子供じゃないのとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 子供じゃないのの意味・解説 

子供じゃないの

作者高樹未来

収載図書蕾のしたたり
出版社近代映画社
刊行年月1986.10
シリーズ名ポケットロマン


子供じゃないの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/13 20:31 UTC 版)

子供じゃないの」(Don't Treat Me Like a Child) は、当時14歳だったイギリスの女性歌手ヘレン・シャピロ1961年に出したデビュー・シングルで、楽曲を書いたのはジョン・シュローダー英語版マイク・ホーカー英語版[2]。この曲の録音はアビー・ロード・スタジオで行われ、マーティン・スラヴィン英語版が指揮する9人編成のバンドが伴奏をした[3]


  1. ^ 45cat - Helen Shapiro - Don't Treat Me Like A Child / When I'm With You - Columbia - UK - DB 4589
  2. ^ Leigh, Spencer (2014年7月10日). “Mike Hawker: Songwriter who won an Ivor Novello for 'Walkin' Back To Happiness', and also wrote for Dusty Springfield - Obituary”. The Independent. http://www.independent.co.uk/news/obituaries/mike-hawker-songwriter-who-won-an-ivor-novello-for-walkin-back-to-happiness-and-also-wrote-for-dusty-springfield-9598917.html 2015年1月6日閲覧。 
  3. ^ a b Dowse, Tony (2011). The Ultimate Helen Shapiro. EMI Gold. 
  4. ^ Billboard Magazine, Hits of the World, August 1961. https://books.google.com/books?id=HiEEAAAAMBAJ&pg=PA22 2012年9月23日閲覧。. 
  5. ^ Billboard Magazine, Hits of the World, August 1961. https://books.google.com/books?id=GSEEAAAAMBAJ&pg=PA26 2012年9月23日閲覧。. 
  6. ^ a b 柴田勝章 (2001年6月29日). “弘田三枝子「子供ぢゃないの」(ビバ!ポップス)”. 朝日新聞・夕刊: p. 19. "61年に「子供ぢゃないの」(後に「子どもじゃ…」に統一)でデビューした時は14歳。... テレビの歌番組のオーディションでスカウトされ、東芝レコード(現・東芝EMI)からデビューが決まった。ディレクターは草野浩二。漣健児の名で訳詞を始めていた草野昌一の実弟だ。浩二に頼まれた昌一は、ロンドンから仕入れてきたばかりの、ヘレン・シャピロの「子供じゃないの」を推す。「原題は、もう子供じゃない、という意味だが、中身は弘田のイメージで自由に書いた」。「夜中に帰るとママが」などは元の詞にはなく、「超訳」といわれた。"  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  7. ^ 弘田三枝子-Golden-Double-For-You - Discogs


「子供じゃないの」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

子供じゃないののお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



子供じゃないののページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの子供じゃないの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS