電算機とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 人口統計学辞書 > 電算機の意味・解説 

コンピューター(電算機)

人口学研究は、コンピューター(電算機) 2を用いたデータの電算処理 1大きく依存している。ハードウェア 3という用語はその物理的機器装置指しソフトウェア 4は、コンピューターを使う方法利用者 5提供するのであるコンピューター専門家 6には、システム・アナリスト 9構想したプログラム 8実際に書くプログラマー 7含まれる


コンピュータ

(電算機 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/06 01:40 UTC 版)

コンピュータ: computer)とは、自動計算機、とくに計算開始後は人手を介さずに計算終了まで動作する電子式汎用計算機。歴史的経緯により「計算」の語が使われているが、実際の対象は数値計算に限らず、情報処理コンピューティングと呼ばれる、またその理論としては計算理論(やはり数値計算に限られない範囲を扱う理論)という、より広い範囲である。現代ではパーソナルコンピュータからスーパーコンピュータなどを含めたディジタルコンピュータを指す場合が多い。電卓機械式計算機アナログ計算機については各項を参照。




[ヘルプ]
  1. ^ JIS規格や関連学会の論文投稿規定、工学専門書などでは慣例的に長音符を付けない。新聞社、放送局、小中学校教科書などでは長音符付きで表記している(長音符#長音符の省略参照)。ソフト最大手のマイクロソフトは2008年11月に長音符付きの表記に変更した。理由として内閣告示にしたがった新聞等表記への準拠、メモリやディスプレイ解像度の改善にともない字数節減が不要になったことなどを挙げている。[要出典]
  2. ^ 入札公告:電子計算組織運用業務委託一式”. 厚生労働省 (2006年9月). 2008年12月14日閲覧。
  3. ^ 下関市電子計算組織により処理する個人情報の保護に関する条例”. 下関市 (1991年3月). 2008年12月14日閲覧。
  4. ^ 『日本における計算機の歴史 : 富士通における計算機開発の歴史』NAID 110002753426§3.1
  5. ^ 全国書誌番号:57000106
  6. ^ Universiteit van Amsterdam Computer Museum (2007)
  7. ^ RTD Net: "From various sides Konrad Zuse was awarded with the title "Inventor of the computer"."
  8. ^ GermanWay: "(...)German inventor of the computer"
  9. ^ Monsters & Critics: "he(Zuse) built the world's first computer in Berlin"
  10. ^ "Konrad Zuse earned the semiofficial title of "inventor of the modern computer", About.com


「コンピュータ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「電算機」の関連用語

電算機のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スバルR-2

ハンド

金古美

烏丸線10系車両

7200系

キハ2000形

エピヌス

PC-8801





電算機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンピュータ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS