みだれがみとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > > > みだれがみの意味・解説 

みだれがみ みだれ髪

歌集与謝野晶子作。1901年明治34)刊。第一歌集。夫鉄幹との恋愛人間本能全面的肯定基盤として官能的に歌い、「明星」派の黄金時代現出した。

みだれがみ [3]乱れ髪

ばらばらに乱れた髪。ふり乱した髪。
書名別項参照)。

乱髪

読み方:みだれがみ

  1. 乱紙。嬉契紙の類ならんか。大阪新町橋四つ目屋ののれんに「みだれかみ、兜形品々」とあり。されどその下にきけいしの名も見えたれば若く別物にや。
  2. 乱れ髪」。嬉契紙の類にて、大阪新町橋四ツ目屋ののれんに「みたれかみ、兜形品々あり」と見えたり、但練薬なり。
  3. 江戸時代大阪新町四ツ目屋売出した催春の名。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



みだれがみと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「みだれがみ」の関連用語

みだれがみのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



みだれがみのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS