エアスプリング付きショックアブソーバーとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > エアスプリング付きショックアブソーバーの意味・解説 

エアスプリング付きショックアブソーバー

英語 shock absorber unit combined with air spring

空気ばねショックアブソーバーの上方に配置する構造で、姿勢制御などの補助ばねとして用いることが多い。機能名でサスペンションコントロールユニットとも呼ぶ。この構造古くからオレオサスペンションとして知られている。トヨタ・セルシオのH∞TEMSでは減衰力可変範囲拡大し、アクチュエーターステップモーターによるロッド回転切替えを9段階増している。ばね上速度Gセンサー検出する。空気ばね制御は、ハイトコントロールバルブはフロントフェンダー上とリヤラゲッジルーム内に設けコンプレッサーから送られたエアチャンバーに送る。主ばねのコイルスプリングチャンバー外側配置し、空気ばねとともにセミアクティブ制御する。

エアスプリング付きショックアブソーバー

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エアスプリング付きショックアブソーバーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エアスプリング付きショックアブソーバーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS