血清鉄とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 血液用語 > 血清鉄の意味・解説 

血清鉄 ( serum iron )

血液中の黄白色をした透明な部分血清)に含まれている鉄分のこと。2/3赤血球内のヘモグロビンとして存在しています。残りの1/3は臓器内に貯蔵されているのですが、血清鉄は貯蔵されているヘモグロビンへと移送する重要に役割をになっています。この値に異常がみられるときは、鉄欠乏性貧血(とくに異常高値場合再生不良性貧血)、慢性出血悪性腫瘍などが疑われます。

血液学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/16 10:48 UTC 版)

(血清鉄 から転送)

血液学(けつえきがく、英語: hematology)とは、人体の1構成分野である血液細胞白血球赤血球血小板)を対象とする内科学の一分野である。




「血液学」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

血清鉄に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「血清鉄」の関連用語

血清鉄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




血清鉄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
e-血液.come-血液.com
Copyright 2014(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの血液学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS