阿弥陀鑢とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 阿弥陀 > 阿弥陀鑢の意味・解説 

阿弥陀鑢(あみだやすり)

鐔の表面に施された装飾的模様一種。鐔の中心から放射状に細い線を刻み込んだ様子が、阿弥陀如来の背にみられる後光思わせるところからの呼称。古い時代では信家に例を見るが、線の長さや幅がそろわず荒さが感じられ、古雅雰囲気感じさせるものが多い。後光線刻をきれいにそろえて放射線を描いたもの日足鑢として区別することもあるが、基本的に同形態の模様である。



阿弥陀鑢と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「阿弥陀鑢」の関連用語

1
90% |||||

阿弥陀鑢のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



阿弥陀鑢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2019 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2019 Weblio RSS