Francis Ford Coppolaとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 映画監督・俳優辞典 > Francis Ford Coppolaの意味・解説 

Francis Ford Coppola

以下の映画Francis Ford Coppola関連しています。
パイオニアLDC=メディアボックス=シネセゾン配給 
シネマトリックス=パンドラ


フランシス・フォード・コッポラ

(Francis Ford Coppola から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/29 06:08 UTC 版)

フランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola, 1939年4月7日 - )は、アメリカ合衆国映画監督映画プロデューサー脚本家実業家




  1. ^ ハーラン・リーボ; 河原一久、鈴木勉訳 『ザ・ゴッドファーザー』 ソニーマガジンズ2001年11月22日、43頁。ISBN 978-4789717748 
  2. ^ ハーラン・リーボ 『ザ・ゴッドファーザー』前掲書、50頁。
  3. ^ ソビエト映画『大宇宙基地』(1959年、原題:Небо зовёт)をロジャー・コーマンが大幅に改変して公開した作品。コッポラはアメリカ版で追加撮影されたパートの監督を務めた。
  4. ^ a b エドマンド・H・ノースと共に受賞。
  5. ^ a b c d e マリオ・プーゾと共に受賞。
  6. ^ ゲイリー・カーツと共にノミネート。
  7. ^ グレイ・フレデリクソン、フレッド・ルースと共に受賞。
  8. ^ フレッド・ルース、グレイ・フレデリクソン、トム・スターンバーグと共にノミネート。
  9. ^ a b ジョン・ミリアスと共にノミネート。
  10. ^ ゲイリー・カーツと共に受賞。
  11. ^ a b c d マリオ・プーゾと共にノミネート。
  12. ^ カーマイン・コッポラと主に受賞。
  13. ^ a b カーマイン・コッポラと共にノミネート。
  14. ^ ジョージ・ルーカスと共に受賞。
  15. ^ 高松宮殿下記念世界文化賞 2013年 第25回 演劇・映像部門 フランシス・フォード・コッポラ”. 2013年10月25日閲覧。
  16. ^ 2013 Praemium Imperiale Press Conference”. 2013年10月25日閲覧。
  17. ^ Francis Ford Coppola, 2013 Laureate of Theatre/Film”. 2013年10月25日閲覧。
  18. ^ 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』 文化通信社、ヤマハミュージックメディア(原著2012年5月27日)、62 - 73頁。ISBN 4636885198
  19. ^ Rubicon Shuttered | News | News & Features”. Wine Spectator. 2018年6月18日閲覧。


「フランシス・フォード・コッポラ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Francis Ford Coppola」の関連用語

Francis Ford Coppolaのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Francis Ford Coppolaのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフランシス・フォード・コッポラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS