Hippopotamus amphibiusとは?

Weblio 辞書 > 生活 > 皮革の種類 > Hippopotamus amphibiusの意味・解説 

カバ(一般和名); カバ

商業名:Hippopotamus
学名:Hippopotamus amphibius

アフリカ中央部、南、西、東部分布しています。カバは、群をなして沼地、川及び湖に棲み、夜間から上がり植物だけを採食し、長途を歩く。昼間水中や低い島などで休養しています。
カバの皮膚は、なめらかで、厚い上皮真皮、及び極めて薄い表層角質層)から構成されています。
カバの皮は、表層取り除いて鞣すため、革の表面はヌバック・スエード状で、網目状の深いしわが見られます。

他にコビトカバが、アフリカリベリアコートジボアールシェラレオネギニア少数生息しています。

カバ
Hippopotamus amphibius
カバ

河馬

読み方:カバkaba

カバ科カバ

学名 Hippopotamus amphibius


カバ

(Hippopotamus amphibius から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 06:54 UTC 版)

カバHippopotamus amphibius)は、哺乳綱偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)カバ科カバ属に分類される偶蹄類。


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Lewison, R. & Pluháček, J. 2017. Hippopotamus amphibius. The IUCN Red List of Threatened Species 2017: e.T10103A18567364. https://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2017-2.RLTS.T10103A18567364.en. Downloaded on 02 May 2021.
  2. ^ a b UNEP (2021). Hippopotamus amphibius. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. [Accessed 02/05/2021]
  3. ^ Peter Grubb, "Hippopotamus,". Mammal Species of the World, (3rd ed.), Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (ed.), Johns Hopkins University Press, 2005, Pages 637 - 722
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t Richard M. Laws 「カバ」斎藤勝訳『動物大百科 4 大型草食獣』、平凡社、1986年、62 - 67頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae 佐川義明 「安定した水中生活を営む カバ」『動物たちの地球 哺乳類II 6 イノシシ・カバ・キリンほか』第9巻 54号、朝日新聞社、1992年、164 - 166頁。
  6. ^ Owen-Smith, R. Norman (1992). Megaherbivores: The Influence of Very Large Body Size on Ecology. Cambridge University Press 
  7. ^ Pienaar, U. de V.; Van Wyk, P.; Fairall, N. (1966). “An experimental cropping scheme of Hippopotami in the Letaba river of the Kruger National Park”. Koedoe 9 (1). doi:10.4102/koedoe.v9i1.778. 
  8. ^ カバの赤い汗から新物質のヒポスドリック酸を分離 紫外線カット(UVカット)、細菌防止に効果?(2004年6月24日時点のアーカイブ
  9. ^ 橋本貴美子、犀川陽子、中田雅也「カバの赤い汗に関する化学」『有機合成化学協会誌』第64巻第12号、有機合成化学協会、2006年、 1251-1260頁、 doi:10.5059/yukigoseikyokaishi.64.1251
  10. ^ a b c 遠藤智比古 「カバの訳語考」『英学史研究』第1990巻 22号、日本英学史学会、1989年、119 - 136頁。
  11. ^ 特定動物リスト (動物の愛護と適切な管理)環境省・2021年5月2日に利用)
  12. ^ 地球ドラマチックNHK教育テレビ、2007年3月14日放送回 『知られざるカバの世界』 2007年3月14日番組内容(2007年5月19日時点のアーカイブ[出典無効]
  13. ^ サメと比較。どっちが毎年多くの人を殺す?さまざまな死因による年間死者数[出典無効]
  14. ^ Identification Guide for Ivory and Ivory Substitutes(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約世界自然保護基金、トラフィック発効のPDF)
  15. ^ Stephen Quirke: Birth Tusks:The Armory of Health in Context-Egypt-1800 BC、Middle Kingdom Studies 3. London 2016、 ISBN 9781906137496 pp.179-209
  16. ^ “58歳国内最高齢のカバ死ぬ カバヤ食品、宣伝で活躍”. 47news(共同通信. (2010年8月5日23:13). オリジナルの2011年2月5日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110205124918/http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010080501000923.html 2013年5月11日閲覧。 
  17. ^ “カバ”. 東山動植物園. オリジナルの2013年5月11日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2013-0511-1704-15/www.higashiyama.city.nagoya.jp/04_zoo/04_02shokai/04_02_01/04_02_01-30.html 2013年5月11日閲覧。 
  18. ^ 飼育課:長瀬健二郎 (2006年10月). “アフリカサバンナゾーン完成”. 天王寺動物園発行情報誌『なきごえ』 vol.42-10 2006.10 Autumn. 大阪市天王寺動物園web(公益社団法人日本動物園水族館協会web内). 2013年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月11日閲覧。
  19. ^ 名鉄整備ロゴマーク「ヒポポタマス」の由来(2015年3月16日時点のアーカイブ[出典無効]


「カバ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Hippopotamus amphibius」の関連用語

Hippopotamus amphibiusのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Hippopotamus amphibiusのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全日本爬虫類皮革産業協同組合全日本爬虫類皮革産業協同組合
Copyright 2021 ALL JAPAN ASSOCIATION OF REPTILES SKIN AND LEATHER. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカバ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS