平準保険料方式とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 平準 > 平準保険料方式の意味・解説 

平準保険料方式(へいじゅんほけんりょうほうしき)

保険料拠出する年金制度では、年金を受けるためには一定期間保険料納付が必要になりますそのため制度発足当初受給者あらわれず、時間経過とともに受給者増えることになります。これにあわせ、年金給付費も増大していきます。
この給付費に必要な保険料算定する場合時間経過無関係にほぼ一定の拠出水準まかなうように設定することを平準保険料方式といいます。わが国年金制度は、平準保険料方式ではなく段階的に保険料引き上げていく段階保険料方式採用しています。

用語集での参照項目:段階保険料方式



平準保険料方式と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「平準保険料方式」の関連用語

平準保険料方式のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



平準保険料方式のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
厚生労働省厚生労働省
(C) 2019 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS