ブラックジャック ブラックジャックの概要

ブラックジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/07 09:01 UTC 版)

ポントゥーン(pontoon)21(twenty-one)という別名もある。

イギリスにはクレイジーエイトの系統でブラックジャック(Black Jack)というゲームがあるが、ルールは全く別である。

歴史

もとは21という名前で、その起源は不明である。ドン・キホーテの作者ミゲル・デ・セルバンテスは賭博も行っており、著書『Rinconete y Cortadilloスペイン語版』作中の主要人物であるイカサマ師コンビにイカサマを仕掛けさせている。この作品では、スペイン語で21を意味するveintiunaという名前が確認できる。[1]

ブラックジャックという呼び名には諸説ある。アメリカでのローカルルールとして、黒いシンボルのクラブもしくはスペードジャック、そしてスペードのエースからなる役を「ブラックジャック」と呼びボーナスが付くようにしていたという説。そしてフランスの歴史家Thierry Depaulis英語版は、それが誤りでクロンダイク・ゴールドラッシュの採掘者たちが遊んでいた時に、彼らがブラックジャックと呼んでいた金を含む閃亜鉛鉱にちなんで付けたという説を唱えた[2]

遊び方

上の写真がゲーム開始直後、下の写真がゲーム終了後の様子。

プレイヤーディーラー(胴元)との間で1対1の勝負を行う。つまり、プレイヤーが複数いる場合には、ディーラーは複数のプレイヤーと同時に勝負をすることになる。

各プレイヤーの目標は、21を超えないように手持ちのカードの点数の合計を21に近づけ、その点数がディーラーを上回ることである。

手の中のカードの点数は、カード2~10ではその数字通りの値であり、また、絵札であるK(キング)、Q(クイーン)、J(ジャック)は10と数える。A(エース)は、1と11のどちらか、都合のよい方で数えることができる。

各プレイヤーが初めの賭け(ベット)を終えると、ディーラーはカードを自分自身を含めた参加者全員に2枚ずつ配る。ディーラーの2枚のカードのうちの1枚は表向き(アップカード)にされ、皆が見ることができる。もう1枚のカードは伏せられている。伏せられたカードをホールカードと呼ぶ。プレイヤーの行動が全て終わった時点ではじめてディーラーの2枚目のカードが表向きにされる。

プレイヤーのカードはカジノによって表向きの場合と裏向きの場合があるが、現在主流になっている6デッキ以上を利用するルールにおいてはフェイスアップで配られることが通例である。この時点で、プレイヤーが21(1枚は10、J、Q、Kのうちのどれかで、もう1枚はAという組み合わせの場合のみ可能)であれば「ナチュラル21」又は「ナチュラルブラックジャック」と呼ばれ、ディーラーが21でなかった場合には、ベットの2.5倍の払い出しを受ける。

プレイヤーとディーラー、双方がナチュラル21の場合には引き分けとなる。プレイヤーがナチュラル21にならず、ディーラーがナチュラル21の場合には自動的にプレイヤーの負けとなる。

次のステップでは、プレイヤーはヒットまたはスタンドの選択を行う。ルールによっては、ヒットとスタンド以外にも追加のルールを採用しているところもある(下記「特別ルール」参照)

ヒット (Hit)
カードをもう1枚引く。
動作:テーブルを叩く、あるいは自分に向かって手招きをする。
スタンド (Stand)/ステイ (Stay)
カードを引かずにその時点の点数で勝負する。
動作:手のひらを下に向け水平に振る。

プレイヤーは21を超えなければ何回でもヒットすることができる。21を超えてしまうことをバスト(bust)と呼び、直ちにプレイヤーの負けとなる[3]。プレイヤーが全員スタンドするとディーラーは自分のホールカードを開く。

ディーラーは、自分の手が17以上になるまでカードを引かなければならず、17以上になったら、その後は追加のカードを引くことはできない(初めから17以上の場合もカードを引くことができない)。ディーラーが21を超えた場合には、バストしなかったプレイヤーは全員勝利である。プレイヤーとディーラーが同じ点数の場合には引き分けとなる。但しディーラーがソフト17(Aが含まれておりそのAを11と数えた上で合計が17の場合)ではヒットするカジノもある(その場合でもソフト18、ハード17ではスタンドとなる)。

一見すると、選択肢の多いプレイヤー側に有利かのように見えるゲームだが、2枚配られた時点でハード12以上のときにもう1枚カードを引く場合は常にバストの可能性がある、両者バーストした場合プレイヤーの敗北となる、等のルールにより実はプレイヤー側が不利といえる。

特別ルール

カジノによってはヒットとスタンド以外の選択肢が用意されている場合がある。いずれの特別ルールもプレイヤーを助けるものであるため[4]、これらを採用する代わりにプレイヤーがブラックジャックで勝利した場合の配当を2.2倍に引き下げている場合や、最低賭け単位(ミニマムベット)が高額の台のみこれらのルールを採用するカジノもある。

スプリット (Split)
配られた2枚のカードが同じ数字の場合、初めのベットと同額のチップを追加することで、それを2つに分けてプレイすることができる。この場合、1枚ずつに分けたカードにそれぞれ1枚が追加で配られ、2つの手となる。10と数えられるカード (10,J,Q,K) は全てペアと見なすことが出来るカジノもある。また、ほとんどのカジノでは A のペアのスプリットでは、スプリットした後はそれぞれ1枚しか引くことができない。スプリット後にさらに同じ数字が配られた場合に、重ねてスプリットが可能なルールもある。
動作:初めのベットの横に同額をベッティングボックスの外に置き、二本の指をV字に広げる。
ダブルダウン (Double down)
プレイヤーは最初の2枚のカードを見てからベットを2倍にしてもう1枚だけカードを引くことが出来る。さらに追加して引くことはできない。多くのカジノでは最初の数がいくつでもダブルダウンすることが出来るが、カジノによってはカードの合計が11,10(又は11,10,9)の場合にのみダブルダウンできるルールを採用している所もある。また、スプリット後のダブルダウンが可能かどうかも、カジノごとに差異がある。なお、ディーラーがナチュラル21となっているかの確認をプレイヤーのアクションの後に行うカジノにおいては、結果的にディーラーがナチュラル21であった場合に、スプリットやダブルダウンによって賭け増したベット分をプレイヤーの負けとするか、無勝負として元返しとするかについてはカジノごとに細かなルールの相違がある。
動作:初めのベットの隣に同額を置き、人差し指で指差す。
サレンダー (Surrender)
プレイヤーの手が悪く、勝ち目がないと判断した場合に賭け金の半額を放棄してプレイを降りること。たとえばディーラーがAでナチュラル21の可能性があり、プレイヤーが6でバストの確率が高い場合など。ナチュラル21をチェックする前にサレンダーが可能なルール(アーリーサレンダー)と、ナチュラル21ではない場合のみ可能なルール(レイトサレンダー)に大別される。サレンダーは採用していないカジノも多く、特にアーリーサレンダーを採用するルールは稀である。
インシュアランス (Insurance)/インシュランス
ディーラーの表向きのカードがAのときには、最初のベットの半額を追加することにより、保険(インシュアランス)をかけることができる。ディーラーがナチュラル21であった場合には保険として掛けた額の2倍の保険金が払い戻され、そうでない場合は保険の掛け金は没収される。例えばプレイヤーが最初に$10を賭けており、プレイヤーのカードは8と10、ディーラーの表向きのカードがAであったとする。ここでプレイヤーがインシュアランスを選択した場合、$5を保険の掛け金として追加する。逆にインシュアランスを選択しない場合には追加の掛け金は発生しない。全てのプレイヤーのインシュアランスの意思を確認した後、ディーラーはプレイヤーには見えないようにしてディーラーの裏向きのカードの数字を調べる。ディーラーの裏向きのカードが例えば10の場合にはナチュラル21となる。この時、裏向きだったカードは表向きにされ、プレイヤーの最初の掛け金である$10は没収されるが、インシュアランスの保険金として$10が払い戻され、保険の掛け金$5もプレイヤーに戻る。この場合、プレイヤーの損得は±0である。一方、ディーラーの裏向きのカードが例えば3であり、ナチュラル21ではなかった場合には保険の掛け金である$5は没収され、ディーラーの裏向きのカードは裏返されたままの状態で引き続き通常通りのプレイ(ホールドやヒットの選択)が行われる。このインシュアランスはプレイヤーにとって確率的には不利なオプションだが、多くのカジノでこのオプションは提示される。プレイヤーがナチュラル21の場合は、プレイヤーがインシュアランスを宣言すると同時に最初のベットと同額が配当される(イーブンマネー)。これは、インシュアランスが成功(掛け金に対して引き分けで0倍、保険料に対して2倍で合計して掛け金の1倍の配当)しても失敗(掛け金に対してナチュラルにより1.5倍の配当、保険料は没収で合計して掛け金の1倍の配当)してもトータルの配当は変わらないためである。ディーラーの表向きのカードが10、J、Q、Kのいずれかであればディーラーがナチュラル21である可能性はあるが、この場合にはインシュアランスは宣言できない。

  1. ^ Fontbona, Marc (2008). Historia del Juego en España. De la Hispania romana a nuestros días. Barcelona: Flor del Viento Ediciones. p. 89. ISBN 978-84-96495-30-2. https://www.casadellibro.com/libro-historia-del-juego-en-espana-de-la-hispania-romana-a-nuestros-di-as/9788496495302/1226464 
  2. ^ Depaulis 2009, pp. 238–244.
  3. ^ 日本語ではバストを「ドボン」と言うこともある。
  4. ^ 正しい判断に基づかずに行なった場合はかえって不利になる場合もあり得る。下記「プレイの目安」の項を参照のこと。
  5. ^ ブラックジャック ルール”. 2019年4月17日閲覧。
  6. ^ レインマンのように残りカードを全て記憶出来ればディーラーに対して有利にプレー出来ると解説されることが多いが、残りカードを完全に記憶しても残りカードに基づき厳密に確率計算を行う必要がある。



ブラック・ジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/17 23:18 UTC 版)

ブラック・ジャック』(BLACK JACK)は、手塚治虫による日本漫画作品。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて1973年11月19日号から1978年9月18日号にかけて連載したのち、1979年1月15日号から1983年10月14日号にかけて不定期連載された。全242話。略称は『B・J』[1]


注釈

  1. ^ 「8」は他の単行本同様。「指」・「植物人間」・「快楽の座」は未収録だが、これ以外の全エピソードを収録(第180話「土砂降り」は原典の第179話「メス」を統合する形で収録)し、「大全集」の名に相応しい歴代単行本中最大数のエピソードを収録している。なお「8」はチャンピオンと同じB5判フルサイズ装丁に全てのカラーページ(4色・2色)をフルカラー再現。ほか、連載時の扉絵を完全収録し予告カットや各種資料類も掲載。
  2. ^ 単独の単行本はないが、同著者の「RAY+」に収録された。
  3. ^ 雑誌初出時は「岩明均」名義。
  4. ^ 2015年の第39回で渡辺航の『弱虫ペダル』が同賞を受賞するまで、秋田書店作品の受賞は長らくなかった。
  5. ^ ただし本作の構想には『ゴルゴ13』との構造の類似が指摘されている(呉智英「『ブラック・ジャック』科学もヒューマニズムも信じない神の眼差し」『朝日ジャーナル臨時増刊 手塚治虫の世界』朝日新聞社、1989年)
  6. ^ つのがいは2016年10月に手塚プロ公認の漫画家となった。公認作家としての初仕事は、同年11月に行われた「冨田勲追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』」のために描いた“手塚治虫タッチの初音ミク”である。

出典

  1. ^ “手塚治虫「ブラック・ジャック」消毒用アルコール発売! “コロナ禍の日常を少しでも明るくしたい”想いで実現”. アニメ!アニメ!. (2020年9月13日). https://animeanime.jp/article/2020/09/13/56269.html 2021年3月23日閲覧。 
  2. ^ 「週刊少年チャンピオン突然の黄金期! 元編集長壁村耐三氏インタビュー」『別冊宝島288 70年代マンガ大百科 こんな名作・快作・珍作があったのか!』宝島社、1996年、p122 - p129
  3. ^ 武居俊樹『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』文藝春秋、2005年、p223 - p224
  4. ^ 呉智英「『ブラック・ジャック』科学もヒューマニズムも信じない神の眼差し」『朝日ジャーナル臨時増刊 手塚治虫の世界』朝日新聞社、1989年
  5. ^ 夏目房之介「不死鳥のごとく復活した手塚治虫ー」『別冊宝島288 70年代マンガ大百科 こんな名作・快作・珍作があったのか!』宝島社、1996年、p74 - p76
  6. ^ a b “「ブラックジャック」世界初の”MANGA"のオペラ化、重厚で濃密なステージで深い感動”. アニメ!アニメ!. (2015年9月9日). https://animeanime.jp/article/2015/09/09/24840.html 2021年1月24日閲覧。 
  7. ^ a b BLACK JACK 300STARS' Encyclopedia p.298
  8. ^ 「週刊少年チャンピオン突然の黄金期! 元編集長壁村耐三氏インタビュー」『別冊宝島288 70年代マンガ大百科 こんな名作・快作・珍作があったのか!』宝島社、1996年、p125 - p126
  9. ^ 西村繁男『まんが編集術』白夜書房、1999年、p346 - 347
  10. ^ 手塚眞『天才の息子 ベレー帽をとった手塚治虫』ソニー・マガジンズ、2003年、p136
  11. ^ 『手塚治虫ファンクラブ会報』1号、1979年7月(安藤健二『封印作品の謎』太田出版、2004年、p207 - p208)
  12. ^ 藤原邦夫『出版幻想論』太田出版、1994年、p169
  13. ^ 竹内オサム『戦後マンガ50年史』筑摩書房、1995年、p173
  14. ^ 安藤健二『封印作品の謎』太田出版、2004年、p199 - p200
  15. ^ 『萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか』日経BP社、2006年、p132
  16. ^ 講談社手塚治虫漫画全集『ブラック・ジャック』18巻あとがき
  17. ^ 手塚眞『天才の息子 ベレー帽をとった手塚治虫』ソニー・マガジンズ、2003年、p218
  18. ^ B・J症例検討会『ブラック・ジャック・ザ・カルテ』海拓社、2001年、p32 - p35, p48 - p51およびp58 - p61
  19. ^ 安藤健二『封印作品の謎』太田出版、2004年、p165 - p166
  20. ^ 安藤健二『封印作品の謎』太田出版、2004年、p176 - p182
  21. ^ マンガと差別 - 『マンガ環境・現代風俗〈’93〉』所収
  22. ^ 手塚治虫『ガラスの地球を救え』光文社文庫、1996年、p89 - p94
  23. ^ asahi.com(朝日新聞社):ブラックジャック列伝:4 「宿命のライバル」が競い合う心臓手術 - ブラックジャック列伝 - アピタル(医療・健康)
  24. ^ 手塚マンガにクレーム「ロボトミーを美化」作者・出版元、非を認める『朝日新聞』1977年(昭和52年)1月17日夕刊、3版、7面
  25. ^ 詳細な始末は安藤健二『封印作品の謎 ウルトラセブンからブラック・ジャックまで』(大和書房だいわ文庫、2007年) ISBN 978-4-479-30099-1 第四章 禁じられたオペ―『ブラック・ジャック』第四一話「植物人間」・第五八話「快楽の座」 p201 - p264 を参照する。
  26. ^ a b 秋田書店. “Eleganceイブ 2005年7月号 (2005年5月26日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  27. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2004年12月号 (2004年10月23日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  28. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年1月号 (2004年11月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  29. ^ a b 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年8月特大号 (2005年6月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  30. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年7月号 (2005年5月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  31. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年6月特大号 (2005年4月23日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  32. ^ a b 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年5月超特大号 (2005年3月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  33. ^ a b 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年2月特大号 (2004年12月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  34. ^ a b 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年4月特大号 (2005年2月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  35. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年10月特大号 (2005年8月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  36. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2004年11月号 (2004年9月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  37. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年3月号 (2005年1月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  38. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年9月特大号 (2005年7月23日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  39. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年11月特大号 (2005年9月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  40. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2005年12月特大号 (2005年10月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  41. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2006年1月号 (2005年11月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  42. ^ 秋田書店. “サスペリアミステリー 2006年2月特大号 (2005年12月24日発売号)”. 2013年2月10日閲覧。
  43. ^ ブラック・ジャック 1”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  44. ^ ブラック・ジャック 2”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  45. ^ ブラック・ジャック 3”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  46. ^ ブラック・ジャック 4”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  47. ^ ブラック・ジャック 5”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  48. ^ ブラック・ジャック 6”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  49. ^ ブラック・ジャック 7”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  50. ^ ブラック・ジャック 8”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  51. ^ ブラック・ジャック 9”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  52. ^ ブラック・ジャック 10”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  53. ^ ブラック・ジャック 11”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  54. ^ ブラック・ジャック 12”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  55. ^ ブラック・ジャック 13”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  56. ^ ブラック・ジャック 14”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  57. ^ ブラック・ジャック 15”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  58. ^ ブラック・ジャック 16”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  59. ^ ブラック・ジャック 17”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  60. ^ ブラック・ジャック 18”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  61. ^ ブラック・ジャック 19”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  62. ^ ブラック・ジャック 20”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  63. ^ ブラック・ジャック 21”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  64. ^ ブラック・ジャック 22”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  65. ^ ブラック・ジャック 23”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  66. ^ ブラック・ジャック 24”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  67. ^ ブラック・ジャック 25”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  68. ^ BLACK JACK 1(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  69. ^ BLACK JACK 2(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  70. ^ BLACK JACK 3(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  71. ^ BLACK JACK 4(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  72. ^ BLACK JACK 5(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  73. ^ BLACK JACK 6(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  74. ^ BLACK JACK 7(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  75. ^ BLACK JACK 8(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  76. ^ BLACK JACK 9(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  77. ^ BLACK JACK 10(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  78. ^ BLACK JACK 11(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  79. ^ BLACK JACK 12(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  80. ^ BLACK JACK 13(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  81. ^ BLACK JACK 14(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  82. ^ BLACK JACK 15(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  83. ^ BLACK JACK 16(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  84. ^ BLACK JACK 17(豪華版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  85. ^ BLACK JACK オールカラー版”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  86. ^ BLACK JACK 1(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  87. ^ BLACK JACK 2(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  88. ^ BLACK JACK 3(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  89. ^ BLACK JACK 4(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  90. ^ BLACK JACK 5(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  91. ^ BLACK JACK 6(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  92. ^ BLACK JACK 7(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  93. ^ BLACK JACK 8(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  94. ^ BLACK JACK 9(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  95. ^ BLACK JACK 10(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  96. ^ BLACK JACK 11(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  97. ^ BLACK JACK 12(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  98. ^ BLACK JACK 13(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  99. ^ BLACK JACK 14(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  100. ^ BLACK JACK 15(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  101. ^ BLACK JACK 16(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  102. ^ BLACK JACK 17(秋田文庫版)”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  103. ^ 新装版 ブラック・ジャック 1”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  104. ^ 新装版 ブラック・ジャック 2”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  105. ^ 新装版 ブラック・ジャック 3”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  106. ^ 新装版 ブラック・ジャック 4”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  107. ^ 新装版 ブラック・ジャック 5”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  108. ^ 新装版 ブラック・ジャック 6”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  109. ^ 新装版 ブラック・ジャック 7”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  110. ^ 新装版 ブラック・ジャック 8”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  111. ^ 新装版 ブラック・ジャック 9”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  112. ^ 新装版 ブラック・ジャック 10”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  113. ^ 新装版 ブラック・ジャック 11”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  114. ^ 新装版 ブラック・ジャック 12”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  115. ^ 新装版 ブラック・ジャック 13”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  116. ^ 新装版 ブラック・ジャック 14”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  117. ^ 新装版 ブラック・ジャック 15”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  118. ^ 新装版 ブラック・ジャック 16”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  119. ^ 新装版 ブラック・ジャック 17”. 秋田書店. 2021年3月23日閲覧。
  120. ^ ブラック・ジャック〜黒い医師〜 1”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  121. ^ ブラック・ジャック〜黒い医師〜 2”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  122. ^ ブラック・ジャック〜黒い医師〜 3”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  123. ^ RAY+”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  124. ^ BLACK JACK Treasure Book”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  125. ^ ブラック・ジャック 1(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  126. ^ ブラック・ジャック 2(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  127. ^ ブラック・ジャック 3(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  128. ^ ブラック・ジャック 4(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  129. ^ ブラック・ジャック 5(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  130. ^ ブラック・ジャック 6(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  131. ^ ブラック・ジャック 7(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  132. ^ ブラック・ジャック 8(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  133. ^ ブラック・ジャック 9(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  134. ^ ブラック・ジャック 10(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  135. ^ ブラック・ジャック 11(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  136. ^ ブラック・ジャック 12(手塚治虫文庫全集版)”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  137. ^ ブラック・ジャック B・J×bj”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  138. ^ ブラック・ジャック 〜青き未来〜”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  139. ^ 神の手をもつふたり〜ダーク・エンジェル外伝〜ブラック・ジャック×氷川魅和子”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  140. ^ 眠れぬ夜に読むブラック・ジャック”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  141. ^ 読むだけで幸せになるブラック・ジャック”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  142. ^ ブラック・ジャック ガール”. マイクロマガジン社. 2022年2月20日閲覧。
  143. ^ 異世界ブラック・ジャック”. マイクロマガジン社. 2022年2月20日閲覧。
  144. ^ 手塚治虫 ブラック・ジャック 愛と生のことば”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  145. ^ ブラック・ジャック画集 ALL of BLACK JACK by OSAMU TEZUKA”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  146. ^ BLACK JACK ザ・コンプリート・ダイジェスト”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  147. ^ ブラック・ジャック語録 心の傷を治す99の言葉”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  148. ^ ブラック・ジャックが告発するホスピタル・クライシス”. 講談社. 2021年3月24日閲覧。
  149. ^ 手塚治虫医療短編集 Another side of BLACK JACK”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  150. ^ 手塚治虫「ブラック・ジャック」40周年アニバーサリー! あなたが選ぶ「ブラック・ジャック」ベスト40”. 秋田書店. 2021年3月24日閲覧。
  151. ^ 手塚治虫 ドラマシアター Ⅲ
  152. ^ 手塚治虫 ドラマシアター Ⅳ
  153. ^ 手塚治虫 ドラマシアター Ⅴ
  154. ^ 漫劇!! 手塚治虫 第一巻 The Fusion of Comics & Theater
  155. ^ 漫劇!! 手塚治虫 第二巻 The Fusion of Comics & Theater
  156. ^ 漫劇!! 手塚治虫 第三巻 The Fusion of Comics & Theater
  157. ^ 漫劇!! 手塚治虫 第四巻The Fusion of Comics & Theater
  158. ^ “「歌劇ブラック・ジャック」長谷川寧の新演出で再演、宮川彬良が自ら伴奏”. ステージナタリー. (2016年6月27日). http://natalie.mu/stage/news/192172 2016年6月27日閲覧。 
  159. ^ ブラックジャックのお天気ドクター
  160. ^ 手塚治虫Mマガジン(インターネットアーカイブ、2014年8月11日) - http://mmaga.jp/
  161. ^ 手塚治虫Mマガジン - コンテンツ一覧(ブラック・ジャック)(インターネットアーカイブ、2013年10月28日) - http://mmaga.jp/list_html
  162. ^ 手塚治虫マガジン倶楽部(インターネットアーカイブ、2019年9月23日) - http://tezukaosamumagazineclub.com/
  163. ^ 呉智英「『ブラック・ジャック』科学もヒューマニズムも信じない神の眼差し」『朝日ジャーナル臨時増刊 手塚治虫の世界』朝日新聞社、1989年
  164. ^ ブラック・ジャックが問うた未来 手塚治虫没後25年 特別対談 渡邊剛×手塚眞”. 日経ビジネスオンライン. 日経BP社 (2014年2月4日). 2014年2月9日閲覧。
  165. ^ 『朝日新聞』2003年6月26日号
  166. ^ “ALS患者嘱託殺人事件で医師2人を起訴、単独犯ではなく共謀の謎”. ASCII.jp. (2020年8月21日). https://ascii.jp/elem/000/004/023/4023908/ 2021年3月23日閲覧。 
  167. ^ 手塚るみ子が語る、手塚治虫と冨田勲。本人亡き後に成すべきこと”. CINRA.NET (2016年10月31日). 2017年1月26日閲覧。
  168. ^ 手塚るみ子Twitter 2017年1月22日付






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブラックジャック」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブラックジャックのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブラックジャック (改訂履歴)、ブラック・ジャック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS