憂へとは?

うれえ うれへ 【愁へ・憂へ】

動詞うれえる」の連用形から〕
苦しみつらい思い悲嘆。 「草枕旅の-を慰もる事もありやと/万葉集 1757
不満や苦しみを人に嘆き訴えること。愁訴。 「かの-をしたる匠(たくみ)をば、かぐや姫呼びすゑて/竹取」
悪い状態になることを予想して心配すること。不安。 「民の-つひに空しからざりければ/方丈記
病気。 「此の国の族、常に斯の-有り大唐西域記 長寛
喪。忌中。 「真の病とおやの-とに非ずして/日本書紀 天武
[句項目] 愁えを掃う玉帚

憂へ

読み方:うれえ
かな表記:うれへ

ハ行下二段活用動詞憂ふ」の連用形、あるいは連用形名詞したもの
憂ふ」の口語形としては、ハ行下一段活用動詞憂える」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「憂へ」の関連用語

憂へのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



憂へのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2018 Weblio RSS