出口なしとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 出口なしの意味・解説 

出口なし

作者豊島ミホ

収載図書東京地震たんぽぽ
出版社集英社
刊行年月2007.8


出口なし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/08 22:38 UTC 版)

出口なし(Huis clos)』は、ジャン=ポール・サルトル による1944年の戯曲。フランス語の原題は、「非公開審理」を意味する法律用語である。1944年5月にヴィユ・コロンビエ劇場 で初演された[1]


  1. ^ Wallace Fowlie, Dionysus in Paris (New York: Meridian Books, inc., 1960), page 173.
  2. ^ Danto, Arthur (1975). “Chapter 4: Shame, or, The Problem of Other Minds”. Jean-Paul Sartre. 
  3. ^ Young, Stark. (9 December 1946). "Weaknesses". The New Republic, pp. 764.


「出口なし」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「出口なし」の関連用語

出口なしのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



出口なしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの出口なし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS