ブラック・ジャック 漫画以外のメディア化

ブラック・ジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/17 23:18 UTC 版)

漫画以外のメディア化

リンクのある作品の詳細については、リンク先を参照。

アニメ

一覧

タイトル リリース形態 監督 第1話リリース 最終話リリース 話数
ブラック・ジャック OVA 出崎統 1993年00月00日 2011年00月00日 12
ブラック・ジャック / 平安遷都 イベント上映 西田正義 1996年00月00日 1996年00月00日 01
ブラック・ジャック 劇場 出崎統 1996年11月30日 1996年11月30日 01
ブラック・ジャック 空からきた子ども OVA [記事参照] 瀬谷新二 2000年00月00日 2000年00月00日 01
ブラック・ジャック インターネット 本田ちさと 2001年08月01日 2001年00月00日 12
ブラック・ジャック2時間スペシャル 〜命をめぐる4つの奇跡〜 TV 手塚眞 2003年12月22日 2003年12月22日 04
ブラック・ジャック TV 手塚眞 2004年10月11日 2006年07月17日 63
ブラック・ジャック ふたりの黒い医者 劇場 手塚眞 2005年12月17日 2005年12月17日 01
Dr.ピノコの森の冒険 劇場 [併映] 桑原智 2005年12月17日 2005年12月17日 01
ブラック・ジャック21 TV 手塚眞 2006年04月10日 2006年09月04日 17
ブラック・ジャック FINAL OVA 桑原智 / 西田正義 2011年12月16日 2011年12月16日 02

ブラック・ジャック / 平安遷都

京都駅ビルの中にある手塚治虫ワールド内(現在は既に閉館)のみで上映。

原作ストーリーからは『おばあちゃん』を採用。京都にまつわる歴史的なエピソードを紹介するアニメーションとの2本立てという形で 上映され、その2本を火の鳥がストーリー・テラーとなってつないで行く、という構成。

作画監督、演出、共に西田正義。音楽はKARTE6以降のOVA版と同様に、川村栄二による劇伴を使用。

上映後は『平安遷都(へいあんせんと)』という京都の歴史を紹介したアニメが流れる。

スタッフ
  • 監督・演出・作画監督・原画 - 西田正義
  • 脚本 - 森田眞由美
  • 美術監督 - 岡田和夫
  • 色彩設定 - 宇田川佐東美
  • 編集 - 森田編集室
  • 音楽 - 川村栄二
  • 選曲 - 合田豊
  • プロデューサー - 久保田稔、宇田川純男
  • 制作担当 - 柳澤光子
キャスト

インターネットアニメ

『ブラック・ジャック』
ブロードバンド用のアニメ。TezukaOsamu@Cinemaから有料配信。1話20分前後、全12話。
BJ役はOVA・テレビアニメ版と同じく大塚明夫。ピノコ役は宇多田ヒカルが演じた。
アニメーションの製作とネット配信はコンテンツジャパン社が担当した。監督は本田ちさと、作画監督は玉置千夏が担当。
TezukaOsamu@Cinema からの配信は終了しているが、各種動画サイトで購入できる。
作品
  • 医者はどこだ!(声の出演/デビイ:野島健児、ニクラ:掛川裕彦、デビイの母:萩森侚子、アセチレン・ランプ:稲田徹
  • ピノコ・ラブストーリー(声の出演/男の子:神田朱未、父:麻生智久、母:牧島有希、郵便屋:今村直樹
  • 肩書き(声の出演/ブリリアント3世陛下:遠藤守哉、井上医師:平野正人、病院長:麻生智久、外務大臣:掛川裕彦、アナウンス:私市淳
  • ふたりの黒い医者(声の出演/ドクター・キリコ:田中秀幸、母:疋田由香里、息子:野島健児、娘:神田朱未、医者:稲田徹、店員:麻生智久)
  • ハッスルピノコ(声の出演/配達員:徳山靖彦、受付の男:麻生智久、男の先生:今村直樹、試験官:稲田徹、校医:服巻浩司
  • ちぢむ!!(声の出演/戸隠先生:郷里大輔、助手:里内信夫
  • やり残しの家(声の出演/丑五郎:佐藤正治、弟子:戸北宗寛)
  • 六等星(声の出演/椎竹先生:塩屋浩三、徳川先生:郷里大輔、柴田先生:田中和実、椎竹夫人:疋田由香里、アナウンサー:戸北宗寛)
  • 刻印(声の出演/間久部緑郎:神奈延年、ピエール:田中一成、部下A:服巻浩司、部下B:江川央生、警部:稲田徹)
  • ときには真珠のように(声の出演/本間丈太郎:青野武、老女:江森浩子、通行人:佐藤浩之、看護師:立野香菜子、医者A:服巻浩司)
  • アリの足(声の出演/光男:立野香菜子、母親:萩森侚子、野次馬:田中一成、運転手:佐藤浩之、治虫少年:江川央生)
  • シャチの詩

北米版アニメ

アメリカでもAZN TVで放送されている。しかしBJ21とは違うバージョンで、こちらは約45分。絵も内容やストーリーもすべて大人向きになっている。

コラボ作品

Peeping Life -手塚プロ・タツノコプロワンダーランド- 』
2013年に『Peeping Life』と手塚プロ&タツノコプロとのコラボレーションアニメを放送。

実写版

台湾香港でもアメリカとは違い、アニメ版だけではなくテレビドラマ版(本木版)も放送された。

ゲーム

コンピュータゲーム

体感型ゲーム

『ブラック・ジャック×ドラマチック謎解きゲーム 脱走者緊急手術〜Emergency Operation on Escape〜』
2017年7月23日~9月24日の毎週 金・土・日及び祝日によだかのレコードの主催・企画制作、あそびファクトリーの協力によって西新宿のよだかのドラマチックルームを会場に行われた。同会場にて2018年7月14日~8月12日の毎週 金・土・日及び祝日に再演、西新宿のドラマチックホールにて2020年2月29~3月15日に毎日に再演している。参加者は新人医師で、製薬会社が重大なミスを隠蔽していることに気がついてあばこうとしたが始末されそうになり脱走した際に生死の境を彷徨うことになった男の友人だったが、彼は病院をたらいまわしにされ、ブラック・ジャックの噂を思い出しやって来たという設定の下、様ざまなミッションや暗号を解き明かしていくといった内容である。制限時間は60分(説明などを含めると120分)で、5人1組のチームでのプレイとなる。声の出演はBJ:大塚明夫、ピノコ:み~こ(MOSAIC.WAV)。

ラジオドラマ

『ブラック・ジャック』
ラジオ劇画傑作シリーズの一作品として、1977年10月31日から11月25日まで、全20話をTBSラジオで放送。
BJ役は岸田森。ピノコ役は松島みのり
台詞以外のナレーション、効果音等は「ブラックジャックギャング団」という子役達の団体が担当。
『ブラック・ジャック』
1993年10月4日から1994年4月1日まで全130話をTBSラジオの番組「ザ・ヒットパレード」の1コーナー「手塚治虫ワンダーランド」で放送。その後、新潮社の「新潮カセットブック」のレーベルで全3巻のカセットテープに収録されて発売された。
BJ役は時任三郎。ピノコ役は山田妙子。キリコ役は清水綋治。ナレーションは此島愛子
放送作品
  • 医者はどこだ!(脚本:横光晃、声の出演:安藤一夫立石凉子倉崎青児大塚周夫内山森彦樋浦勉坂元貞美
  • しめくくり(脚本:利光隆一、声の出演:小川隆市上田忠好
  • 曇りのち晴れ(脚本:利光隆一、声の出演:山下智子、安藤一夫、松阪隆子井上倫宏
  • 誘拐(脚本:横光晃、声の出演:近石真介、内山森彦、坂元貞美、樋浦勉、山下智子、花房徹、影山会里子)
  • ふたりの黒い医者(脚本:雁田昇、声の出演:清水紘治、三好美智子二木てるみ、倉崎青児、堀勝之祐
  • えらばれたマスク(脚本:雁田昇、声の出演:内山森彦、三好美智子、二木てるみ)
  • 黒潮号メモ(脚本:利光隆一、声の出演:井上倫宏、堀勝之祐、小川隆市)
  • 骨肉(脚本:雁田昇、声の出演:三好美智子、松阪隆子、内山森彦、樋浦勉、坂元貞美、佐藤博
  • ハリケーン(脚本:横光晃、声の出演:村松克己、二木てるみ、安藤一夫、松阪隆子、堀勝之祐)
  • 小うるさい自殺者(脚本:雁田昇、声の出演:清水紘治、花房徹、二木てるみ)
  • 灰色の館(脚本:渡辺治子、声の出演:二木てるみ、坂元貞美、村松克己)
  • 復しゅうこそわが命(脚本:雁田昇、声の出演:高橋理恵子、二木てるみ、樋浦勉、松阪隆子)
  • ナダレ(脚本:津川泉、声の出演:安藤一夫、内山森彦、影山会里子、小川隆市、佐藤博)
  • 道すがら(脚本:横光晃、声の出演:二木てるみ、大塚周夫、坂元貞美)
  • 人生という名のSL(脚本:雁田昇、声の出演:清水紘治、宮川洋一、上田忠好、佐藤博)

舞台

宝塚歌劇団『ブラック・ジャック 危険な賭け』
1994年上演。
宝塚歌劇団『ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌』
2013年2月上演。
新作狂言『勘当息子』『老人と木』
2008年宝塚ソリオホールで初演
Human Art Theater『手塚治虫ドラマシアター
Vol.3が2013年4月上演。4番目の演目が「人面瘡」のエピソード[151]
Vol.4が2013年8月上演。3番目の演目が「鯨にのまれた男」のエピソード[152]
Vol.5が2014年1月上演。2番目の演目が「ふたりの黒い医者」のエピソード[153]
Human Art Theater『漫劇!! 手塚治虫 The Fusion of Comics & Theater』
第一巻が2015年2月上演。1番目の演目が「畸形嚢腫」、3番目の演目が「おばあちゃん」のエピソード[154]
第二巻が2015年7月上演。1番目の演目が「ハローCQ」のエピソード[155]
第三巻が2016年2月上演。4番目の演目が「人面瘡」のエピソード[156]
第四巻が2017年2月上演。1番目の演目が「人面瘡」、2番目の演目が「畸形嚢腫」のエピソード[157]。本公演はブラック・ジャックのエピソードのみの公演だった。
浜松市民オペラ『ブラック・ジャック 時をめぐる3章』
2015年8月30日アクトシティ浜松で上演。第1章「87歳の反逆」第2章「お前の中の俺」第3章「母と子のカノン」の3部構成。
2016年に新演出版で再演。第1章のタイトルが「87歳の挑戦」に変更[158]
音楽監督・作曲・指揮:宮川彬良 演出:田尾下哲 脚本:響 敏也

朗読劇

『ブラック・ジャック おばあちゃん』
1999年5月13日放送「ダウンタウンDX」の一コーナー「泣きメンタリー三分間劇場」で『おばあちゃん』が取り上げられる。
紙芝居のように漫画を映し、その日のゲストが声を吹き込んだ。
BJは高橋英樹、おばあちゃんは小林幸子、息子は関根勤がそれぞれ声をあてた。

小説

小説 ブラック・ジャック
瀬名秀明によるオリジナル・ストーリーの書き下ろし。
週刊少年チャンピオン創刊50周年記念企画の一環として誠文堂新光社からAPeS Novelsレーベルで2019年7月16日に刊行された。

その他

ブラックジャックのお天気ドクター[159]
東京電力の子会社・株式会社ウェザーラインが、手塚プロダクションと組んで始めたiモード向け天気予報サイト。ブラック・ジャック本人を案内人としたもの。無料サイトと有料サイトがあり、有料サイトの手続きをする際には「いただくものは、いたたくぜ」と表示されていた。2004年、ウェザーラインが株式会社ライフビジネスウェザーに営業譲渡する際に終了。
手塚治虫Mマガジン[160]
名称の「M」は「モーション」と読む。NECビッグローブが、イースクエアと手塚プロダクションと連携し開始された、手塚治虫のマンガに音声や動きを加えたモーションマンガと名付けられた「動くマンガ」を、動画を見るかのように視聴できる携帯電話向けのサービス。後に、アルファシステムズによりPCや携帯ゲーム機向けにも提供。ブラック・ジャックのエピソードもラインナップされていた[161]。BIGLOBEへの会員登録が必要な他、1話あたり105円~(7日間視聴可能)の利用料を要した。現在は終了しているがモーションマンガそのものは、「手塚治虫マガジン倶楽部」[162]がサービスを引き継ぎ、他の有料サービスが併用できる月額1050円の利用料金で視聴することができたが、2018年にこちらも終了。

注釈

  1. ^ 「8」は他の単行本同様。「指」・「植物人間」・「快楽の座」は未収録だが、これ以外の全エピソードを収録(第180話「土砂降り」は原典の第179話「メス」を統合する形で収録)し、「大全集」の名に相応しい歴代単行本中最大数のエピソードを収録している。なお「8」はチャンピオンと同じB5判フルサイズ装丁に全てのカラーページ(4色・2色)をフルカラー再現。ほか、連載時の扉絵を完全収録し予告カットや各種資料類も掲載。
  2. ^ 単独の単行本はないが、同著者の「RAY+」に収録された。
  3. ^ 雑誌初出時は「岩明均」名義。
  4. ^ 2015年の第39回で渡辺航の『弱虫ペダル』が同賞を受賞するまで、秋田書店作品の受賞は長らくなかった。
  5. ^ ただし本作の構想には『ゴルゴ13』との構造の類似が指摘されている(呉智英「『ブラック・ジャック』科学もヒューマニズムも信じない神の眼差し」『朝日ジャーナル臨時増刊 手塚治虫の世界』朝日新聞社、1989年)
  6. ^ つのがいは2016年10月に手塚プロ公認の漫画家となった。公認作家としての初仕事は、同年11月に行われた「冨田勲追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』」のために描いた“手塚治虫タッチの初音ミク”である。

出典

  1. ^ “手塚治虫「ブラック・ジャック」消毒用アルコール発売! “コロナ禍の日常を少しでも明るくしたい”想いで実現”. アニメ!アニメ!. (2020年9月13日). https://animeanime.jp/article/2020/09/13/56269.html 2021年3月23日閲覧。 
  2. ^ 「週刊少年チャンピオン突然の黄金期! 元編集長壁村耐三氏インタビュー」『別冊宝島288 70年代マンガ大百科 こんな名作・快作・珍作があったのか!』宝島社、1996年、p122 - p129
  3. ^ 武居俊樹『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』文藝春秋、2005年、p223 - p224
  4. ^ 呉智英「『ブラック・ジャック』科学もヒューマニズムも信じない神の眼差し」『朝日ジャーナル臨時増刊 手塚治虫の世界』朝日新聞社、1989年
  5. ^ 夏目房之介「不死鳥のごとく復活した手塚治虫ー」『別冊宝島288 70年代マンガ大百科 こんな名作・快作・珍作があったのか!』宝島社、1996年、p74 - p76
  6. ^ a b “「ブラックジャック」世界初の”MANGA"のオペラ化、重厚で濃密なステージで深い感動”. アニメ!アニメ!. (2015年9月9日). https://animeanime.jp/article/2015/09/09/24840.html 2021年1月24日閲覧。 
  7. ^ a b BLACK JACK 300STARS' Encyclopedia p.298
  8. ^ 「週刊少年チャンピオン突然の黄金期! 元編集長壁村耐三氏インタビュー」『別冊宝島288 70年代マンガ大百科 こんな名作・快作・珍作があったのか!』宝島社、1996年、p125 - p126
  9. ^ 西村繁男『まんが編集術』白夜書房、1999年、p346 - 347
  10. ^ 手塚眞『天才の息子 ベレー帽をとった手塚治虫』ソニー・マガジンズ、2003年、p136
  11. ^ 『手塚治虫ファンクラブ会報』1号、1979年7月(安藤健二『封印作品の謎』太田出版、2004年、p207 - p208)
  12. ^ 藤原邦夫『出版幻想論』太田出版、1994年、p169
  13. ^ 竹内オサム『戦後マンガ50年史』筑摩書房、1995年、p173
  14. ^ 安藤健二『封印作品の謎』太田出版、2004年、p199 - p200
  15. ^ 『萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか』日経BP社、2006年、p132
  16. ^ 講談社手塚治虫漫画全集『ブラック・ジャック』18巻あとがき
  17. ^ 手塚眞『天才の息子 ベレー帽をとった手塚治虫』ソニー・マガジンズ、2003年、p218
  18. ^ B・J症例検討会『ブラック・ジャック・ザ・カルテ』海拓社、2001年、p32 - p35, p48 - p51およびp58 - p61
  19. ^ 安藤健二『封印作品の謎』太田出版、2004年、p165 - p166
  20. ^ 安藤健二『封印作品の謎』太田出版、2004年、p176 - p182
  21. ^ マンガと差別 - 『マンガ環境・現代風俗〈’93〉』所収
  22. ^ 手塚治虫『ガラスの地球を救え』光文社文庫、1996年、p89 - p94
  23. ^ asahi.com(朝日新聞社):ブラックジャック列伝:4 「宿命のライバル」が競い合う心臓手術 - ブラックジャック列伝 - アピタル(医療・健康)
  24. ^ 手塚マンガにクレーム「ロボトミーを美化」作者・出版元、非を認める『朝日新聞』1977年(昭和52年)1月17日夕刊、3版、7面
  25. ^ 詳細な始末は安藤健二『封印作品の謎 ウルトラセブンからブラック・ジャックまで』(大和書房だいわ文庫、2007年) ISBN 978-4-479-30099-1 第四章 禁じられたオペ―『ブラック・ジャック』第四一話「植物人間」・第五八話「快楽の座」 p201 - p264 を参照する。
  26. ^ a b 秋田書店. “Eleganceイブ 2005年7月号 (2005年5月26日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  27. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2004年12月号 (2004年10月23日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  28. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年1月号 (2004年11月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  29. ^ a b 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年8月特大号 (2005年6月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  30. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年7月号 (2005年5月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  31. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年6月特大号 (2005年4月23日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  32. ^ a b 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年5月超特大号 (2005年3月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  33. ^ a b 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年2月特大号 (2004年12月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  34. ^ a b 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年4月特大号 (2005年2月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  35. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年10月特大号 (2005年8月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  36. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2004年11月号 (2004年9月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  37. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年3月号 (2005年1月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  38. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年9月特大号 (2005年7月23日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  39. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年11月特大号 (2005年9月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  40. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年12月特大号 (2005年10月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  41. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2006年1月号 (2005年11月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  42. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2006年2月特大号 (2005年12月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  43. ^ ブラック・ジャック 1”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  44. ^ ブラック・ジャック 2”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  45. ^ ブラック・ジャック 3”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  46. ^ ブラック・ジャック 4”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  47. ^ ブラック・ジャック 5”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  48. ^ ブラック・ジャック 6”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  49. ^ ブラック・ジャック 7”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  50. ^ ブラック・ジャック 8”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  51. ^ ブラック・ジャック 9”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  52. ^ ブラック・ジャック 10”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  53. ^ ブラック・ジャック 11”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  54. ^ ブラック・ジャック 12”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  55. ^ ブラック・ジャック 13”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  56. ^ ブラック・ジャック 14”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  57. ^ ブラック・ジャック 15”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  58. ^ ブラック・ジャック 16”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  59. ^ ブラック・ジャック 17”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  60. ^ ブラック・ジャック 18”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  61. ^ ブラック・ジャック 19”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  62. ^ ブラック・ジャック 20”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  63. ^ ブラック・ジャック 21”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  64. ^ ブラック・ジャック 22”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  65. ^ ブラック・ジャック 23”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  66. ^ ブラック・ジャック 24”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  67. ^ ブラック・ジャック 25”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  68. ^ BLACK JACK 1(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  69. ^ BLACK JACK 2(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  70. ^ BLACK JACK 3(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  71. ^ BLACK JACK 4(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  72. ^ BLACK JACK 5(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  73. ^ BLACK JACK 6(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  74. ^ BLACK JACK 7(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  75. ^ BLACK JACK 8(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  76. ^ BLACK JACK 9(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  77. ^ BLACK JACK 10(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  78. ^ BLACK JACK 11(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  79. ^ BLACK JACK 12(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  80. ^ BLACK JACK 13(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  81. ^ BLACK JACK 14(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  82. ^ BLACK JACK 15(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  83. ^ BLACK JACK 16(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  84. ^ BLACK JACK 17(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  85. ^ BLACK JACK オールカラー版”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  86. ^ BLACK JACK 1(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  87. ^ BLACK JACK 2(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  88. ^ BLACK JACK 3(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  89. ^ BLACK JACK 4(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  90. ^ BLACK JACK 5(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  91. ^ BLACK JACK 6(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  92. ^ BLACK JACK 7(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  93. ^ BLACK JACK 8(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  94. ^ BLACK JACK 9(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  95. ^ BLACK JACK 10(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  96. ^ BLACK JACK 11(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  97. ^ BLACK JACK 12(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  98. ^ BLACK JACK 13(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  99. ^ BLACK JACK 14(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  100. ^ BLACK JACK 15(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  101. ^ BLACK JACK 16(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  102. ^ BLACK JACK 17(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  103. ^ 新装版 ブラック・ジャック 1”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  104. ^ 新装版 ブラック・ジャック 2”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  105. ^ 新装版 ブラック・ジャック 3”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  106. ^ 新装版 ブラック・ジャック 4”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  107. ^ 新装版 ブラック・ジャック 5”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  108. ^ 新装版 ブラック・ジャック 6”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  109. ^ 新装版 ブラック・ジャック 7”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  110. ^ 新装版 ブラック・ジャック 8”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  111. ^ 新装版 ブラック・ジャック 9”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  112. ^ 新装版 ブラック・ジャック 10”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  113. ^ 新装版 ブラック・ジャック 11”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  114. ^ 新装版 ブラック・ジャック 12”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  115. ^ 新装版 ブラック・ジャック 13”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  116. ^ 新装版 ブラック・ジャック 14”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  117. ^ 新装版 ブラック・ジャック 15”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  118. ^ 新装版 ブラック・ジャック 16”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  119. ^ 新装版 ブラック・ジャック 17”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  120. ^ ブラック・ジャック〜黒い医師〜 1”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  121. ^ ブラック・ジャック〜黒い医師〜 2”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  122. ^ ブラック・ジャック〜黒い医師〜 3”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  123. ^ RAY+”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  124. ^ BLACK JACK Treasure Book”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  125. ^ ブラック・ジャック 1(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  126. ^ ブラック・ジャック 2(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  127. ^ ブラック・ジャック 3(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  128. ^ ブラック・ジャック 4(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  129. ^ ブラック・ジャック 5(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  130. ^ ブラック・ジャック 6(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  131. ^ ブラック・ジャック 7(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  132. ^ ブラック・ジャック 8(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  133. ^ ブラック・ジャック 9(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  134. ^ ブラック・ジャック 10(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  135. ^ ブラック・ジャック 11(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  136. ^ ブラック・ジャック 12(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  137. ^ ブラック・ジャック B・J×bj”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  138. ^ ブラック・ジャック 〜青き未来〜”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  139. ^ 神の手をもつふたり〜ダーク・エンジェル外伝〜ブラック・ジャック×氷川魅和子”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  140. ^ 眠れぬ夜に読むブラック・ジャック”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  141. ^ 読むだけで幸せになるブラック・ジャック”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  142. ^ ブラック・ジャック ガール”. マイクロマガジン社. 2022年2月20日閲覧。
  143. ^ 異世界ブラック・ジャック”. マイクロマガジン社. 2022年2月20日閲覧。
  144. ^ 手塚治虫 ブラック・ジャック 愛と生のことば”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  145. ^ ブラック・ジャック画集 ALL of BLACK JACK by OSAMU TEZUKA”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  146. ^ BLACK JACK ザ・コンプリート・ダイジェスト”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  147. ^ ブラック・ジャック語録 心の傷を治す99の言葉”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  148. ^ ブラック・ジャックが告発するホスピタル・クライシス”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  149. ^ 手塚治虫医療短編集 Another side of BLACK JACK”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  150. ^ 手塚治虫「ブラック・ジャック」40周年アニバーサリー! あなたが選ぶ「ブラック・ジャック」ベスト40”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  151. ^ 手塚治虫 ドラマシアター Ⅲ
  152. ^ 手塚治虫 ドラマシアター Ⅳ
  153. ^ 手塚治虫 ドラマシアター Ⅴ
  154. ^ 漫劇!! 手塚治虫 第一巻 The Fusion of Comics & Theater
  155. ^ 漫劇!! 手塚治虫 第二巻 The Fusion of Comics & Theater
  156. ^ 漫劇!! 手塚治虫 第三巻 The Fusion of Comics & Theater
  157. ^ 漫劇!! 手塚治虫 第四巻The Fusion of Comics & Theater
  158. ^ “「歌劇ブラック・ジャック」長谷川寧の新演出で再演、宮川彬良が自ら伴奏”. ステージナタリー. (2016年6月27日). http://natalie.mu/stage/news/192172 2016年6月27日閲覧。 
  159. ^ ブラックジャックのお天気ドクター
  160. ^ 手塚治虫Mマガジン(インターネットアーカイブ、2014年8月11日) - http://mmaga.jp/
  161. ^ 手塚治虫Mマガジン - コンテンツ一覧(ブラック・ジャック)(インターネットアーカイブ、2013年10月28日) - http://mmaga.jp/list_html
  162. ^ 手塚治虫マガジン倶楽部(インターネットアーカイブ、2019年9月23日) - http://tezukaosamumagazineclub.com/
  163. ^ 呉智英「『ブラック・ジャック』科学もヒューマニズムも信じない神の眼差し」『朝日ジャーナル臨時増刊 手塚治虫の世界』朝日新聞社、1989年
  164. ^ ブラック・ジャックが問うた未来 手塚治虫没後25年 特別対談 渡邊剛×手塚眞”. 日経ビジネスオンライン. 日経BP社 (2014年2月4日). 2014年2月9日閲覧。
  165. ^ 『朝日新聞』2003年6月26日号
  166. ^ “ALS患者嘱託殺人事件で医師2人を起訴、単独犯ではなく共謀の謎”. ASCII.jp. (2020年8月21日). https://ascii.jp/elem/000/004/023/4023908/ 2021年3月23日閲覧。 
  167. ^ 手塚るみ子が語る、手塚治虫と冨田勲。本人亡き後に成すべきこと”. CINRA.NET (2016年10月31日). 2017年1月26日閲覧。
  168. ^ 手塚るみ子Twitter 2017年1月22日付



ブラックジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 20:03 UTC 版)

ブラックジャック英語: Blackjack)は、トランプを使用するゲームの一種。カジノで行われるカードゲームではポーカーバカラと並ぶ人気ゲームである。カードの合計点数が21点を超えないように、プレイヤーがディーラーより高い点数を得ることを目指す。バカラやおいちょカブと似たスタイルのゲームである。


  1. ^ Fontbona, Marc (2008). Historia del Juego en España. De la Hispania romana a nuestros días. Barcelona: Flor del Viento Ediciones. p. 89. ISBN 978-84-96495-30-2. https://www.casadellibro.com/libro-historia-del-juego-en-espana-de-la-hispania-romana-a-nuestros-di-as/9788496495302/1226464 
  2. ^ Depaulis 2009, pp. 238–244.
  3. ^ 日本語ではバストを「ドボン」と言うこともある。
  4. ^ 正しい判断に基づかずに行なった場合はかえって不利になる場合もあり得る。下記「プレイの目安」の項を参照のこと。
  5. ^ ブラックジャック ルール”. 2019年4月17日閲覧。
  6. ^ レインマンのように残りカードを全て記憶出来ればディーラーに対して有利にプレー出来ると解説されることが多いが、残りカードを完全に記憶しても残りカードに基づき厳密に確率計算を行う必要がある。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブラック・ジャックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブラック・ジャック (改訂履歴)、ブラックジャック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS