アイリッシュ・トラヴェラー 社会的な衝突や論争

アイリッシュ・トラヴェラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/02 15:50 UTC 版)

社会的な衝突や論争

反トラヴェラー差別

アイルランド経済社会調査機関(en: Economic and Social Research Institute)による2011年の調査は、アイルランドでのトラヴェラーの排斥は広く存在している。トラヴェラーは "アイルランド全体の人口のうちわずか0.5%にしかなく、定住者集団の中にいる仲間の市民の個人的な接触による継続支援なしには生きていくことのできない、あまりに小さな少数派であり、近隣の定住者集団から異文化としての連携を必要とする" 存在であり、この排斥は彼らにとっての長期の見通しに悪影響を与えかねない、と考察した[49]

"ナッカー"あるいは"パイキー"という言葉はよくトラヴェラーに対する差別語(en:pejorative)として使われる。

収入

多くのトラヴェラーは、イングリッシュ・グレイハウンドラーチャーといった犬のブリーダーであり、そして、長年馬の取引に関心を持っている。彼らとともに開催されている主な品評会は年次で開催されるバリナスロー・フェアー(en:Ballinasloe fair、ゴールウェイ州バリナスロー)、パック・フェアー(en:Puck Fair、ケリー州キローグリン(en:Killorglin))、Ballabuidhe Horse Fair (コーク州ダンマンウェイ(en:Dunmanway)、月次で開催されるスミスフィールド・ホース・フェアー(Smithfield Horse Fair、ダブリン市内)、アップルビー・ホース・フェアー(en:Appleby Horse Fair、イングランド カンブリア アップルビー=イン=ウェストモーランド(en: Appleby-in-Westmorland))がある。

彼らはよくくず鉄の取扱いに関わっている。例えば、鋼鉄の原料の60%はくず鉄が元となっているが、そのうちおおよそ50% (7万5千トン) はトラヴェラーの集団が分別したものであり、150万ポンド以上の価値がある。 そのようなより価値ある非鉄金属の比率は著しく大きくなっているかもしれない[50]

多くのアイリッシュ・トラヴェラーの雇用は自営業賃労働のどちらかであり、収入や経済状態はそれぞれの家族によって様々である。 多くの家族が経済の詳細を明かすことを選ばないし、説明しようとしても、毎月や毎週の収入から何かしらの規則的な傾向を見つけることは非常に難しい。 彼らの経済状態を見破るには、多くの人がキャンピングトレーラーモータービークル、家庭用品、その他の有価値物といった所有物の状態を見る[9]

社会的独自性

アイリッシュ・トラヴェラーは、英国法において1つの民族集団として認識されている[51]。 アイルランド法(en:Law in the Republic of Ireland)では、彼らの法的な地位は社会集団のthatである[52]。 1つの民族集団は、その構成員がお互いに1つと識別することで定義される。普通、その識別は祖先や家系が共通するとの推定が基礎となる。民族的な独自性は やはり集団の特殊性や、集団内で共通の文化的、言語的、宗教的、行動心理学的ないし生物学的な特徴を認知した他者によって特徴付けられる。

欧州議会人種差別および外国人嫌悪調査委員会(The European Parliament Committee of Enquiry on Racism and Xenophobia)は、アイルランドで最も差別された民族集団であり[53]、広範な法的な承認の欠如とも相まって、そういった状態はいまだに危険な状態のままである、と評定した[54]。 トラヴェラーは多くの場合、定住者からその存在を否定的に見られている。偏屈で、反社会的であり、社会から'落伍'(drop-outs)し、'不適合'(misfits)と思い込まれていたり[55]、あるいは、犯罪物乞い(en:mendicant)の行動、ないし、他人の土地の不法占拠に関与していると信じられている[37][56][出典無効]

暴力と犯罪

チャールズ・ホーヒー政権下の1960年アイルランドで任ぜられた不定住対策委員会は、"定住者のトラヴェラーへの懸念に加えて深酒の勢いでの公共の場での喧嘩 ... 確執は、歴史上のジャガイモ飢饉以前のアイルランドの田舎生活の特徴にも似た、娯楽の不足と無学さの結果のように思われた"と評した[57]

2008年にマリンガーのダルトン・パーク(D'Alton Park)で、ネヴィン(Nevin)・ディネガン(Dinnegan)・マクドナー(McDonagh)各家族の計65人を巻き込んだ乱闘騒ぎが発生した。裁判所は2010年に聴取を行い、被告全員を執行猶予する判決を出した[58][59]。 争いの原因はベアナックル・ボクシングの試合に関する未払の賭博の借金によるものとされている[60]

イギリスの民間団体「英国アイルランド人礼拝所(Irish Chaplaincy in Britain)」の主導でまとめられた2011年の調査報告書、「聞こえない声:牢獄にいるアイリッシュ・トラヴェラーの研究」(Voices Unheard: A Study of Irish Travellers in Prison、コン・マック・ギャハン(Conn Mac Gabhann)著、2011年) [61]は、社会や経済、教育といった面で行われている排斥が、アイリッシュ・トラヴェラーの品行の悪さの要因の大部分を占めている、と評した。

土地の争議

イギリスにおけるトラヴェラーについての訴訟は、私有地やそのような目的に指定されていない公有地に設立されている未許可のトラヴェラーの居住地についてのものである。政府の"ジプシー/トラヴェラー居住地助成金"(Gypsy and Traveller Sites Grant)の下、トラヴェラーが使うために指定された居住地は議会によって供給されており、地方自治体は新しい居住地の構築や既存の居住地の維持・拡張のために基金を設立することができる。

しかしながら、トラヴェラーは頻繁に、公共の"共有地"(en:common land)や広い野原や他の私有地といった個人の地所を含む、他の非認可の居住地も利用する。トラヴェラーは認可された居住地の供給不足と主張している – ジプシー評議会(Gypsy Council)は、供給不足の量を3千5百人分と見積もっている[62]エセックスのデール・ファーム(en:Dale Farm)は、その有名な例だった。

これら土地を渡り歩く人々への平等権獲得の努力は、1968年キャラヴァン・サイト法(en:Caravan Sites Act 1968)の成立に繋がり、彼らのイギリスにおける権利、生活様式、文化がいくらか保護されるようになった。 1994年刑事裁判公序法(en:Criminal Justice and Public Order Act 1994)は、しかしながら、1968年法の第二部(part II)を廃止し、イギリスにおける地方自治体のトラヴェラーへの居住地提供および、彼ら自身による既存の居住地の廃止の支援義務を削除した。

北アイルランドでは、トラヴェラーの居住地に対する反対運動が民主統一党主導で続いている[55]




  1. ^ Ethnicity and the American cemetery by Richard E. Meyer. 1993. "... though many of them crossed the Atlantic in centuries past to play their trade".
  2. ^ Questioning Gypsy identity: ethnic narratives in Britain and America by Brian Belton
  3. ^ [1]
  4. ^ Dan and Conor Casey, Irish America Magazine, Sept/October1994
  5. ^ The Augusta Chronicle description of the North Augusta episode of 'My Big Fat American Gypsy Wedding' (archive.org)
  6. ^ Clarity, James F. (1999年2月8日). “Tullamore Journal; Travelers' Tale: Irish Nomads Make Little Headway”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1999/02/08/world/tullamore-journal-travelers-tale-irish-nomads-make-little-headway.html?pagewanted=2 
  7. ^ 'Alright in their own place': Policing and the spatial regulation of Irish Travellers. Criminology and Criminal Justice July 2012 vol. 12 no. 3 307–327
  8. ^ “The Roma Empire”. newsquest (sunday herald). (2009年). http://www.sundayherald.com/mostpopular.var.2499923.mostviewed.the_roma_empire.php 2009年5月11日閲覧。 
  9. ^ a b c Okely, Judith. The Traveller-gypsies. New York: Cambridge, 1983., p158.
  10. ^ Geoghegan, Tom (2008年6月11日). “How offensive is the word 'pikey'?”. BBC News Magazine. http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/7446274.stm 2009年5月11日閲覧。 
  11. ^ "How the White Working Class Became 'Chav'" by J. Preston, Whiteness and Class in Education, 2007
  12. ^ Irish Census 2006[リンク切れ]
  13. ^ Redmond, Andrea (2008年). “'Out of Site, Out of Mind': An Historical Overview of Accommodating Irish Travellers' Nomadic Culture in Northern Ireland”. Community Relations Council (CRC). pp. 1, 71. 2010年6月11日閲覧。[リンク切れ]
  14. ^ Abdala, Safa; Brigid Quirke (September 2010). Cecily Kelleher. ed. Demography & Vital Statistics – Part A of Technical Report 2. Our Geels – All Ireland Traveller Health Study. Patricia Fitzpatrick, Leslie Daly. UCD School of Public Health and Population Science. pp. 21. http://www.dohc.ie/publications/aiths2010/TR2/AITHS2010_TechnicalReport2_HR_PartA.pdf?direct=1 2011年3月28日閲覧。. [リンク切れ]
  15. ^ http://www.ons.gov.uk/ons/rel/census/2011-census/key-statistics-and-quick-statistics-for-local-authorities-in-the-united-kingdom---part-1/rft-ks201uk.xls
  16. ^ Bindel, Julie (2011年2月25日). “The big fat truth about Gypsy life”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2011/feb/25/truth-about-gypsy-traveller-life-women 
  17. ^ Traveller Health: A National Strategy 2002–2005”. Irish Medical Journal. 2015年7月26日閲覧。
  18. ^ Sedghi, Ami (2011年6月29日). “Every Gypsy and Traveller caravan site in England mapped and listed”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/news/datablog/2011/jun/29/gypsy-sites-england-local-authority 
  19. ^ a b c d e f g h Andereck, Mary E. "Irish Travelers." Encyclopedia of World Cultures. Vol. 1: North America. New York: Macmillan Reference USA, 1996. 162–164. Gale Virtual Reference Library. Web. 21 December 2011.
  20. ^ Who are the Irish Travellers in the United States?”. Pavee Point Travellers Centre (2005年6月). 2011年7月20日閲覧。[リンク切れ]
  21. ^ License To Steal, Traveling Con Artists, Their Games, Their Rules – Your Money by Dennis Marlock & John Dowling, Paladin Press, 1994: en:Boulder, Colorado
  22. ^ Solidarity with Travellers, 2008, Sean O'Riain
  23. ^ Helleiner, Jane (2003). Irish Travellers: Racism and the Politics of Culture. University of Toronto Press. ISBN 978-0-8020-8628-0. http://books.google.com/?id=Zr6VRPmZjV8C&pg=PA29&dq=origins+of+Irish+Travellers. 
  24. ^ Keane, David. "International Law and the Ethnicity of Irish Travellers." Wash. & Lee Race & Ethnic Anc. LJ 11 (2005): 43.
  25. ^ Rosarii Griffin, Education in Indigenous, Nomadic and Travelling Communities, A&C Black, 2014, p. 50, ISBN 9781472511195
  26. ^ Jean-Pierre Liégeois, Roma in Europe, Council of Europe, 2007, p. 43
  27. ^ Meyer, Kuno. 1909. The secret languages of Ireland. Journal of the Gypsy Lore Society, New Series, 2: 241–6.
  28. ^ http://www.irishexaminer.com/ireland/dna-study-travellers-a-distinct-ethnicity-156324.html
  29. ^ Sharon Gmelch, Nan: The Life of an Irish Travelling Woman, page 14
  30. ^ Commission on Itinerancy (26 November 1963) (PDF). Report. Official publications. Pr.7272. Dublin: Stationery Office. http://opac.oireachtas.ie/AWData/Library3/Library2/DL013441.pdf. 
  31. ^ a b c O'Connell, John (October 1997). “Policy Issues in Ireland”. In Orla Egan. Minority Ethnic Groups In Higher Education In Ireland - Proceedings of Conference held in St. Patrick's College, Maynooth, 27 September 1996. Higher Education Equality Unit. ISBN 1 85918 159 7. http://www.ucc.ie/publications/heeu/Minority/oconnell.htm. 
  32. ^ Travelling people review body (February 1983) (PDF). Report. Official publications. Pl.1520. Dublin: Stationery Office. http://opac.oireachtas.ie/AWData/Library3/Library2/DL035416.pdf. 
  33. ^ Task Force on the Travelling Community (July 1995). Report. Official publications. Pn.1726. Dublin: Department of Equality and Law Reform. http://opac.oireachtas.ie/AWData/Library3/Library2/DL029833.pdf. 
  34. ^ Sharon Gmlech, op. cit., p. 234
  35. ^ Brownlee, Attracta, "Irish travellers and 'powerful priests'" (pp. 97–110). Ireland's new religious movements in Olivia Cosgrove, et al. (eds), Cambridge Scholars, 2011 ISBN 1-4438-2588-3
  36. ^ DEEGAN, DENISE (2011年5月28日). “Trapped by the Traveller code?”. The Irish Times. オリジナル2011年6月12日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5zNfzJfBi 2011年6月12日閲覧。 
  37. ^ a b Social work and Irish people in Britain: historical and contemporary responses to Irish children and families by Paul Michael Garrett (2004)
  38. ^ ITM Key Issues – Education”. Irish Traveller Movement. 2011年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月12日閲覧。
  39. ^ COULTER, CAROL (2010年12月10日). “Traveller wins discrimination case over school's 'father rule'”. The Irish Times. オリジナル2011年6月12日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5zNgrzyg1 2011年6月12日閲覧。 
  40. ^ "Breaking News – 50% of Travellers die before 39" (per study)
  41. ^ The Travellers' Health Status Study”. Irish Dept. of Health (1987年). 2009年6月15日閲覧。[リンク切れ] p24
  42. ^ Minister Harney Launches All-Ireland Traveller Health Study”. UCD (2007年7月10日). 2009年6月15日閲覧。
  43. ^ "Life expectancy of Irish travellers still at 1940s levels despite economic boom"[リンク切れ]. The Independent, David McKittrick. 28 June 2007
  44. ^ "50% of Travellers die before 39 per study". The Irish Times, Eoin Burke-Kennedy. 25 June 2007 (subscription sometimes required)
  45. ^ All Ireland Traveller Health Survey”. National Traveller Suicide Awareness Project (2010年9月). 2015年7月26日閲覧。
  46. ^ North KE, Martin LJ, Crawford MH. "The origins of the Irish travellers and the genetic structure of Ireland", Ann Hum Biol (2000 Sep–Oct;27(5):453-65)
  47. ^ Miriam Murphy, Brian McHugh, Orna Tighe, Philip Mayne, Charles O'Neill, Eileen Naughten and David T Croke. "Genetic basis of transferase-deficient galactosaemia in Ireland and the population history of the Irish Travellers", European Journal of Human Genetics (July 1999, Volume 7, Number 5, pp. 549–554)
  48. ^ Murphy et al, op cit., p. 522, discussion section
  49. ^ Holland, Kitty (2011年5月18日). “Young among the most prejudiced, expert finds”. Irish Times. http://www.irishtimes.com/newspaper/ireland/2011/0518/1224297221192.html 2011年5月18日閲覧。 
  50. ^ Recycling and the Traveller Economy (Income, Jobs and Wealth Creation). Dublin: Pavee Point Publications (1993)
  51. ^ Commission for Racial Equality: "Gypsies and Irish Travellers: the facts"
  52. ^ Irish Travellers Movement: Traveller Legal Resource Pack 2 – Traveller Culture[リンク切れ]
  53. ^ Traveller, Nomadic and Migrant Education by Patrick Alan Danaher, Máirín Kenny, Judith Remy Leder. 2009, p. 119
  54. ^ Traveller, Nomadic and Migrant Education by Patrick Alan Danaher, Máirín Kenny & Judith Remy Leder
  55. ^ a b "Divided society: ethnic minorities and racism in Northern Ireland" (Contemporary Irish Studies) by Paul Hainsworth (1999) [検証用の引用文が必要]
  56. ^ Hickey, Shane; Cunningham, Grainne (2009年5月5日). “Garda injured after riot squad called to Traveller pub battle”. Irish Independent. http://www.independent.ie/national-news/garda-injured-after-riot-squad-called-to-traveller-pub-battle-1728497.html 
  57. ^ Bhreatnach, Aoife (2006). Becoming conspicuous: Irish travellers, society and the state, 1922–70. University College Dublin Press. pp. 108. ISBN 978-1-904558-61-3. http://books.google.com/?id=yQd1AAAAMAAJ&dq=irish+travellers+feuding&q=+feuding#search_anchor. 
  58. ^ Travellers owe it to Mullingar to sort out their grievances Westmeath Examiner. 5th August, 2008.
  59. ^ Dalton Park rioters given suspended sentences Westmeath Examiner. 24th February, 2010.
  60. ^ “Riot families spurned peace bid”. Irish Independent. (2008年7月31日). http://www.independent.ie/national-news/riot-families-spurned-peace-bid-1443748.html 
  61. ^ Voices Unheard: Irish Travellers in Prison”. Irish Chaplaincy in Britain. 2015年7月26日閲覧。
  62. ^ BBC News: "Councils 'must find Gypsy sites'"
  63. ^ “Racism in Ireland: Travellers Fighting Back”. Red and Black Revolution (Workers Solidarity Movement) (2): p. 23. (1996年). http://struggle.ws/pdfs/rbr2.pdf 2013年8月12日閲覧。. 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アイリッシュ・トラヴェラー」の関連用語

アイリッシュ・トラヴェラーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アイリッシュ・トラヴェラーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアイリッシュ・トラヴェラー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS