爪痕を残すとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 爪痕を残すの意味・解説 

爪痕を残す

読み方:つめあとをのこす

事件災害などによりもたらされ影響後々まで及ぶ、被害悪影響痕跡消えず残り続ける、といった状況を指す言い回し。たとえば、台風による土砂災害河川氾濫などによる建造物損壊などを形容する場合などが典型的使用場面として挙げられる。
傷跡を残す」と言い換え得る場合も多い。

「爪痕を残す」という言い回しは、もっぱら好ましくない物事について用いられる。ただし最近では「成果を挙げる」というような肯定的な意味で用いられている例もある。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「爪痕を残す」の関連用語

爪痕を残すのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



爪痕を残すのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS