細川加賀とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 細川加賀の意味・解説 

細川加賀

細川加賀の俳句

早乙女の尻よそ者を通しをり
梨狩りや遠くに坐りゐるが母
 

細川加賀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/15 16:54 UTC 版)

細川 加賀(ほそかわ かが、1924年2月11日 - 1989年10月25日)は、東京出身の俳人。本名輿一郎。東京市(現台東区)生。小学校卒業と同時に就職、のち商業学校に通う。1940年、肺結核を発病し、療養中に「」所属の俳人と知り合い同誌に投句。1944年、石川県に疎開し、翌年農協に勤務。1953年、石田波郷と会い、上京。楠本憲吉の「なだ万」に勤める。1957年、運輸省に入省。同年サンケイ俳句賞を受ける。1980年、『生御霊』で第20回俳人協会賞受賞。1984年、運輸省を定年退職し「初蝶」を創刊、主宰。1989年、転倒による脳挫傷で死去。「鶴」の誌風に従い、病苦や就職難といった境涯を韻文性の高い調べで詠んだが、のちにより平明・柔和な句風に移行していった。句集に『傷痕』(1973年)『生御霊』(1980年)『玉虫』(1989年)『細川加賀全句集』(1993年)など。




「細川加賀」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「細川加賀」の関連用語

細川加賀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



細川加賀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの細川加賀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS