アイリッシュ・トラヴェラー アイリッシュ・トラヴェラーの概要

アイリッシュ・トラヴェラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/02 15:50 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
アイリッシュ・トラヴェラー
(Irish Travellers)
Travellers Decorated Caravan (6136023633).jpg
アイリッシュ・トラヴェラー、1954年撮影
居住地域
言語
アイルランド語シェルタ語アイルランド英語
宗教
ローマ・カトリック、その他
関連する民族
アイルランド人ロマスコティッシュ・トラヴェラー英語版 など

パヴィー(pavees)、ティンカー(tinkers)、パイキー(pikeys)、パディー(paddies)、ジプシー(gypsies)といった名称でも呼ばれることがある。[1][2] 主に英語を話すが、一部はシェルタ語やそれに似た符牒(en:Cant (language))を話す。ほとんどがアイルランドにいるが、イギリスアメリカにもかなりの人数で存在する[3][リンク切れ]

彼らの起源については様々な意見がある。アメリカの1万人前後の人々のうちほとんどがジャガイモ飢饉の起こった1845年から1860年までの期間にアイルランドを去ったトラヴェラーの移民の子孫であり[4]、そのうちの約2千5百人がノース・オーガスタ(en:North Augusta, South Carolina)郊外のマーフィー村(Murphy Village)に住んでいる[5]

語源

トラヴェラーが自分自身のことを表現するときは、ミンキヤー(Minkiers)[6]パヴィー(Pavees)、あるいはアイルランド語のan Lucht Siúil("歩く人々"を意味する)といった言葉を使う。

その他、トラヴェラーはアイルランドでは、単語の意味そのままにティンカー(Tinkers、鋳掛屋の意味)やアイティナラント(Itinerants、不定住者や遊牧民の意味)、あるいは差別語としてナッカー(en:Knackers、廃馬処理業者の意味)[7][8][リンク切れ]といった表現も使われる。 このような表現のいくつかは伝統的に彼らによって担われてきた仕事を意味している。tinker (またはtinsmith)は、例えば、瓶(pot)や鍋(pan)といったブリキ細工の修理であり、knacker屠殺(en:horse slaughter)対象の古馬や死馬の取得を意味する。ティンカーと特にナッカーは、アイルランドにいるトラヴェラーに対する差別用語として使われている。

ジプシー(gypsy)という言葉は、イングランドスコットランドに住む大陸からイギリスに来たロマ( エジプト民族と考えられた)に対する表現として、16世紀の記録に初めて登場する [9]。 その他、ひどく見下した表現として、パイキー[10]ジッポ(gypoないしgippo[11]Gypsyのなまり)といった言葉も使われる。

各国のアイリッシュ・トラヴェラー

アイルランド

アイルランド共和国における2006年の国勢調査は、アイリッシュ・トラヴェラーの人口を22,369人と報告している。[12] 1千7百人から2千人が北アイルランドにいると見られている[13]

2006年のアイルランド共和国の国勢調査によって、都市部の人口が20,975人が、農村地帯の人口が1,460人であることが明らかにされた。共和国全体の人口に占める割合は0.5%だが、高い比率を示す地域がいくつかある。チュアムでは人口の7.71%を占める。 年齢別でみると、0歳–14歳は9,301人であり、トラヴェラーの人口の41.5%を占める。15歳–24歳は3,406人であり、15.2%を占める。また、トラヴェラーの人口の半数近くである48.7%が0歳–17歳の子供である。

アイルランド全国トラヴェラー健康調査(All Ireland Traveller Health Study、2008年現在の評価)によると、北アイルランドでの人口は3,905人、共和国では36,224人とされている[14]

イギリス

2011年、 "アイリッシュ・トラヴェラー"(Irish Traveller)が、広義のジプシー/トラヴェラー(Gypsy/Traveller)の一部として、国勢調査のカテゴリーに初めて導入された。自己申告のジプシー/トラヴェラーとアイリッシュ・トラヴェラーを合わせた人口は63,193人となった[15]。ただし、最近のイギリス在住のトラヴェラーについての見積もりは、イギリスのジプシー/ロマや他のトラヴェラーのグループを構成する全体概算30万人の 一部として[16]、1万5千人前後で推移している[17]

ロンドンハーロウブレントの2つの特別区は、アイリッシュ・トラヴェラーの人口が目立つ地域である。そのような様々な公的な居住地に加えて、何人もが地方自治体住宅(Local Authority Housing)に住んでおり、そのほとんどが子供たちに良質な教育を受けさせたいと考えている女性である。彼女たちやその子供たちの中には夏に旅する者もいるかもしれないが、その場合であってもより広いトラヴェラーの居住地と連絡を取り続けている[要出典]

ホーム・カウンティーズ(en:Home Counties)と呼ばれるロンドン周辺地域には、いくつものアイリッシュ・トラヴェラーのコミュニティが存在する[18]

アメリカ

彼らのプライバシーを尊重するため、アメリカにはトラヴェラーの人口を示す公的あるいは法的な数字情報がない[19]。 事実、アイリッシュ・トラヴェラーはアメリカの国勢調査において単独の民族集団として認識されていない[19]。 ある資料ではアメリカにおけるトラヴェラーの人口を1万人と見積もっているが、他の資料には4万人という数字が書かれてもいる。メアリー・E・アンデレク(Mary E. Andereck)の調査によれば、"ジョージア州のトラヴェラー(Georgia Travelers)のキャンプは約800家族で構成され、ミシシッピ州のトラヴェラー(Mississippi Travelers)では約300家族、テキサス州のトラヴェラー(Texas Travelers)では50家族弱である"[19]

アメリカのトラヴェラーは、自分たちを歴史的な居住拠点から、オハイオ州(Ohio Travellers)、ジョージア州(Georgia Travellers)、テキサス州(Texas Travellers)、ミシシッピ州(Mississippi Travellers)といったいくつかにグループ分けしている[19]。 最大の居住地はサウスカロライナ州ノース・オーガスタの町の外にあるマーフィー村であり、約2千5百人が住んでいる[20]。 他のコミュニティとしては、ホワイト・セトルメント(en:White Settlement, Texas)があり、ここでは各家族は冬季のみ滞在し、夏の間は別の地域に移動している。同じような孤立地域はジョージア州アラバマ州ミシシッピ州にわたって見受けられる[21]

アメリカのトラヴェラーは英語とシェルタ語を話すと言われている[19]。 アメリカで話されている符牒(Cant)はアイルランドでのそれと異なり、世代を重ねる中でピジン英語の一種に変化している[19]。 彼らは概して、糧を得るため住所不定の日雇い労働者として、アスファルト舗装スプレーでの塗装リノリウム敷きといった仕事をしている[19]




  1. ^ Ethnicity and the American cemetery by Richard E. Meyer. 1993. "... though many of them crossed the Atlantic in centuries past to play their trade".
  2. ^ Questioning Gypsy identity: ethnic narratives in Britain and America by Brian Belton
  3. ^ [1]
  4. ^ Dan and Conor Casey, Irish America Magazine, Sept/October1994
  5. ^ The Augusta Chronicle description of the North Augusta episode of 'My Big Fat American Gypsy Wedding' (archive.org)
  6. ^ Clarity, James F. (1999年2月8日). “Tullamore Journal; Travelers' Tale: Irish Nomads Make Little Headway”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1999/02/08/world/tullamore-journal-travelers-tale-irish-nomads-make-little-headway.html?pagewanted=2 
  7. ^ 'Alright in their own place': Policing and the spatial regulation of Irish Travellers. Criminology and Criminal Justice July 2012 vol. 12 no. 3 307–327
  8. ^ “The Roma Empire”. newsquest (sunday herald). (2009年). http://www.sundayherald.com/mostpopular.var.2499923.mostviewed.the_roma_empire.php 2009年5月11日閲覧。 
  9. ^ a b c Okely, Judith. The Traveller-gypsies. New York: Cambridge, 1983., p158.
  10. ^ Geoghegan, Tom (2008年6月11日). “How offensive is the word 'pikey'?”. BBC News Magazine. http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/7446274.stm 2009年5月11日閲覧。 
  11. ^ "How the White Working Class Became 'Chav'" by J. Preston, Whiteness and Class in Education, 2007
  12. ^ Irish Census 2006[リンク切れ]
  13. ^ Redmond, Andrea (2008年). “'Out of Site, Out of Mind': An Historical Overview of Accommodating Irish Travellers' Nomadic Culture in Northern Ireland”. Community Relations Council (CRC). pp. 1, 71. 2010年6月11日閲覧。[リンク切れ]
  14. ^ Abdala, Safa; Brigid Quirke (September 2010). Cecily Kelleher. ed. Demography & Vital Statistics – Part A of Technical Report 2. Our Geels – All Ireland Traveller Health Study. Patricia Fitzpatrick, Leslie Daly. UCD School of Public Health and Population Science. pp. 21. http://www.dohc.ie/publications/aiths2010/TR2/AITHS2010_TechnicalReport2_HR_PartA.pdf?direct=1 2011年3月28日閲覧。. [リンク切れ]
  15. ^ http://www.ons.gov.uk/ons/rel/census/2011-census/key-statistics-and-quick-statistics-for-local-authorities-in-the-united-kingdom---part-1/rft-ks201uk.xls
  16. ^ Bindel, Julie (2011年2月25日). “The big fat truth about Gypsy life”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2011/feb/25/truth-about-gypsy-traveller-life-women 
  17. ^ Traveller Health: A National Strategy 2002–2005”. Irish Medical Journal. 2015年7月26日閲覧。
  18. ^ Sedghi, Ami (2011年6月29日). “Every Gypsy and Traveller caravan site in England mapped and listed”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/news/datablog/2011/jun/29/gypsy-sites-england-local-authority 
  19. ^ a b c d e f g h Andereck, Mary E. "Irish Travelers." Encyclopedia of World Cultures. Vol. 1: North America. New York: Macmillan Reference USA, 1996. 162–164. Gale Virtual Reference Library. Web. 21 December 2011.
  20. ^ Who are the Irish Travellers in the United States?”. Pavee Point Travellers Centre (2005年6月). 2011年7月20日閲覧。[リンク切れ]
  21. ^ License To Steal, Traveling Con Artists, Their Games, Their Rules – Your Money by Dennis Marlock & John Dowling, Paladin Press, 1994: en:Boulder, Colorado
  22. ^ Solidarity with Travellers, 2008, Sean O'Riain
  23. ^ Helleiner, Jane (2003). Irish Travellers: Racism and the Politics of Culture. University of Toronto Press. ISBN 978-0-8020-8628-0. http://books.google.com/?id=Zr6VRPmZjV8C&pg=PA29&dq=origins+of+Irish+Travellers. 
  24. ^ Keane, David. "International Law and the Ethnicity of Irish Travellers." Wash. & Lee Race & Ethnic Anc. LJ 11 (2005): 43.
  25. ^ Rosarii Griffin, Education in Indigenous, Nomadic and Travelling Communities, A&C Black, 2014, p. 50, ISBN 9781472511195
  26. ^ Jean-Pierre Liégeois, Roma in Europe, Council of Europe, 2007, p. 43
  27. ^ Meyer, Kuno. 1909. The secret languages of Ireland. Journal of the Gypsy Lore Society, New Series, 2: 241–6.
  28. ^ http://www.irishexaminer.com/ireland/dna-study-travellers-a-distinct-ethnicity-156324.html
  29. ^ Sharon Gmelch, Nan: The Life of an Irish Travelling Woman, page 14
  30. ^ Commission on Itinerancy (26 November 1963) (PDF). Report. Official publications. Pr.7272. Dublin: Stationery Office. http://opac.oireachtas.ie/AWData/Library3/Library2/DL013441.pdf. 
  31. ^ a b c O'Connell, John (October 1997). “Policy Issues in Ireland”. In Orla Egan. Minority Ethnic Groups In Higher Education In Ireland - Proceedings of Conference held in St. Patrick's College, Maynooth, 27 September 1996. Higher Education Equality Unit. ISBN 1 85918 159 7. http://www.ucc.ie/publications/heeu/Minority/oconnell.htm. 
  32. ^ Travelling people review body (February 1983) (PDF). Report. Official publications. Pl.1520. Dublin: Stationery Office. http://opac.oireachtas.ie/AWData/Library3/Library2/DL035416.pdf. 
  33. ^ Task Force on the Travelling Community (July 1995). Report. Official publications. Pn.1726. Dublin: Department of Equality and Law Reform. http://opac.oireachtas.ie/AWData/Library3/Library2/DL029833.pdf. 
  34. ^ Sharon Gmlech, op. cit., p. 234
  35. ^ Brownlee, Attracta, "Irish travellers and 'powerful priests'" (pp. 97–110). Ireland's new religious movements in Olivia Cosgrove, et al. (eds), Cambridge Scholars, 2011 ISBN 1-4438-2588-3
  36. ^ DEEGAN, DENISE (2011年5月28日). “Trapped by the Traveller code?”. The Irish Times. オリジナル2011年6月12日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5zNfzJfBi 2011年6月12日閲覧。 
  37. ^ a b Social work and Irish people in Britain: historical and contemporary responses to Irish children and families by Paul Michael Garrett (2004)
  38. ^ ITM Key Issues – Education”. Irish Traveller Movement. 2011年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月12日閲覧。
  39. ^ COULTER, CAROL (2010年12月10日). “Traveller wins discrimination case over school's 'father rule'”. The Irish Times. オリジナル2011年6月12日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5zNgrzyg1 2011年6月12日閲覧。 
  40. ^ "Breaking News – 50% of Travellers die before 39" (per study)
  41. ^ The Travellers' Health Status Study”. Irish Dept. of Health (1987年). 2009年6月15日閲覧。[リンク切れ] p24
  42. ^ Minister Harney Launches All-Ireland Traveller Health Study”. UCD (2007年7月10日). 2009年6月15日閲覧。
  43. ^ "Life expectancy of Irish travellers still at 1940s levels despite economic boom"[リンク切れ]. The Independent, David McKittrick. 28 June 2007
  44. ^ "50% of Travellers die before 39 per study". The Irish Times, Eoin Burke-Kennedy. 25 June 2007 (subscription sometimes required)
  45. ^ All Ireland Traveller Health Survey”. National Traveller Suicide Awareness Project (2010年9月). 2015年7月26日閲覧。
  46. ^ North KE, Martin LJ, Crawford MH. "The origins of the Irish travellers and the genetic structure of Ireland", Ann Hum Biol (2000 Sep–Oct;27(5):453-65)
  47. ^ Miriam Murphy, Brian McHugh, Orna Tighe, Philip Mayne, Charles O'Neill, Eileen Naughten and David T Croke. "Genetic basis of transferase-deficient galactosaemia in Ireland and the population history of the Irish Travellers", European Journal of Human Genetics (July 1999, Volume 7, Number 5, pp. 549–554)
  48. ^ Murphy et al, op cit., p. 522, discussion section
  49. ^ Holland, Kitty (2011年5月18日). “Young among the most prejudiced, expert finds”. Irish Times. http://www.irishtimes.com/newspaper/ireland/2011/0518/1224297221192.html 2011年5月18日閲覧。 
  50. ^ Recycling and the Traveller Economy (Income, Jobs and Wealth Creation). Dublin: Pavee Point Publications (1993)
  51. ^ Commission for Racial Equality: "Gypsies and Irish Travellers: the facts"
  52. ^ Irish Travellers Movement: Traveller Legal Resource Pack 2 – Traveller Culture[リンク切れ]
  53. ^ Traveller, Nomadic and Migrant Education by Patrick Alan Danaher, Máirín Kenny, Judith Remy Leder. 2009, p. 119
  54. ^ Traveller, Nomadic and Migrant Education by Patrick Alan Danaher, Máirín Kenny & Judith Remy Leder
  55. ^ a b "Divided society: ethnic minorities and racism in Northern Ireland" (Contemporary Irish Studies) by Paul Hainsworth (1999) [検証用の引用文が必要]
  56. ^ Hickey, Shane; Cunningham, Grainne (2009年5月5日). “Garda injured after riot squad called to Traveller pub battle”. Irish Independent. http://www.independent.ie/national-news/garda-injured-after-riot-squad-called-to-traveller-pub-battle-1728497.html 
  57. ^ Bhreatnach, Aoife (2006). Becoming conspicuous: Irish travellers, society and the state, 1922–70. University College Dublin Press. pp. 108. ISBN 978-1-904558-61-3. http://books.google.com/?id=yQd1AAAAMAAJ&dq=irish+travellers+feuding&q=+feuding#search_anchor. 
  58. ^ Travellers owe it to Mullingar to sort out their grievances Westmeath Examiner. 5th August, 2008.
  59. ^ Dalton Park rioters given suspended sentences Westmeath Examiner. 24th February, 2010.
  60. ^ “Riot families spurned peace bid”. Irish Independent. (2008年7月31日). http://www.independent.ie/national-news/riot-families-spurned-peace-bid-1443748.html 
  61. ^ Voices Unheard: Irish Travellers in Prison”. Irish Chaplaincy in Britain. 2015年7月26日閲覧。
  62. ^ BBC News: "Councils 'must find Gypsy sites'"
  63. ^ “Racism in Ireland: Travellers Fighting Back”. Red and Black Revolution (Workers Solidarity Movement) (2): p. 23. (1996年). http://struggle.ws/pdfs/rbr2.pdf 2013年8月12日閲覧。. 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アイリッシュ・トラヴェラー」の関連用語

アイリッシュ・トラヴェラーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アイリッシュ・トラヴェラーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアイリッシュ・トラヴェラー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS