かくたいとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 客体 > かくたいの意味・解説 

かく たい [0]客体

きゃくたい客体

きゃく たい [0]客体

(「客観」が多く認識論的意味で用いられるのに対し、どちらかと言えば存在論的・倫理学的意味で)行為実践対象となるもの。 ⇔ 主体

かく たい [0]革帯

皮革製の帯。かわおび
束帯着用時に用いる牛革製の帯。表面宝石類で装飾を施す。宝石材質により、金帯(きんたい)・銀帯・石帯などという。




かくたいと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かくたい」の関連用語

かくたいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かくたいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2020 Weblio RSS