アーノルド・シュワルツェネッガー ボディビルの経歴

アーノルド・シュワルツェネッガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/11 23:59 UTC 版)

ボディビルの経歴

ボディビルダー時代のシュワルツェネッガー(1974年)

シュワルツェネッガーはボディビルダーとしてその名が広く知られ、ボディービルの知名度の向上に非常に大きく貢献した点などで、ボディビルの歴史においても特に重要な人物と見なされている。

始めたきっかけはスティーヴ・リーヴスの主演映画を見て、あこがれたことによる。その鍛え抜かれた肉体は「オーストリアン・オーク(オーストリアの樫の木)」の愛称をもたらし、ジュニア・ミスター・ヨーロッパ、ミスター・ワールド、5回のミスター・ユニバースなどのタイトルを得ている。

特筆すべきはミスター・オリンピア(ボディビルディングの世界最高峰)での活躍であり、とくにシュワルツェネッガーとその他の選手のオリンピアまでの道のりと、戦いを映したドキュメンタリー『パンピング・アイアン』はボディビル人気に一気に火をつけ、同時にゴールドジムを一躍世界最大のジムにまで成長させた。

オリンピアでの戦績の面でもほぼ無敗という記録を持っており、セルジオ・オリバに唯一敗北しているもののそれ以降はまさしく無敗であり、連続して6連勝という記録を作り上げた。1978年には「世界で最も筋肉が発達した男」としてギネスブックに掲載された[26]

1980年以降ボディビルの大会に選手としては出場していないものの、おもにボディビルの知名度を上げるための活動に力を入れており、カリフォルニア州知事となったあともオリンピアなどに顔を出し、とくに自身の共同主催するアーノルド・クラシックにはどれほど忙しくても毎年必ず出席している。

その後、いったんは俳優業に移るものの、1980年に突如としてボディビルに復帰した。この復帰はかなり突然のものであり、ほかのオリンピア出場者が飛行機で乗りあった際も映画の撮影であると思われていたといわれている。この大会において優勝7回という大きな記録を作り上げたが、事前に審査委員がシュワルツェネッガーと親しい人物と変わっていたり、明らかに体の仕上がりが甘い、映画の宣伝を兼ねた勝利だとの声も上がり、疑惑が残ったままの勝利と大論争を巻き起こすこととなった。この際に、優勝を確信されていたマイク・メンツァーはその後もシュワルツェネッガーと険悪な関係が続いた。

達成した合計7回の優勝という記録は、リー・ヘイニーが1991年に、ロニー・コールマン2005年にともに連続8連覇を成し遂げるまで破られなかった。また連続という点では、ドリアン・イエーツ1997年に連続6連覇を成し遂げている。ちなみにロニー・コールマンへのトロフィー授与の際にはシュワルツェネッガー自身も立ち会った。

その業績は毎年開催されるアーノルド・クラシック・ボディビル大会やミスターオリンピアにて称えられる。現在[いつ?]もマッスルアンドフィットネス等、フィットネス関連の雑誌にトレーニング理論の記事を執筆中。2013年よりボディビル雑誌の編集長に就任した[27]

大麻とステロイドの使用
ボディビルの知名度向上および肉体派俳優として大きな成功を手にしたシュワルツェネッガーのアナボリックステロイドの使用は論争を巻き起こした。1977年に製作された『パンピング・アイアン(鋼鉄の男)』というドキュメンタリーにおいて、ボディビルダー時代にステロイド大麻を使用していたと告白している。
肉体作りのために使用していたステロイドについては、使用していたことについての後悔はまったくないと述べ、大麻の使用については、GQ誌でこのことに言及された際に「大麻は麻薬じゃない」と述べた[28]が、シュワルツェネッガーの報道官は「単なる冗談」だったとして弁解している[29]

注釈

  1. ^ 代表的な例では、『ラスト・アクション・ヒーロー』の作中で、シュワルツェネッガーという俳優が存在しない劇中の映画内のパラレルワールドでは、代わりにスタローンが主演した「ターミネーター2」が公開されているという、ギャグシーンがある。

出典

  1. ^ Arnold Schwarzenegger at University of Houston Commencement: 'None of Us Can Make It Alone'”. Time. 2021年4月6日閲覧。
  2. ^ シュワルツェネッガー、アニメ番組のヒーロー“ガバネーター”に : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2021年4月6日閲覧。
  3. ^ シュワルツェネッガーさんが9分の動画でロシアの人たちに訴えた。抗議の市民へ「勇気を見ている」”. ハフポスト WORLD (2022年3月18日). 2022年4月1日閲覧。
  4. ^ tonygentilcorefanpage (2014年5月28日). “Lift Heavy To Build Muscle Like Arnold Schwarzenegger” (英語). Bodybuilding.com. 2021年4月6日閲覧。
  5. ^ 50 years of the Mr Olympia | MUSCLE INSIDER”. muscleinsider.com. 2021年4月6日閲覧。
  6. ^ Arnold Schwarzenegger - The Greatest Bodybuilder Ever - IllPumpYouUp.com”. web.archive.org (2015年9月5日). 2021年4月6日閲覧。
  7. ^ Ebert, Roger. “Red Heat movie review & film summary (1988) | Roger Ebert” (英語). https://www.rogerebert.com/. 2021年4月6日閲覧。
  8. ^ Keslassy, Elsa (2019年10月14日). “Alibaba’s Youku Boards ‘Stan Lee’s Superhero Kindergarten’ With Arnold Schwarzenegger” (英語). Variety. 2021年4月6日閲覧。
  9. ^ KURTZMAN, LAURA (2007年1月5日). “Schwarzenegger Sworn in for Second Term” (英語). ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/05/AR2007010501386.html 2021年4月6日閲覧。 
  10. ^ シュワルツェネッガー、10年越し離婚成立 4億ドル財産を折半”. サンスポ (2021年12月31日). 2022年6月15日閲覧。
  11. ^ a b “Arnold Schwarzenegger: Biography”. Schwarzenegger.com. オリジナルの2017年12月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171231002431/http://schwarzenegger.com/bio 2017年12月31日閲覧。 
  12. ^ Rechcigl Jr., Miloslav (2007). Czech It Out: Czech American Biography Sourcebook. ISBN 9781504920711. https://books.google.com/books?id=9uhMCgAAQBAJ&q=arnold&pg=PT118 
  13. ^ Miloslav Rechcigl Jr. (2016). Encyclopedia of Bohemian and Czech-American Biography, Volym 2. Bloomington, Indiana: AuthorHouse. ISBN 978-1524620691. https://books.google.com/books?id=cIKQDQAAQBAJ&q=arnold+schwarzenegger+czech&pg=PT47 
  14. ^ a b c "Slovenka vypátrala skutočný pôvod akčného hrdinu: Žiadny Schwarzenegger, ale Arnold Mach!"(スロバキア女性がアクションヒーローの真の起源をたどる=シュワルツェネッガーではなく、アーノルド・マフ!)”. ノヴィーチャス紙(スロバキア). 2020年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月23日閲覧。
  15. ^ a b Conan the Bohemian: Arnold Schwarzenegger's Czech roots confirmed”. The Prague Reporter. 2020年12月23日閲覧。
  16. ^ a b “Arnie: 'I was abused as child'”. The Scotsman (Edinburgh). (2004年8月4日). オリジナルの2010年8月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100818225021/http://news.scotsman.com/arnoldschwarzenegger/Arnie-I-was-abused-as.2551492.jp 2008年4月18日閲覧。 
  17. ^ “Surprised by Russia: 5 things that charmed Arnold Schwarzenegger in Moscow”. Russia Beyond. (2018年2月20日). オリジナルの2018年7月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180718030522/https://www.rbth.com/lifestyle/327632-surprised-by-russia-schwarzenegger 2018年7月17日閲覧。 
  18. ^ a b Brooks, Xan (2003年8月8日). “The Governator”. The Guardian (London). オリジナルの2013年8月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130827055648/http://www.theguardian.com/film/2003/aug/08/usa.politicsandthearts 2007年4月19日閲覧。 
  19. ^ “Records: Arnold's father was member of Nazi storm troops”. USA Today. (2003年8月24日). オリジナルの2011年5月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110522170405/http://www.usatoday.com/news/politicselections/2003-08-24-arnold-father_x.htm 2017年8月24日閲覧。 
  20. ^ @Schwarzenegger (2021年1月10日). "My message to my fellow Americans and friends around the world following this week's attack on the Capitol" (ツイート). Twitterより2021年7月15日閲覧
  21. ^ “Ask Arnold”. Schwarzenegger.com. オリジナルの2008年5月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080523203926/http://www.schwarzenegger.com/en/news/askarnold/news_askarnold_eng_legacy_444.asp?sec=news&subsec=askarnold 2008年4月18日閲覧。 
  22. ^ a b Andrews, Nigel (2003). True Myths of Arnold Schwarzenegger. Bloomsbury. ISBN 978-1-58234-465-2. https://archive.org/details/truemythslifetim0000andr 
  23. ^ Herman, Eric (2003年8月11日). “Ah-nold in cross hairs Rivals blast Calif. front-runner”. Daily News (New York). オリジナルの2012年10月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121026214348/http://www.nydailynews.com/archives/news/ah-nold-cross-hairs-rivals-blast-calif-front-runner-article-1.522414 2012年8月20日閲覧。 
  24. ^ Leigh, Wendy (1990). Arnold: An Unauthorized Biography. Pelham. ISBN 978-0-7207-1997-0 
  25. ^ Arnold Schwarzenegger: Mr. Olympia – 1970–1975, 1980”. BodyBuild.com. 2008年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月18日閲覧。
  26. ^ Arnold Schwarzenegger tribute to best friend bodybuilder Franco Columbu” (英語). News | The CEO Magazine (2019年9月3日). 2019年11月15日閲覧。
  27. ^ “アーノルド・シュワルツェネッガー、ボディビル雑誌の編集長に就任”. シネマトゥデイ. (2013年3月4日). https://www.cinematoday.jp/news/N0050797 2013年3月22日閲覧。 
  28. ^ アーノルド・シュワルツェネッガー、「マリファナは麻薬じゃない」 NCR2 Mon, Oct 29th, 2007
  29. ^ シュワルツェネッガー知事、マリファナ発言は「冗談」 NCR2 Tue, Oct 30th, 2007
  30. ^ a b “Profile: Arnold Schwarzenegger” (英語). (2004年8月31日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/3131155.stm 2021年4月6日閲覧。 
  31. ^ Schwarzenegger.com - News - Ask Arnold”. web.archive.org (2008年5月23日). 2021年4月6日閲覧。
  32. ^ “Profile: Arnold Schwarzenegger” (英語). (2004年8月31日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/americas/3131155.stm 2021年4月6日閲覧。 
  33. ^ Film Encyclopedia. HarperCollins. Katz, Ephraim. (2006) 
  34. ^ Empire Reviews Central - Review of EMPIRE ESSAY: The Terminator”. web.archive.org (2007年9月27日). 2021年4月6日閲覧。
  35. ^ “Profile: Arnold Schwarzenegger” (英語). (2004年8月31日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/americas/3131155.stm 2021年4月6日閲覧。 
  36. ^ Schwarzenegger Orchestrated a Legendary Hollywood Troll” (英語). /Film (2017年10月9日). 2021年4月6日閲覧。
  37. ^ Herald-Journal - Google ニュース アーカイブ検索”. news.google.com. 2021年4月6日閲覧。
  38. ^ Eugene Register-Guard - Google ニュース アーカイブ検索”. news.google.com. 2021年4月6日閲覧。
  39. ^ a b http://www.cinematoday.jp/page/A0003871
  40. ^ https://www.cinemacafe.net/article/2020/10/26/69627.html
  41. ^ http://www.werde.com/movie/interview/end_of_days.html
  42. ^ Terminator 3: Rise of the Machines”. Box Office Mojo. 2021年4月6日閲覧。
  43. ^ Arnold downplays a Terminator Salvation cameo | SCI FI Wire”. web.archive.org (2009年3月13日). 2021年4月6日閲覧。
  44. ^ McG”. web.archive.org (2009年5月1日). 2021年4月6日閲覧。
  45. ^ Schwarzenegger: "Ich lese gerade drei Drehbücher"” (ドイツ語). Kronen Zeitung. 2021年4月6日閲覧。
  46. ^ Arnold Schwarzenegger Halts Acting Projects” (英語). PEOPLE.com. 2021年4月6日閲覧。
  47. ^ Andreeva, Nellie (2018年2月6日). “Arnold Schwarzenegger To Topline ‘Outrider’ Western TV Series In Works At Amazon” (英語). Deadline. 2021年4月6日閲覧。
  48. ^ Hale, Mike (2017年1月3日). “With Schwarzenegger as Host, ‘Celebrity Apprentice’ Lacks Old Bite” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2017/01/03/arts/television/schwarzenegger-celebrity-apprentice-donald-trump.html 2021年4月6日閲覧。 
  49. ^ シュワちゃん長女が酷評「パパって演技が下手よね」”. 女性自身 (2011年10月28日). 2021年3月3日閲覧。
  50. ^ http://www.cdvnet.jp/modules/column/index.php/sep17/osugi/p3.php
  51. ^ Top Ten Money Making Stars Poll
  52. ^ https://www.cinematoday.jp/news/N0049567
  53. ^ https://web.archive.org/web/20220308174405/https://getnews.jp/archives/1362453
  54. ^ https://web.archive.org/web/20180904121138/http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=6&ai_id=201549
  55. ^ https://www.cinematoday.jp/news/N0112147
  56. ^ https://toyokeizai.net/articles/-/316541
  57. ^ https://business.nikkei.com/atcl/report/16/030800018/111400548/
  58. ^ Noonan, Peggy (October 14, 2003). What I Saw at the Revolution: A Political Life in the Reagan Era. New York: Random House. p. 384. ISBN 978-0-8129-6989-4.
  59. ^ http://www.geocities.co.jp/Beautycare/8826/SYUWA.html
  60. ^ “ジェームズ・キャメロン、シュワちゃんのシンクタンクに参加”. 映画.com. (2012年9月19日). https://eiga.com/news/20120919/13/ 2013年3月22日閲覧。 
  61. ^ シュワルツェネッガーさん「全ては嘘から始まった」。議会襲撃とナチス重ねたスピーチが胸を打つ【全文】”. ハフポスト (2021年1月12日). 2021年1月18日閲覧。
  62. ^ シュワ氏、「トランプ氏は最悪の大統領」 議会乱入をナチスに例える”. AFPBB News (2021年1月11日). 2021年1月18日閲覧。
  63. ^ https://www.cinematoday.jp/news/N0046949
  64. ^ https://japan.techinsight.jp/2012/09/yokote2012092921080.html
  65. ^ “シュワちゃん、離婚声明を発表 妻のマリア・シュライヴァーさんとはすでに別居”. シネマトゥデイ. (2011年5月10日). https://www.cinematoday.jp/news/N0032193 2013年3月22日閲覧。 
  66. ^ Barabak, Mark Z.; Kim, Victoria (2011年5月17日). “Schwarzenegger fathered a with child his mistress, longtime member of the household staff”. Los Angeles Times. https://www.latimes.com/local/la-me-0517-arnold-20110517-story.html 
  67. ^ Arnie 'Bought Home For Love Child And Mum'”. Sky. 2013年3月22日閲覧。
  68. ^ https://www.latimes.com/local/la-xpm-2011-jun-18-la-me-arnold-poll-20110618-story.html
  69. ^ “シュワルツェネッガー氏、離婚成立 10年前に隠し子発覚”. 毎日新聞. (2021年12月30日). オリジナルの2021年12月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20221022175611/https://mainichi.jp/articles/20211230/k00/00m/030/051000c 2021年12月30日閲覧。 
  70. ^ Navarro, Mireya (2006年7月7日). “Schwarzenegger Finally Gets a License”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2006/07/07/us/07arnold.html?_r=2&oref=slogin 2011年2月2日閲覧。 
  71. ^ https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202201220000428.html
  72. ^ http://www.shikoku-np.co.jp/national/international/print.aspx?id=20030904000123
  73. ^ https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000154922.html
  74. ^ A・シュワルツェネッガーがゾンビ化する娘に注ぐ無償の愛、「マギー」公開決定”. 映画ナタリー (2015年12月18日). 2015年12月18日閲覧。
  75. ^ 別冊宝島430号『よいこの広告 テレビCMが10倍面白くなる本!』宝島社、1999年、38頁、ISBN 4-7966-9430-7
  76. ^ カリフォリニア州観光局「なんでもアリフォルニア」
  77. ^ 第6回 玄田哲章【ふきカエルインタビュー】ふきカエル大作戦!!(ページ3) 2014年9月8日閲覧
  78. ^ 『ターミネーター4』に最後は男泣き!シュワちゃん……の声優さんが激白! - シネマトゥデイ 2014年9月8日閲覧
  79. ^ 玄田哲章:30年以上声優を務めたシュワルツェネッガーとの初対面に大興奮”. まんたんウェブ. 2015年7月7日閲覧。
  80. ^ https://www.youtube.com/watch?v=TKTFgquaIVc
  81. ^ a b 『プレデター<日本語吹替完声版>コレクターズ・ブルーレイBOX』玄田哲章×屋良有作×平田勝茂 座談会|インタビュー|「吹替の帝王」 Powered by 20th Century FOX Home Entertainment (Wayback Machineによるアーカイブ) 2021年01月23日閲覧
  82. ^ 吹き替えファン歓喜!玄田哲章&屋良有作による“完声版ブルーレイ”が発売へ! - シネマトゥデイ 2014年9月8日閲覧
  83. ^ 【ワーナー公式】映画(ブルーレイ,DVD & 4K UHD/デジタル配信) | イレイザー 2022年6月6日閲覧
  84. ^ 大友龍三郎. 大友龍三郎インタビュー(Wayback Machineによるアーカイブ). インタビュアー:村上ひさし. 吹替の帝王、20世紀フォックス.. https://web.archive.org/web/20160819203538/http://video.foxjapan.com/library/fukikae/interview/interview44/ 2021年1月23日閲覧。 
  85. ^ “レアな大友龍三郎版も収録、「ターミネーター」“吹替の帝王”版Blu-rayが登場”. AV Watch (インプレス). (2015年3月3日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/690855.html 2021年2月15日閲覧。 
  86. ^ [1]






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アーノルド・シュワルツェネッガー」の関連用語

アーノルド・シュワルツェネッガーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アーノルド・シュワルツェネッガーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアーノルド・シュワルツェネッガー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS