年7月1日閲覧。 
  12. ^ Gerstein, Josh (2022年12月30日). “How Justice Kagan lost her battle as a consensus builder” (英語). POLITICO. 2023年7月1日閲覧。
  13. ^ Associate Justice Elena Kagan, after decade on bench, emerges as Supreme Court 'bridge-builder'” (英語). USA TODAY. 2023年7月1日閲覧。
  14. ^ a b 20 Am. Jur. 2d Courts § 147
  15. ^ 20 Am. Jur. 2d Courts § 146
  16. ^ 36 C.J.S. Federal Courts § 201
  17. ^ 36 C.J.S. Federal Courts § 210


「合衆国最高裁判所」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「合衆国最高裁判所」の関連用語

合衆国最高裁判所のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



合衆国最高裁判所のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの合衆国最高裁判所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS