剪定ノコギリとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 造園工具事典 > 剪定ノコギリの意味・解説 

剪定ノコギリ

剪定ハサミでは切れないような太いや太い根などを切るときに使用する。古くから使われている道具両刃だと他のを傷つけてしまうので、片刃のものを選ぶ。  幹や太いを切るには、目が粗く、刃の長さが45cmくらいのものが適す。  細いを切るには、目が細かく、刃の長さは25cmほど、片手で持って楽に作業ができるような小形のものが適している。また、刃の先端部分細く丸くなっていて、の間に無理なく差し入れられるものがよい。  折りたたみ式の方は収納には便利だが、使っていないときは刃が見えないので、サビができた場合気づきにくいので注意が必要。  を切る際には、切り取る先のほうを一方の手しっかりと支えて、が動かないようにしてから、ノコギリを引くようにする。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

剪定ノコギリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



剪定ノコギリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2019 All rights reserved

©2019 Weblio RSS