マクロミル マクロミルの概要

マクロミル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/26 15:37 UTC 版)

株式会社マクロミル
MACROMILL, INC.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3730 2004年1月 - 2014年4月25日
本社所在地 日本の旗 日本
108-0075
東京都港区港南2-16-1
設立 2000年1月31日
業種 情報・通信業
事業内容 インターネット市場調査(ネットリサーチ)
代表者 杉本哲哉(代表取締役会長兼社長)
資本金 19億5,300万円(2013年6月末)
売上高 連結:171億20百万円
単体:152億69百万円
(2013年6月期)
純資産 連結:153億63百万円
(2013年6月末)
総資産 連結:201億73百万円
(2013年6月末)
従業員数 単体:637名
(2014年3月末)
決算期 6月30日
関係する人物 小西克己(代表取締役副社長)
外部リンク http://www.macromill.com/
テンプレートを表示

概要

代表取締役会長兼社長は杉本哲哉。創業者の杉本は2006年9月に代表を退き、取締役ファウンダーとして3年間を経て、2009年9月より再び代表に復帰。杉本は起業家として、創業ベンチャー国民フォーラム(中小企業庁委託事業)の「Japan Venture Award2004」中小企業庁長官表彰やアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー(EOY)2005日本代表を受賞している。

創業者で代表の杉本、代表取締役副社長の小西克己はリクルート出身。

国内有効モニター数は2014年4月時点で115万人[1]

事業内容

  • インターネットを活用した市場調査(ネットリサーチ)
  • ネットリサーチ専用ASPシステム【AIRs (Automatic Internet Research System) 】の提供
  • 携帯電話を利用した市場調査(モバイルリサーチ)
  • 世界各国の消費者を対象にした海外市場調査(グローバルリサーチ)
  • オーダーメイドによるネットリサーチ(カスタマイズリサーチ)
  • リサーチの企画設計・集計・分析サービス
  • リサーチ機能を持たない他社サイトへの【AIRs】ライセンス提供および運営代行事業
  • その他リサーチサービス(定性調査など)
  • およびマーケティング全般に関するコンサルティング業務

沿革

  • 2000年1月 - 株式会社マクロミル・ドット・コム設立。
  • 2000年8月 - ネットリサーチシステム【AIRs】開発・インターネット調査事業開始。
  • 2001年12月 - 株式会社マクロミルに社名(商号)を変更。
  • 2004年1月 - 東京証券取引所マザーズ上場。
  • 2004年2月 - 大阪府大阪市に関西支店設立。
  • 2004年4月 - シンクタンク マクロミル ネットリサーチ総合研究所設立。
  • 2005年2月 - 株式会社エー・アイ・ピーと提携。世界30カ国500万人対象海外市場調査GlobalMill開始。
  • 2005年4月 - 東京証券取引所第一部に市場変更。
  • 2005年4月 - ソネット・エムスリー株式会社と提携。医療従事者対象の市場調査M3Mill開始。
  • 2005年7月 - 株式会社エー・アイ・ピーの株式取得・子会社化(2009年10月 資本関係解消)。
  • 2005年7月 - 社団法人 日本経済団体連合会 加盟。
  • 2007年12月 - 商品購買調査QPR サービス開始。
  • 2008年7月 - 韓国にMACROMILL Korea,INC.設立。
  • 2009年5月 - 顧客会員管理機能をもつSaaS型リサーチシステム提供AIRsMEMBERSサービス開始。
  • 2009年10月 - ブランドデータバンク株式会社の完全子会社化。
  • 2009年10月 - 完全子会社として株式会社マクロミルワープ(後の株式会社エムワープ)設立。
  • 2010年4月 - ヤフーバリューインサイト株式会社との経営統合協議開始を発表。[2]
  • 2010年8月 - ヤフーバリューインサイト株式会社のマーケティングリサーチ事業を会社分割により承継。また、ヤフーからの出資を受けて持分法適用関連会社となる。
  • 2011年1月 - 株式会社エムキューブアンドアソシエイツ(現:株式会社エムキューブ)設立。
  • 2011年4月 - ブランドデータバンク株式会社を吸収合併。明路市場調査(上海)有限公司を設立。
  • 2012年2月 - 韓国法人のEMBRAIN Co., LTD.を子会社化。
  • 2012年3月 - 株式会社エムプロモ設立。
  • 2012年8月 - 韓国法人のEMBRAIN Co., LTD.がMACROMILL Korea,INC.を合併し、MACROMILL EMBRAIN Co., LTD.に商号変更。
  • 2013年4月 - 株式会社エムワープを吸収合併。株式会社ミセコレを設立。
  • 2013年4月 - CI コーポレートアイデンティティを刷新。経営理念を再定義。
  • 2013年12月 - ベインキャピタル系ファンドの子会社である株式会社BCJ-12による株式公開買付け(完全子会社化)に賛同を表明。
  • 2013年12月 - 電通の完全子会社であった株式会社電通マーケティングインサイトの株式51%を取得し、子会社化。
  • 2014年1月 - 株式会社電通マーケティングインサイトを株式会社電通マクロミルインサイトに商号変更。
  • 2014年4月 - 上場廃止。

主な連結子会社

  • 株式会社エムキューブ
  • 株式会社電通マクロミルインサイト
  • 明路市場調査(上海)有限公司
  • 株式会社エムプロモ
  • MACROMILL EMBRAIN Co., LTD.
  • 株式会社ミセコレ



「マクロミル」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

マクロミルに関連した本

マクロミルに関係した商品

「マクロミル」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされる利回りとは

    株式の投資基準とは、その銘柄が割安か割高なのかを図るものさしのことです。株式の投資基準には、利回りや株価純資産倍率(PBR)、株価収益率(PER)などが挙げられます。ここでは、株式の投資基準の利回りに...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マクロミル」の関連用語

マクロミルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




マクロミルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマクロミル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS