フィフティ・シェイズ・ダーカー (映画) マーケティング

フィフティ・シェイズ・ダーカー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/05 05:21 UTC 版)

マーケティング

2016年9月15日、ユニバーサル・ピクチャーズは本作のファースト・トレイラーを公開した。それはFacebookInstagramYoutubeのようなメディアを媒介にして拡散され、公開後24時間でのべ1億1400万人がトレイラーを視聴した。この数字は2015年10月に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の予告編が記録した、公開後24時間で1億1200万人が視聴という最高記録を更新するものであった[33]。なお、本作の記録は、同年11月に『美女と野獣』のセカンド・トレイラー(公開後24時間で1億2760万人が視聴)によって更新された[34]

レイティング

2016年11月10日、前作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』と同様に、MPAAは「強烈な性的描写とヌードシーン及び性的な言語の使用」を理由に本作をR指定(17歳未満の観賞は保護者の同伴が必要)とした[35]

カナダでは、ケベック州を除く全ての州が、性的描写を理由に本作を18A指定とした[36][37][38][39][40]。ケベック州は他の州とは異なるレイティングシステムを採用しており、本作には16+指定がなされた[41]イギリスでは、性描写を理由に、"18 certificate"指定(18歳未満視聴 非推奨)となった。

フィリピンでは、性描写を理由に、本作にR18指定(18歳未満視聴禁止)がなされた[42]

興行収入

北米市場において、本作は『レゴバットマン ザ・ムービー』及び『ジョン・ウィック:チャプター2』と同じ週に公開されることとなり、公開初週末に3200万ドルから4000万ドルを稼ぎ出すと予想された[43]。木曜日のレイトショーにおいて、本作は3120館での上映から572万ドルを稼ぎ出したが、この数字は前作の860万ドルを大きく下回るものであった[44]。2017年2月10日、本作は全米3710館で封切られ、公開初週末に4660万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場2位となった[45]

本作は北米市場と同じ週に世界57カ国で封切られ、公開初週末に1億1500万ドルから1億5500万ドルを稼ぎ出すと予想されていたが、実際の数字はそれを下回る9780万ドルであった[2]。とはいえ、この数字はR指定の映画としては上々の数字である。本作はドイツ、イギリス、フランスブラジルイタリアロシア連邦で公開初週に週末興行収入ランキング1位となった[46]

評価

前作と同様、本作は脚本とドーナンの演技のために酷評に晒された[47]。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには162件のレビューがあり、批評家支持率は10%、平均点は10点満点で3.3点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「物語に観客を満足させられるほどの葛藤がない、もしくは、演技のケミストリーが十分ではないが故に、『フィフティ・シェイズ・ダーカー』は性的に倒錯した作品であろうとしているにも拘わらず、どこかもたついており、性的倒錯の罰の側面しか表現できていない。」となっている[48]。また、Metacriticには39件のレビューがあり、加重平均値は33/100となっている[49]。なお、本作のシネマスコアはB+となっている[46]

シカゴ・サンタイムズ』のリチャード・ローパーは本作に4つ星評価で2つ星を与え、「この作品は見栄えがよく、時折扇情的だが、大部分は薄っぺらくて退屈である。居眠りをしてしまうの無理はない」と述べた[50]。アップロックスのヴィンス・マンシーニは「物語に纏まりが欠けるのは一旦脇に置く。原作ファンでもない人間が『フィフティ・シェイズ・ダーカー』を鑑賞すると、変わった体験ができる。セックスシーンの上映中にうめき声を漏らしたり、何かを叫んだりしている観客によって、その体験は奇妙かつ愉快なものになる。実のところ、私は物語がよく理解できなかった。しかし、観客の皆さんが楽しんで鑑賞していたので、私も楽しい気分になった。尤も、第3作目の鑑賞は苦しいものになるかもしれないが。」と評している[51]

ニューヨーク・タイムズ』のマノーラ・ダーギスは「困難な立場であることを承知しつつも、私は本作におけるダコタ・ジョンソン氏の演技を評価する立場に立つ。本作のストーリーはアナスタシア・スティールとクリスチャン・グレイ―彫刻のように鍛え上げられた肉体や高価なセックス用器具を有し、心の闇を抱えた青年実業家―がくっついたり離れたりする様子を描き出している。予想できたことと突拍子もないことの双方が劇中で起きた。つまり、銃弾が放たれ、レイプ未遂犯が罰を受け、アナスタシアが手足を縛られるような事態が生じたのである。アナスタシアは進んだり退いたり(同じことを繰り返したり)しており、小さな声で泣いたり大声を上げて泣いたりしている。また、クリスチャンがベッドルームの外で自分を支配しようとするたびに、アナスタシアは驚愕の表情を見せている。これはストーカー的な振る舞いである。」と困惑した様子でレビューを執筆している[52]

ザ・ニューヨーカー』のリチャード・ブロディは「ダグラス・サーク監督の『心のともしび』のように、ハリウッドが生み出したメロドラマの傑作の中には、『フィフティ・シェイズ・ダーカー』以上の不条理性―それは時に過剰さすら覚える―をストーリーに盛り込んでいた。ベッドルームで行われることを描写するのを異常なほど控えていた時代において、過剰なまでの技巧は極端なアイデアと感情を表現するための土台を形成した。現代において、性的なものを表現する自由は、個性の領域と想像力と密接に結びついた領域を生み出した。『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』はその2つを表現していたが、『フィフティ・シェイズ・ダーカー』は2つを無視しているに等しい。この作品は登場人物のアイデンティティや葛藤、欲望に無関心である。そのことが映画という表現媒体への無関心と一致しているのである。『フィフティ・シェイズ』シリーズの非人格化はグロテスクである。ポルノグラフィーの要素は性行為の描写にはないが、登場人物たちやその人間関係を描写するときに現れている。(中略)。優秀な監督であっても、本作の欠点を修正することはできないだろう。」と評している[53]


  1. ^ フィフティ・シェイズ・ダーカー”. 2017年6月20日閲覧。
  2. ^ a b ‘Lego Batman’ Will Tie Down Christian Grey In U.S., But ‘Fifty Shades’ Will Smack DC Hero Around The World: Box Office Preview”. 2017年6月20日閲覧。
  3. ^ Fifty Shades Darker”. 2017年6月20日閲覧。
  4. ^ キネマ旬報』2018年3月下旬 映画業界決算特別号 p.52
  5. ^ フィフティ・シェイズ・ダーカー [4K ULTRA HD + Blu-rayセット]”. 2017年8月18日閲覧。
  6. ^ Universal Pictures And Focus Features Win 'Fifty Shades Of Grey'”. 2017年6月20日閲覧。
  7. ^ ‘Fifty Shades Darker’ Movie Rumors: '50 Shades Of Grey’ Producer Talks Possible Sequel”. 2017年6月20日閲覧。
  8. ^ 'Fifty Shades Of Grey' Sequels Confirmed; Fans React To 'Fifty Shades Darker' And 'Fifty Shades Freed' Movie Announcement”. 2017年6月20日閲覧。
  9. ^ Sam Taylor-Johnson on 50 Shades of Grey sequel: 'It's not my decision'”. 2017年6月20日閲覧。
  10. ^ ‘Fifty Shades Of Grey’ Director Sam Taylor-Johnson Formally Splits From Franchise”. 2017年6月20日閲覧。
  11. ^ The Rumors Were True: Mike De Luca Leaves Sony To Produce ‘Fifty Shades’ Sequels”. 2017年6月20日閲覧。
  12. ^ Sam Taylor-Johnson Will Not Direct ‘Fifty Shades Darker’”. 2017年6月20日閲覧。
  13. ^ a b Niall Leonard, Husband Of ‘Fifty Shades’ Author, Writing Sequel”. 2017年6月20日閲覧。
  14. ^ Universal's Donna Langley: 'Fifty Shades' Sequel Will Be "More of a Thriller"”. 2017年6月20日閲覧。
  15. ^ ‘Fifty Shades Darker’ Movie Cast Updates: Charlize Theron And Henry Cavill Confirmed For Sequel?”. 2017年6月20日閲覧。
  16. ^ James Foley Frontrunner To Direct ‘Fifty Shades Of Grey’ Sequel For Universal”. 2017年6月20日閲覧。
  17. ^ ‘Fifty Shades of Grey’ Sequels to Shoot Back to Back, James Foley to Direct Both (Exclusive)”. 2017年6月20日閲覧。
  18. ^ Kim Basinger to Play Christian Grey’s Former Lover in ‘Fifty Shades Darker’ (EXCLUSIVE)”. 2017年6月20日閲覧。
  19. ^ ‘Fifty Shades Darker’ Adds Bella Heathcote as Christian Grey’s Ex”. 2017年6月20日閲覧。
  20. ^ ‘Fifty Shades Darker’ Adds ‘The Knick’s’ Eric Johnson as Christian Grey’s Rival (EXCLUSIVE)”. 2017年6月20日閲覧。
  21. ^ ‘Fifty Shades Darker’ Adds Robinne Lee and Fay Masterson”. 2017年6月20日閲覧。
  22. ^ ‘Teen Wolf’ Star Tyler Hoechlin Joins ‘Fifty Shades Darker’ (Exclusive)”. 2017年6月20日閲覧。
  23. ^ 'Fifty Shades Darker' Adds Hugh Dancy (Exclusive)”. 2017年6月20日閲覧。
  24. ^ ‘Fifty Shades of Grey 2’ begins filming in Vancouver in June”. 2017年6月20日閲覧。
  25. ^ Fifty Shades Darker: Dakota Johnson confirms filming dates?”. 2017年9月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年6月20日閲覧。
  26. ^ ‘Fifty Shades Darker’ will begin filming in Vancouver in February”. 2017年6月20日閲覧。
  27. ^ ‘Fifty Shades of Grey’ Sequels to Shoot Back-to-Back”. 2017年6月20日閲覧。
  28. ^ 'Fifty Shades Darker' to Shoot in Paris as Filming Rebounds After Attacks”. 2017年6月20日閲覧。
  29. ^ ‘Fifty Shades Darker’ Movie 2016 Production Schedule, Location And Possible Smaller Budget Revealed”. 2017年6月20日閲覧。
  30. ^ 'Fifty Shades Darker' Starts Filming After Delay Getting '50 Shades Of Grey' Sequel To Screens?”. 2016年8月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年6月20日閲覧。
  31. ^ On the Set for 4/15/16: Idris Elba Starts Shooting ‘The Dark Tower’, James Cameron Rolls Cameras on ‘Avatar 2’, ‘Fifty Shades Darker’ Finishes Production”. 2016年4月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年6月20日閲覧。
  32. ^ 'Fifty Shades Darker' theme song: Taylor Swift and Zayn release song”. 2017年6月20日閲覧。
  33. ^ 'Fifty Shades Darker' Dethrones 'The Force Awakens' as Most Viewed Trailer in First 24 Hours”. 2017年6月20日閲覧。
  34. ^ 'Beauty and the Beast' Dethrones 'Fifty Shades Darker' as Most Viewed Trailer in 24 Hours”. 2017年6月20日閲覧。
  35. ^ Fifty Shades Darker Avoids NC-17 Rating: Sequel Rated R for Graphic Nudity and Sexual Content”. 2017年6月20日閲覧。
  36. ^ FIFTY SHADES DARKER”. 2017年6月20日閲覧。
  37. ^ FIFTY SHADES DARKER”. 2017年6月20日閲覧。
  38. ^ Fifty Shades Darker”. 2017年2月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年6月20日閲覧。
  39. ^ FIFTY SHADES DARKER”. 2017年2月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年6月20日閲覧。
  40. ^ Fifty Shades Darker”. 2017年6月20日閲覧。
  41. ^ Cinquante nuances plus sombres”. 2017年6月20日閲覧。
  42. ^ Uncut 'Fifty Shades Darker' gets R-18 PH rating”. 2017年6月20日閲覧。
  43. ^ ‘Fifty Shades Darker’ Poised To Submit To ‘Lego Batman’: Pre-Valentine’s Day Weekend B.O. Forecast”. 2017年6月20日閲覧。
  44. ^ 'LEGO Batman', 'Fifty Shades Darker' & 'John Wick 2' Set to Light Up the Weekend Box Office”. 2017年6月20日閲覧。
  45. ^ February 10-12, 2017”. 2017年6月20日閲覧。
  46. ^ a b 'LEGO Batman' Tops 'Fifty Shades Darker' & 'John Wick 2' With $55.6 Million”. 2017年6月20日閲覧。
  47. ^ Here’s What Critics Have to Say About Fifty Shades Darker”. 2017年6月20日閲覧。
  48. ^ Fifty Shades Darker (2017)”. 2017年6月20日閲覧。
  49. ^ Fifty Shades Darker (2017)”. 2017年6月20日閲覧。
  50. ^ ‘Fifty Shades Darker’ a little better but still dull, dumb”. 2017年6月20日閲覧。
  51. ^ An Outsider Attempts To Understand ‘Fifty Shades Darker’”. 2017年6月20日閲覧。
  52. ^ Review: ‘Fifty Shades Darker,’ and Only Half as Watchable”. 2017年6月20日閲覧。
  53. ^ “Fifty Shades Darker”: Not Even the Sex Has Personality”. 2017年6月20日閲覧。
  54. ^ Universal Dates ‘Fifty Shades’ Sequels, ‘Furious 8’; ‘Pacific Rim 2’, ‘Mummy’ Moved Back — CinemaCon Update”. 2017年6月20日閲覧。


「フィフティ・シェイズ・ダーカー (映画)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フィフティ・シェイズ・ダーカー (映画)」の関連用語

フィフティ・シェイズ・ダーカー (映画)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フィフティ・シェイズ・ダーカー (映画)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフィフティ・シェイズ・ダーカー (映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS