胴縁とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 横木 > 胴縁の意味・解説 

どう‐ぶち【胴縁】

板塀竹垣の板や竹を取り付けるため、との間に平に渡した材。

壁に羽目板ボード取り付けるため、柱・間(まばしら)に渡し平材。

胴縁の画像
胴縁(1)
胴縁の画像
胴縁(1)

どうぶち 胴縁

板壁羽目などの板を取り付けるために、または間柱取り付ける下地材。

胴縁

壁に合板ボードなどを張る際に、それらを留めつけるための下地材。たて胴縁と横胴縁があり、一般には33cmから45cm程度間隔取り付けられる。



胴縁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「胴縁」の関連用語

胴縁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



胴縁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2021 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2021 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS