已にとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 副詞 > 副詞(事柄) > 已にの意味・解説 

すで‐に【既に/×已に】

[副]

ある動作過去行われいたことを表す。以前に。前に。「—述べた事柄

その時点ではもうその状態になっていることを表す。もはや。とっくに。「彼は—おとなだ」「手術はしたものの—手後れだった」

かしがた事実であることを表す。どう見ても。現に。「この事が—権威失墜物語っている」

すっかり。まったく。

天の下—覆ひて降る雪の光を見れば貴くもあるか」〈・三九二三

ある事態が近づいていることを表す。もう少しで。今にも。

仏御前はすげなう言はれ奉って—出でんとしけるを」〈平家・一〉


すんで‐に【既に/×已に】

[副]《「すでに」の撥音添加もう少しで、ある好ましくない事態なりそうなさま。あやうくすんでのことすんでのところ。「—おぼれるところだった」


すで‐に【既━・已━】

〔副〕

① 少しも残るところなくすべてにわたるさま、完全にそうなるさまを表わす語。全く。すっかり。

古事記(712)序「已(すでに)訓に因りて述ぶれば詞心に逮ばず」

万葉(8C後)三九二三天の下須泥爾(スデニ)覆ひてふる雪の光を見れば貴くもあるか」

仮名草子浮世物語(1665頃)三「御鷹師すでに赤面し、頭を地に付けその人の名を申さんとしける」

② (下に完了過去表わす語を伴って) 事が終わった状態を表わす以前に。先にとっくに。もう。また、過程経て、ことが現実に至るさまを表わす。とうとう。

万葉(8C後)一七・三三一君により吾が名は須泥爾(スデニ)立田山絶えたる恋のしげき頃かも」

平家13C前)五「旧都をばすでにうかれぬ、新都はいまだ事ゆかず」

③ (下の文を断定表現で結んで) 動かしがた事実であるさまを表わすまぎれもなく。まさに。ちょうど。現に。ほとんど。

今昔1120頃か)一〇「寄て見るに、射たる所の虎、既に虎に似たる岩にて有り

徒然草1331頃)九三「生あるもの、死の近き事を知らざる事、牛、既にしかなり。人、また同じ」

④ (多く下に推量の語を伴って) 事が近づいた状態を表わすもう少しで。すんでの事に。もはや。まもなく。

今昔1120頃か)九「月満て既に産するを待つ程に

俳諧奥の細道(1693‐94頃)平泉「金の霜雪に朽て、既頽癈空虚の叢と成べきを」

[語誌]上代は①②の語義に限られている。中古に入ると、もっぱら漢文訓読体の語として用いられ、和文では「はやう」が用いられた。後に和漢混淆文契機として広く使われるようになり、③④の語義見られるようになる。


すんで‐に【既━・已━】

〔副〕 (「すでに」の変化した語) もうちょっとのところで。すんでのこと

杜詩続翠抄(1439頃)八「すんてにとがめうとしたよ」

歌舞伎独道中五十三駅(1827)二幕「宿(しゅく)もすんでに十一宿、その道のりも二十五里」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「已に」の関連用語

已にのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



已にのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS