カテリーニとは? わかりやすく解説

カテリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/14 15:46 UTC 版)

カテリーニ
Κατερίνη
所在地
カテリーニ
座標 北緯40度16分 東経22度30分 / 北緯40.267度 東経22.500度 / 40.267; 22.500座標: 北緯40度16分 東経22度30分 / 北緯40.267度 東経22.500度 / 40.267; 22.500
域内の位置
行政
国: ギリシャ
地方: 中央マケドニア
: ピエリア県
首長: サッヴァス・キオニディス
人口統計 (2001年)
都市
 - 人口: 56,434 人
 - 面積: 93.659 km2
 - 人口密度: 603 人/km2
その他
標準時: EET/EEST (UTC+2/3)
標高: 14 m
郵便番号: 601 00
市外局番: 23510
自動車ナンバー: KN
公式サイト
www.katerini.gr
市庁舎

カテリーニギリシア語: Κατερίνη: Katerini)は、ギリシャ中央マケドニアにある都市。

地理・交通

ピエリア県の県都。オリンポス山テルマイコス湾に挟まれたピエリアン平原に位置し、標高は14m。市街地は国内で最も歴史が浅く、2001年の国勢調査で5万6576人が暮らす。国内第二の都市、テッサロニキの近くにあるため、テッサロニキと首都アテネとをつなぐ高速道路(GR-1とE75)や古代のオドス街道が通る交通の要衝で、近年はこの地の利を生かして発展してきた。この2都市の間には都市間鉄道やローカル電車も通っており、町にはバスのハブステーションがある。

地名

カテリーニという地名の由来についてははっきりしていない。13世紀頃の地図によれば旧称は「ハテラ」で、19世紀のフランス人外交官フランソワ・プークヴィルは「カテリ・ハテラ」と表記している[1]。一般的な説によれば、ギリシャ正教会の殉職者アレクサンドリアのカタリナにちなむとされ、これは19世紀頃に街の東端に建てられた聖カタリナを祀る教会に由来するとも、4世紀にカタリナ本人が同地で暮らしていたことに由来するともいわれている。この説は現地の住民にも影響を与え、20世紀初頭までは「アギア・アイカテリーニ」と呼ばれていたが、のちに略称の「カテリーニ」として残ることになった。

ミキス・テオドラキスの歌“To treno feugei stis okto”にもカテリーニの名が登場するが、この歌は今日でも人気がある。

歴史

1912年10月16日にオスマン帝国の手から解放された。1941年4月14日にドイツ陸軍に占領されたが、4年後に解放された。

観光

市街から6kmほどのところに広がる海や紀元前5世紀に築かれた古都ディオン(市街から17km)、プラタモンにヴェネツィア共和国が築いた城塞などが観光スポットとして人気である。夏にはコリノス、パラリア、オリンピアキ・アクティ(カテリノスカーラ)などのビーチが国内外の観光客でにぎわう。オリンポス山のふもとにあるリトチョロの街とは20kmほどの距離がある。

人口推移

年度 町としての人口 自治体としての人口
1981年 3万8404 -
1991年 4万3613 4万8673
2001年 5万510 5万6576

サッカー

現在第二部でプレイするピエリコスFCとエスニコス・カテリーニFCの2チームが本拠地としている。

ゆかりの人物

姉妹都市

脚注





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カテリーニ」の関連用語

カテリーニのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カテリーニのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカテリーニ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS