地域コミュニティブランドとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 地域コミュニティブランドの意味・解説 

地域コミュニティブランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/23 21:07 UTC 版)

地域コミュニティブランド(ちいきコミュニティブランド、SCB: Social Community Brand)は、崇城大学情報学部教授・早稲田大学招聘研究員の星合隆成が2011年に提唱した地域活性化およびコミュニティビジネス創発のための理論、手法である[1]


  1. ^ 星合隆成, 吉見憲二, 金光永煥, 中里秀則、「地域コミュニティブランド ブローカレス理論を用いた人的NWの形成」 『日本情報経営学会誌』 2016年 36巻 3号 p.23-37, doi:10.20627/jsim.36.3_23


「地域コミュニティブランド」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

地域コミュニティブランドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地域コミュニティブランドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地域コミュニティブランド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS