タバコ 栽培

タバコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/26 18:26 UTC 版)

栽培

たばこ畑(関東地方 6月
伊江島のタバコ畑

品種

先述のように喫煙用の葉タバコの主な栽培種には Nicotiana tabacum(ニコチアナ・タバカム)と Nicotiana rustica(ニコチアナ・ルスチカ) の2種がある[11][12]

葉タバコの主な品種にはNicotiana tabacum 種(ニコチアナ・タバカム)に属する黄色種とバーレー種、さらにオリエント種などがあり、世界の生産量は黄色種が約6割、バーレー種が1割強、オリエント種が1割弱、残り2割が在来種とその他品種となっている[11][12]

  • 黄色種 - 葉は肉厚で鮮明な黄色を呈しており還元糖の糖含量が高い品種[11][12]。温帯地域を中心に世界でも最も多く栽培されている品種[11][12]
  • バーレー種 - 葉肉は薄く乾燥した葉は褐色[11][12]。黄色種よりも冷涼な地域で栽培されている品種[11][12]
  • オリエント種 - 草丈が低く葉も小さい品種[11][12]。主に地中海性気候の石灰岩地帯で栽培され、日本ではほとんど栽培されていない[11][12]

葉タバコの栽培ステージは発芽期、育苗期、茎葉展開期、開花摘芯期、葉肥大期、成熟収穫期からなる[11]。なお、ナス科の植物なので同じ畑で連続して栽培すると連作障害を起こし収量が減る。

発芽期〜育苗期

タバコの種子は直径約0.5㎜と非常に小さく粗挽きのコーヒー粉に似ている[11][12]。非常に微細で初期成長も緩慢なため、圃場に直播きせず、ビニールハウス内の親床で育苗してから定植する[11][12]。種子には土が被らないようにし、24~27°Cに保温して水をまき湿潤環境を保てば7~10日で発芽する[11]

発芽から定植までの期間を育苗期といい、発芽20~25日後に親床または育苗箱から健壮な苗を選んで「子床」に移し育苗してから定植する方法と、最初から苗床に播種して7~8枚の葉が展開するまで育てて圃場に定植する方法がある[11]

茎葉展開期〜開花摘芯期

定植7~10日後に苗が活着すると茎葉展開期となって生育が早くなり、50~60日後には茎の先端部分に花枝が現れ開花期に入る[11]。しかし、葉に充分な栄養を行き渡らせる必要があるため、開花直後に「心止め」と呼ばれる花枝を含む花全体を摘み取る摘芯作業を行う[11][12]

葉肥大期〜成熟収穫期

摘芯後は葉肥大期と呼ばれ腋芽を随時に摘み取りながら葉の成長を促すと上部の葉が大きく厚く成長する[11]

葉が成熟して黄色に変化し始めると成熟収穫期となる[11]。黄色種では成熟の進行が始まる下位葉から順次着位別(下葉、中葉、合葉、本葉、上葉)に4~5回に分け収穫する[11]。バーレー種も下位葉から順次収穫するが、最後の10数枚の本葉と上葉は茎についたまま幹刈り収穫を行なう[11]

葉たばこ栽培における乾燥は、タンパク質やでんぷんなどがアミノ酸や糖に分解される重要な工程で、葉たばこの種類により乾燥方法は異なる[12]


  1. ^ a b c d e f g h i j k 佐竹元吉 監修『日本の有毒植物』<フィールドベスト図鑑> 学研教育出版 2012年、ISBN 9784054052697 p.192.
  2. ^ 田中正武. “タバコ(煙草)”. 日本大百科全書(ニッポニカ)(コトバンク). 2019年5月26日閲覧。
  3. ^ Tobacco Facts
  4. ^ Linnaeus, Carolus (1753) (ラテン語). Species Plantarum. Holmia[Stockholm]: Laurentius Salvius. p. 180. https://www.biodiversitylibrary.org/page/358199 
  5. ^ 馬場良二「ポルトガル語からの外来語」『国文研究』第53巻、熊本県立大学日本語日本文学会、2008年5月、120(1)-111(10)、NAID 120006773363 
  6. ^ 『日本国語大辞典』第2版「たばこ」の語誌に載せられた諸説を参照
  7. ^ Robert K. Barnhart, ed. (1988), “tobacco”, Chambers Dictionary of Etymology, Chambers, pp. 1146-1147, ISBN 0550142304 
  8. ^ 川床邦夫『中国たばこの世界』<東方選書> 東方書店 1999年、ISBN 9784497995681 pp.2-4.
  9. ^ “タバコに放射性物質含有、製造企業は事実公表せず、厚労省が検証へ…体内被ばくや発がんも”. サイゾー. (2014年5月16日). http://topics.jp.msn.com/wadai/cyzo/article.aspx?articleid=4396358 2014年5月19日閲覧。 
  10. ^ タバコ”. 神戸薬科大学. 2023年5月31日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 「肥料施用学」タバコ”. BSI 生物科学研究所. 2022年1月13日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l たばこができるまで 栽培”. JT 日本たばこ産業. 2022年1月13日閲覧。
  13. ^ ヨーロッパと「たばこ」の関わり スペインと「たばこ」”. JTウェブサイト. 2023年5月31日閲覧。
  14. ^ 進めたい,日本のたばこ対策(鼎談)”. www.med.or.jp. 2023年5月31日閲覧。
  15. ^ 其の七 たばこ屋の女房は血止めほどまける”. JTウェブサイト. 2023年5月31日閲覧。
  16. ^ タバコ:武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園”. www.takeda.co.jp. 2023年5月31日閲覧。
  17. ^ NPO法人平戸観光ウェルカムガイド『平戸検定公式テキストブック』49〜50ページ。
  18. ^ 丸山知雄ほか『タバコ産業の政治経済学』 昭和堂 2021年、ISBN 9784812220245 p.34.
  19. ^ 日本たばこ産業 (JT) ウェブサイト内 たばこ旅日和 「長崎県『煙草初植地の石碑』」
  20. ^ a b c d e f g h i j k 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)


「タバコ」の続きの解説一覧




タバコと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タバコ」の関連用語

タバコのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



タバコのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタバコ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS