小牛尉とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 小牛尉の意味・解説 

こうし‐じょう【小牛尉】


こうし‐じょう【小牛尉】

〔名〕 能面一つ温和気品のある尉面(じょうめん)。下唇とあごに植毛がある。面打ち小牛清光が作った型。シテ後で神となる能の、前ジテなどに用いる。「高砂(たかさご)」「老松(おいまつ)」など。観世流だけの名称。小尉

小牛尉〈東京国立博物館蔵〉の画像

小牛尉 Koushijoh

小牛尉 Koushijoh 神を扱った能で前半シテに使用。尉の中でも最も端正品格があり、 神の化身を表す老人の相。創作者小牛清光』から名がつく。
使用曲目:『難波』『老松』『高砂』『弓八幡


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小牛尉」の関連用語

小牛尉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小牛尉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
大槻能楽堂大槻能楽堂
copyright(c) 2021 The Ohtsuki Noh Theatre Foundation All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS