いちじつのけいはあしたにあり、いちねんのけいはがんたんにありとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > いちじつのけいはあしたにあり、いちねんのけいはがんたんにありの意味・解説 

一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり

読み方:いちじつのけいはあしたにあり、いちねんのけいはがんたんにあり
別表記:1日の計は朝にあり、1年の計は元旦にあり一日の計は朝にあり、一年の計は春にあり

その日為すべきことは朝に計画立てその年為すべきことは元旦計画立てるべきである。何事はじめに計画立てるのが肝要である。「一年の計は春にあり」ともいう。「一日の計は晨にあり一年の計は春にあり一生の計は勤にあり、一家の計は身にあり」。これら「一日の計」「一年の計」「一生の計」「一家の計」の四つの計をもって四計」と呼ぶ。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「いちじつのけいはあしたにあり、いちねんのけいはがんたんにあり」の関連用語

いちじつのけいはあしたにあり、いちねんのけいはがんたんにありのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



いちじつのけいはあしたにあり、いちねんのけいはがんたんにありのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS