乳頭腺管がんとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 乳がん用語 > 乳頭腺管がんの意味・解説 

乳頭腺管がん(にゅうとうせんかんが)

Papillotubular carcinoma

浸潤がん通常型の一つです。乳がん全体の約25パーセントと言われています。がん細胞が腺管を作りながら、周囲に散らばっていタイプです。乳頭状(ポリープ状)のがん細胞増殖管腔形成空洞化すること)が特徴で、がん巣の中心部に細胞壊死みられるタイプあります通常型の中では最も正常細胞に近い形態を持っていて、比較予後もいいタイプです。

管腔形成コメドがん面ぽうがん



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乳頭腺管がん」の関連用語

乳頭腺管がんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



乳頭腺管がんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
VOL-NetVOL-Net
Copyright(C) 2002-2019 声を聴き合う患者たち&ネットワーク「VOL-Net」. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS