韓国次期フリゲートとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 韓国次期フリゲートの意味・解説 

韓国次期フリゲート

別名:韓国次期護衛艦韓国海軍次期護衛艦
英語:Future Frigate eXperimentalFFX

韓国海軍2012年から2030年にかけて導入することを計画している近海用の新型護衛艦通称

韓国次期フリゲートは、2011年現在就役している韓国海軍主力艦蔚山級フリゲート」の後継として開発されている。2011年4月時点では艦級名ではなくFuture Frigate eXperimental」(次期フリゲート)、略して「FFX」と呼ばれている。「次期護衛艦FFX)」のように表記されることが多い。

韓国次期フリゲート(FFX)は2300~2500トンで、ミサイル防衛迎撃兵器など、従来護衛艦比べてさらに高度な装備搭載されている。現在の護衛艦、および哨戒艦引退するに伴い順次入れ替えが進められていく予定となっている。

2011年4月19日韓国政府日本海上の竹島に近い「鬱陵島」の沙洞港に、韓国次期フリゲートを配備することを検討しているとされ、話題となった。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「韓国次期フリゲート」の関連用語

韓国次期フリゲートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



韓国次期フリゲートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS