公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金等の提供等の処罰に関する法律 公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金等の提供等の処罰に関する法律の概要

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金等の提供等の処罰に関する法律の解説 > 公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金等の提供等の処罰に関する法律の概要 

公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金等の提供等の処罰に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/05 00:09 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金等の提供等の処罰に関する法律

日本の法令
通称・略称 テロ資金提供処罰法
法令番号 平成14年法律第67号
種類 刑法
効力 現行法
主な内容 テロリズムへの資金等の提供等の処罰について
関連法令 組織的犯罪処罰法
制定時題名 公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金の提供等の処罰に関する法律
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

概要

テロリズムに対する資金供与の防止に関する国際条約をはじめとするテロリズムへの資金提供を防止する国際的な要請にこたえるため、2002年(平成14年)6月12日に公布され、同年7月2日から施行された。

2014年(平成26年)には、テロリズムへ資金だけでなく土地、建物、物品、役務その他の利益を提供する行為を処罰することを主な内容とする改正法が成立し[1]、12月20日から施行された。

第1条において、テロリズム(法律上は「公衆等脅迫目的の犯罪行為」)として以下のものを定義している。

  • 人質テロリズム(第一号)
  • 航空機テロリズム(第二号)
  • 船舶テロリズム(第二号)
  • ハイジャック(第二号)
  • 爆弾テロリズム(第三号)

構成

  • 第一条(定義)
  • 第二条(公衆等脅迫目的の犯罪行為を実行しようとする者による資金等を提供させる行為)
  • 第三条(公衆等脅迫目的の犯罪行為を実行しようとする者以外の者による資金等の提供等)
  • 第四条(同上)
  • 第五条(同上)
  • 第六条(自首)
  • 第七条(国外犯)
  • 第八条(両罰規定)
  • 附則

脚注

[ヘルプ]

関連項目




「公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金等の提供等の処罰に関する法律」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金等の提供等の処罰に関する法律」の関連用語

公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金等の提供等の処罰に関する法律のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金等の提供等の処罰に関する法律のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金等の提供等の処罰に関する法律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS