かたちんばとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > かたちんばの意味・解説 

かた‐ちんば【片×跛】

[名・形動

対であるべきものがそろっていないこと。また、そのさま。「靴を片跛に履く」

片方の足が不自由なこと。また、そのさま。


かた‐ちんば【片跛】

〔名〕

① (形動履物左右ふぞろいであること。転じて、対(つい)になるようなものの一方他方とそろっていないことをいった。

洒落本遊子方言(1770)発「草履片ちんばにはき、かけ出しそうにする」

片方の足が不自由なことをいった語。〔和英語林集成初版)(1867)〕


かたちんば

名古屋弁共通語用法

かたちんば

不揃い

左右が かたちんばだがね
左右不揃いです)


かたちんば

大阪弁 訳語 解説
かたちんば -- 片瘋。一対物の片方欠けているもの。略して「かたちん」。片足の不自由な状態であることについても言う。かたちんばでびっこ引いてんのか。標準語では「ちんば」は差別用語指定された。


かたちんば【片ちんば】

方言味・解
かたちんば【片ちんば】形容動詞片手落ちである。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かたちんば」の関連用語

かたちんばのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



かたちんばのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
世界最強なごやべん大辞典世界最強なごやべん大辞典
Copyright (C) 世界最強のなごやべん大辞典 All Rights Reserved.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2022 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
博多弁推進会博多弁推進会
©1999-2022 博多弁推進会

©2022 GRAS Group, Inc.RSS