雲孫とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 親族 > 子孫 > 雲孫の意味・解説 

雲孫

読み方:うんそん

続柄で、仍孫の子。9世に当たる子孫で、子、孫、曽孫玄孫来孫昆孫仍孫、そして雲孫に至る。

続柄

(雲孫 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/16 08:47 UTC 版)

続柄(つづきがら)とは、血縁関係あるいは婚姻関係を指す語である。俗に「ぞくがら」と読まれることもある[1]


  1. ^ デジタル大辞泉『続柄』 - コトバンク 2017年1月19日閲覧。
  2. ^ 又、親の弟妹が子供である場合でも叔父と叔母にあたることにしているが、「叔父さん」「叔母さん」という呼び方としては無礼である。稀に二人称としては、おじ・おばと関わらず年齢的に呼ぶ場合もある。





雲孫と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雲孫」の関連用語

雲孫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



雲孫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの続柄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS